今年は犬を迎えた人が2倍!?きっかけは「コロナの影響」が1位に…【114人のリアルな声を大調査!】
ニュース
2020.12.24

今年は犬を迎えた人が2倍!?きっかけは「コロナの影響」が1位に…【114人のリアルな声を大調査!】

そろそろ2020年も終わり!今年は色々なことがあった1年でしたね。

ワンちゃんに関する話題では、自粛期間中に「ペットを飼う人が増えた」というニュースも多く、改めてペットとの暮らしを考えるきっかけにもなりました。

そこで今回INUNAVI編集部では、今年犬を家族に迎えた人を対象にアンケートを実施

実際にワンちゃんをお迎えすることになったきっかけや、困っていること、楽しい瞬間などリアルな声を調査し紹介していきます!

2020年は犬を飼う人が増加!「約2倍近く増えた」との声も

2020年はおうち時間も増え、犬を飼う人が増加したというニュースも発表されました。

一体どのくらい増えているのか、全国展開しているペットショップ5店舗に「昨年よりも飼う人は増えたと思いますか?」とヒアリング調査を実施。

ペットを飼う人が増えましたか?のアンケート結果

その結果、5件中2件のショップが「(体感で)昨年より2培近く増えている」※1と回答。

その他2件が「2倍とまではいかないが、昨年より増えている※2、1件が「昨年とそこまで変わらない※3という返答でした。

特に緊急事態宣言の出た4月・5月は、毎日のように引き取りがあり、大型店舗にはひっきりなしにお客さんが訪れて来たそうです。

やはり、ワンちゃんを今年お迎えした人は増えている。と言えそうですね♪

ではどんなきっかけで「飼おう!」と思ったのか?その理由について、114人へのアンケート調査を元に詳しく見ていきましょう。

(※アンケート内容詳細は記事下部に記載)

※1Coo&RIKU足立本店、ペッツワン町田多摩境店
※2ペットのコジマ目黒店、PET FOREST町田多摩境店
※3PetPlusアクアシティお台場店

今年になって犬を迎えた理由は?「コロナの影響」が1位!

今回のアンケートは10代〜70代の男女114人に回答してもらいました。

まずは、今年になって犬を迎えた理由について見ていきましょう。

今年になって犬を迎えた理由は?「コロナの影響」が1位!アンケートの結果、1位は「コロナの影響」20人、2位は「寂しかったから」19人、3位は「もともと飼いたかった」17人という結果に!

それぞれの理由について、リアルな声を紹介していきます。

飼った理由で1番多いのは「コロナの影響・お家時間充実のため」

ニュースにもなっていた通り、犬を家族として迎え入れた理由で1番多かったのは「コロナの影響」という結果になりました。

■「コロナの影響」と答えた人の声
・「コロナで自粛生活が続き家での生活を充実させたかった」
(女性30代/トイプードル)

・「家族が自粛でストレスを感じていたため、話し合いお迎えすることにした」
(男性40代/シーズー)

・「コロナ渦において外出自粛になり、自宅での癒しが欲しかったので」
(男性20代/ゴールデンレトリバー)」

ステイホームで生活環境が変わり、変化や癒やしを求めてお迎えを決めた方が多かったようです♪

飼った理由で2番目に多いのは「寂しさからお迎えを決意」

飼い主と犬2番目に多かったのは「寂しかった」という回答でした。

どんな寂しさから、ワンちゃんをお迎えすることになったのでしょうか?

■「寂しかったから」と答えた人の声
・「子供たちが成長し、寂しくなったので、念願の犬を飼うことにしました
(男性50代/豆柴)

・「夫婦二人の生活で寂しくなった
(男性70代/スピッツ)

・「引っ越しで周りに知人もいなくなり、寂しくなったので飼うことに
(女性20代/フレンチ・ブルドッグ)

ライフステージの変化で寂しさを感じたとき、ふとワンちゃんとの暮らしを真剣に考える始める人が多かったんですね!

飼った理由の3番目は「もともと飼いたかった」から!

3番目は、「もともと飼いたかった」という方のタイミングがたまたま2020年に訪れた!という結果に。

■「もともと飼いたかった」と答えた人の声
・「賃貸のため我慢。やっとペット可の物件に引っ越したため
(女性30代/柴犬)

・「念願のマイホーム購入を機に、以前からぜひ迎えたかったので決めた
(男性30代/柴犬)

・「以前よりお迎えしたいと思っていたところ、子供が就職し手が離れたため
(男性40代/ポメラニアン)

住まいの環境や家族の状況により飼えなかった方が、やっと変化が訪れてお迎えした!というコメントが多かったです♪

実際に犬を迎えて感じている悩みは?1番は「しつけ」

では、実際に犬をお迎えして感じている悩みなどんなことなのでしょうか?

実際に犬を迎えて感じている悩みは?アンケートの結果、1位は「しつけが大変」62人、2位は「世話(散歩など)が大変」48人、3位は「思ったより費用がかかる」43人という結果に!

それぞれの悩みについて、リアルな声を紹介していきます。

1番の悩みはやはり子犬期の「しつけ」

ヨークシャー・テリアケアしつけ悩みで1番多かったのは、「しつけ」に関するもの!

言うことを聞いてくれない子犬期のしつけはとっても大変です。悩みながらもどんな対策をしているのか?回答してもらいました!

■「しつけ」と答えた人の対策
・「正しいしつけの仕方という色々な資料を確認して学習をしている」
(男性30代/マルチーズ)

・「犬の躾がキチンとしている飼い主さんに、飼い方や育て方を聞いている」
(男性10代/MIX犬)

・「しつけをしっかりするためにドッグトレーナーさんの指導を受けた」
(女性30代/ポメラニアン)

また同時に「ペットのしつけ教室を利用していますか?」という質問に対しては、「いいえ」と回答した方が84%

ほとんどの人がしつけ教室を利用していませんでした。

近年、しつけ教室の需要が高まっている中、今回のアンケートでは実際に利用している人は少ないという結果になりました。

2番目はお迎えして分かった「世話の大変さ」

2番目に多かった悩みは「世話(散歩など)の大変さ」

ワンちゃんを迎えたらワンちゃん中心の生活が待っています。お世話が大変なときの対策にはこんな意見が♪

■「世話(散歩など)が大変」と答えた人の対策
・「運動量が多く大変だが、夫婦で変わりながら遊んでカバーしている」
(男性30代/ボーダーコリー)

・「犬がひとりお留守番の時があるので、早く帰るように心がけている」
(女性40代/柴犬)

・「朝夕のお散歩が大変。誰も家にいない時は、実家の両親と兄弟に頼む」
(男性30代/柴犬)

雨の日の散歩や抜け毛の多いワンちゃんのブラッシングなど、慣れないうちはお世話の苦労も……。

家族や友人に協力してもらいながら、お迎えしたワンちゃんのお世話をみなさん頑張っているようでした!

3番目は意外にも多かった「思ったより費用がかかる」

3番目に多かった悩みは、「思ったより費用がかかる」ということ。

ワンちゃんにかかる費用について、どのような対策をしているのか回答してもらいました。

■「思ったより費用がかかる」と答えた人の対策
・「消耗品は通販でまとめ買いしたり安売りの日を狙って買いだめしている」
(女性30代/MIX犬)

・「飼い主の生活費の削れるところを削っている」
(男性40代/柴犬)

・「何かあった時の治療費がとても高くつくので、ペット保険に入った」
(女性30代/柴犬)

犬種によってはトリミング代がかかったり、病気がちな子は病院代も。

とはいえ、みなさん大切な家族のために、あれこれと生活の知恵で費用を確保しているんですね!

実際に犬を迎えて感じた最高の瞬間は?♡

トイプードルしつけや散歩、お金がかかる大変さもありながら、やっぱりワンちゃんとの暮らしは最高に楽しいものです♪

今年からお迎えした飼い主さんたちも、さまざまなシーンで最高の瞬間を味わっていました。

■愛犬との最高の瞬間
・「犬が自分の傍らですやすや寝ている様子を見ると、楽しくて幸せ」
(女性40代/ビーグル)

・「落ち込んでる時に寄り添い、私を見上げる表情にどんな悩みも吹っ飛ぶ」
(男性30代/柴犬)

・「コミュニケーション癒される。家族で共有できる喜びが出来たのが最高」
(男性40代/パグ)

帰宅したときに全身で喜んでくれる姿や、甘える仕草に癒やされている飼い主さんが多数!

散歩で季節を感じるようになったり、規則正しい生活が送れるようになったという意見もありました。

ワンちゃんとの暮らしは大変だけど最高に楽しい!本当にその通りですね!

今回のアンケート内容

今回のアンケート対象者は10代〜70代の男女114名です。

【今回の調査概要】
調査内容:「今年犬を迎えた人」に関するアンケート
調査方法:インターネット調査
対象者 :全国の男女114名(10〜70代)
調査機関:2020年12月15日〜2020年12月15日

■今年114人がお迎えした犬種一覧(多い順)
柴犬・豆柴(20人)/MIX犬(14人)/ミニチュア・ダックスフント(11人)/チワワ(11人)/ポメラニアン(10人)/トイプードル(8人)/ゴールデンレトリバー(6人)/シーズー(6人)/スピッツ(3人)/ヨークシャー・テリア(3人)/マルチーズ(3人)/パグ(2人)/ミニチュア・ピンシャー(2人)/ミニチュア・シュナウザー(2人)/ラブラドールレトリバー(2人)/小型犬(2人)/ビーグル(2人)/イングリッシュ・セター(1人)/キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(1人)/ハバニーズ(1人)/パピヨン(1人)/フレンチブル・ドッグ(1人)/ボーダーコリー(1人)/ロットワイラー(1人)

まとめ

飼い主とパグ今回は「今年犬を迎えた人」を対象に、実は大変なことや最高だと思う瞬間についてまとめました。

■今回のアンケートで分かったこと
・「コロナの影響」がきっかけの1位
・飼ってみて1番困ったのは「しつけ」
・犬との暮らしは最高♪

コロナで犬をお迎えする人が最も多かった、という結果がとても興味深かったです。

家にいる時間が増えるのであれば、やはりペットとの暮らしを真剣に考えて始めてしまいますよね。

今年お迎えされたワンちゃんは、きっと家族と一緒にステキな年末年始を過ごしていることと思います♪

ABOUT ME

INUNAVI(いぬなび)
編集部
「日本をペット先進国に。」INUNAVIは、飼い主とわんちゃんが幸せに過ごせる世界を実現するために誕生。 執筆ライターは、犬の管理栄養士、動物介護士、ペット看護師などのペットにまつわる資格を保有。獣医師・ドッグトレーナーなど専門家の監修のもと、犬好きのメンバーが毎日読みたくなるコンテンツを毎日更新中♩ドッグフードランキングは1,000名規模の口コミ評価や成分の安全性を検証し、辛口に採点。隅々までリアルな情報にこだわっています。独自アンケート調査はこちら