わが家の犬はここで寝る!500人に聞いたもっとも多い睡眠場所とは…?
コラム
2021.03.04

わが家の犬はここで寝る!500人に聞いたもっとも多い睡眠場所とは…?

犬を飼っていると気になる睡眠場所。

「一緒に寝ている人は多いのかな?」
「1人で寝てさみしくないかな?」

など、みんなはどうしているのか気になりますよね。

そこで今回は、犬を飼っている人500名に、犬の睡眠場所に関するアンケートを実施しました!

睡眠場所や寝相からわかる犬の心理や、犬と一緒に寝てはいけない真偽についてもご紹介しています。

アンケート内容

寝

今回のアンケートの対象者は、全国の男女500名の方にご協力いただきました。

【今回の調査概要】

調査内容:「犬との睡眠」に関するアンケート調査
調査方法:インターネット調査
対象者:全国の男女500名
調査期間:2020年11月27日〜2020年12月2日まで

今回調査したアンケート内容は以下の通りです。

アンケートの質問項目

愛犬と一緒に寝ているかどうか
❷愛犬はどこで寝ているか

愛犬が睡眠中のおもしろエピソード

まずは、犬と一緒に寝ている人と寝ていない人の割合からご紹介します!

犬と一緒に寝ている?寝ていない?

犬 睡眠

今回のアンケート結果では、一緒に寝ていない と答えた方の割合が少し多くなりました。

では、一緒に寝ないと答えた方のワンちゃん達は、どこで寝ているのでしょうか?

「一緒に寝ていない」と答えた人の犬の寝床

犬 睡眠

1位:ケージやクレート(127人)
2位:犬用のベッド(85人)
3位:屋外(53人)
4位:床などの好きなところ(20人)

ケージやクレートで寝ているワンちゃんが多いようです。

なかには、日によって寝床を転々としているというエピソードもありました!

次に、一緒に寝ると答えた方のワンちゃん達が、どのポジションで寝ているのか見ていきましょう。

「一緒に寝ている」と答えた人の犬のポジション

犬 睡眠

1位:足元(106人)
2位:お腹のあたり(31人)
2位:胸のあたり(31人)
4位:首元(16人)
5位:その他(15人)

足元で寝ているワンちゃんが多いようです。

犬は、寝ているポジションによって心理状態が異なるので、愛犬がどこで寝ているのか確認してみてください。

寝る場所で犬の心理がわかる

寝

寝ているポジションによってわかる心理状態は以下の通りです。

寝る場所 犬の心理
足元 飼い主への信頼が厚い
お腹 信頼できる存在
安心できる存在
首元 枕を使いたい

犬が、飼い主の胸や首元で寝ていると、自分と同等or下に見ていると言われることがあります。

しかし、犬は仲間同士でくっついて寝る習慣があるので、くっついて寝るという行動は信頼の証です。

しつけができていない場合は、上下関係が崩れている可能性がありますが、良い関係が築けている場合は問題ありません。

寝ている愛犬を可愛いと思う瞬間

犬 睡眠

1位:足を動かす(168人)
2位:
寝言(60人)
3位:仰向け・へそ
天(21人)
4位:
おなら(13人)
5位:
いびき(7人)
(回答数:269人)

今回のアンケートでは、夢を見ながら手足を動かすワンちゃんが多いようです。

そんなワンちゃん達の、可愛いエピソードも教えていただいたので、さっそくご紹介していきます!

お寝ぼけエピソード

たまに手足をバタバタさせて、走っている夢でも見ているような仕草をします。白目をむいて寝ている時もあり、ブサイク過ぎる顔に驚きました!
犬を2匹飼っているのですが、そのうちの1匹が手足をバタバタさせていたら、もう1匹に当たってしまい怒られていました。
寝言のように口をぱくぱくさせて、犬かきみたいな動きをしていたことがあります。

ワンちゃん達がどんな夢をみているのか気になりますね!

寝っぺエピソード

部屋中に強烈な匂いが充満して驚きました。強烈な匂いにも関わらず、本人は気持ちよさそうに寝ている姿が面白かったです
自分の寝っぺにびっくりして吠えてた時には、思わず家族で大笑いしてしまいました

体の大小に関わらず犬のオナラは強烈です!

いびきエピソード

寝ながらよだれを出したり、大きなイビキをよくかきます。 初めは驚きましたが、安心して寝ているところが愛らしくてかわいいです
仰向けで手足をピクピクしながらいびきをかいていました

自分のいびきにびっくりするわんちゃんもいるそうですよ!

ビックリ・可愛いエピソード

いつも野外の犬小屋で寝ているのですが、小屋の中にいなかったので慌てて探しました。なんと、小屋の下に穴を掘ってその穴の中で寝ていました。
犬を2匹飼っているのですが、そのうちの1匹が手足をバタバタさせていたら、もう1匹に当たってしまい怒られていました。
私の足の匂いを嗅ぐと良く眠れるようで、毎日クンクン私の足を嗅いでから熟睡しています。

いろんなエピソードに思わず微笑んでしまいますね。

犬の寝相で心理状態がわかる

寝

犬は基本的に丸まって寝ますが、その他の睡眠中の姿勢には、心理状態を表すものがあります。

「わが家にきて安心しているかな?」「不安を感じていないかな?」と心配な時は、寝相を確認してみましょう!

今回は、

①リラックスしている寝相
②警戒している寝相

の2種類をご紹介していますので、寝相から愛犬の気持ちを確認してみてください。

①リラックスしている寝相

寝

犬が安心している寝相はコチラ!

  • 横向きに足をだらんとして寝る
  • 仰向けで寝る(へそ天)

横向きや仰向けといった無防備な姿は、かなりリラックスしている姿勢です。

快適な環境や、飼い主への安心感が強いからこそできる寝相です。

②警戒している寝相

寝

犬が警戒している寝相はコチラ!

  • 伏せのように寝る
  • 少しだけ丸まって寝る

すぐに起き上がったり、動ける姿勢で寝ている場合は、緊張したり警戒している可能性があります。

ただし、暑い日は体を冷やすためにうつ伏せで寝たり、好奇心旺盛な子はすぐに動ける姿勢で寝ることがあります。

安心して眠れるように、室温が暑すぎないか・気になる物音がないかなど、生活環境を見直してみてください。

犬と一緒に寝たらいけないって本当?

寝

犬を飼う時に「人と犬の関係性が崩れるから一緒に寝ないように!」と言われたり、聞いたりしたことはありませんか?

実は、犬が問題行動を起こす場合は、一緒に寝ているからではなく、もともとの関係性が築けていないことが原因です。

日頃から、

  • ルール(人に従う)
  • 境界線(台所などに入らない)

についてしっかりと教えておくことで、上下関係をはっきりさせながら良い関係を築くことができます。

例外として、犬を迎え入れて間もない時期は、留守番や災害時のことも考えて、1人で寝る経験をさせておきましょう。

一緒に寝てはいけない犬

・しつけができていない犬
・迎え入れて間もない時期

大好きな飼い主と一緒に寝ることは、犬にとって安心できる幸せな時間ではないでしょうか。

まとめ

寝

今回は『犬との睡眠』に関するアンケートについて、500名の方にご協力いただきました。

アンケートでわかったこと

・一緒に寝ていない人の割合が少し多い
・一緒に寝ていない犬の寝床はクレートやケージの割合が多い
・一緒に寝ている犬は飼い主の足元で寝ている割合が多い

一緒に寝ている寝ていないに関わらず、飼い主さん達のエピソードからは、ワンちゃん達への愛情がたくさん感じられました。

今日の愛犬はどんな様子で寝ているか、ぜひ確認してみてくださいね。

ABOUT ME

chocomam_dad
ライター
トイプードルのおばあちゃんを愛でる毎日。ワンちゃんとの生活の中で「困ったな」「どうしよう」「大丈夫かな」といった不安な気持ちがすっきりするように、わかりやすい文章でお伝えしたいと思います!