マンチェスター・テリアってどんな犬種?値段・性格・飼い方・かかりやすい病気・購入方法を解説
ニュース
2022.07.06

マンチェスター・テリアってどんな犬種?値段・性格・飼い方・かかりやすい病気・購入方法を解説

スマートなフォルムと垂れ耳が可愛いマンチェスター・テリア(Manchester Terrier)!

トイ・マンチェスター・テリアに比べ圧倒的に日本での登録数が少なく、現在までにわずか2頭しか登録されていません

今回はそんなマンチェスター・テリアの性格や飼い方、かかりやすい病気などをまとめて解説していきます。

記事の終わりには可愛いマンチェスター・テリアの写真をSNSでピックアップしましたので、ぜひチェックしてくださいね!

マンチェスター・テリアはネズミ狩り・ウサギ狩りとして活躍した犬種!歴史や基本情報

マンチェスター・テリア

【マンチェスター・テリアの基本情報】

体高…オス:40〜41cm、メス:38cm
体重…5〜10kg
寿命…15〜17年
別名…ジェントルマンズ・テリア

マンチェスター・テリアは19世紀に生まれ、ネズミ狩りやウサギ狩りを得意としていた犬種です。

当時イギリス北西部の労働者の間で、ネズミ狩り競争が盛んに行われていました。その時に活躍していたブラック・アンド・タン・テリアとウィペットをかけ合わせてみたら、ウサギ狩りにも向いた犬種が生まれるでは?という発想から誕生したのがマンチェスター・テリアです。

しばらくは人気を博していましたが、ネズミ狩り競争の衰退と共に頭数が減少。さらに1989年にマンチェスター・テリアの断耳が禁止され、自然のままの耳は不格好と考える人も多かったことから、第二次世界大戦後には11頭まで純血種は減ってしまったと言います。

その後、熱心なブリーダーのおかげで1970年頃に人気は復活しましたが、より小型化されたトイ・マンチェスター・テリアの数には遠く及びませんでした。

名前の由来は、繁殖センターのあった場所・マンチェスターから

本国では作家・アガサ・クリスティーの愛犬としても知られ、『運命の裏木戸』という作品に登場。事件解決のために大活躍しているんですよ!

マンチェスター・テリアの性格は明るく元気!都会向きで子供との相性も◎!

マンチェスター・テリア

都会で生まれたマンチェスター・テリアは、家庭犬としての適正もあり、子供との相性が抜群の犬種です!

人間が好きで家族の気持ちを察する能力があり、番犬としても活躍してくれるでしょう。

しかし、イタズラ好きで賑やかな面もあるので、一人ぼっちにしておくと家のものを壊してしまう可能性も。長い時間のお留守番には気を付ける必要があります。

その他の注意点として、ネズミ狩りの特性は残っているため、小動物との同居は避けた方が無難。頑固な性格なので、他のペットとの同居はあまり向きません。

マンチェスター・テリアの被毛は?意外と抜け毛は多め

マンチェスター・テリア

マンチェスター・テリアは、光沢のあるスムースコートが特徴です。

短毛なのでトリミングの必要はありませんが、周期が早い分、意外と抜け毛量は多め。ラバーブラシなどを使い、週に2〜3回はブラッシングをしてあげると良いでしょう。

体臭は少なく、汚れたら濡れタオルで拭く程度のお手入れでもOK。耳の内側だけは、蒸れないようこまめに拭き取ってあげてください

手間のかからない犬種ではありますが、マンチェスター・テリアはお手入れの時間に飼い主との絆を感じ、それを楽しみにしています。皮膚病の原因にもなるのでやりすぎは禁物ですが、コミュニケーションの一環として適度に取り入れてあげると良いですね!

毛色は、漆黒に濃いマホガニーのタン。色の境界は明瞭であることが推奨されています。

マンチェスター・テリアの育て方やしつけのポイント

マンチェスター・テリア

訓練されるのが好きで状況判断も良く、しつけの飲み込みも早いでしょう

ただし、個体によっては依存性が強く、分離不安になりやすい傾向も。寂しいと無駄吠えをしたり体調を崩す可能性があります。子犬の頃から社会性を養い、自信を付けさせてあげるのがおすすめ。

散歩の目安は1日30分を2回。

スポーティーで活発な犬種のため、なるべくエネルギッシュに動ける環境を整えてください。アクティビティや外での作業を、飼い主と一緒にやることがストレス発散になるようです。

よく動き、体力を消耗させることで、室内でのリラックス法を覚えていく傾向にあります。

マンチェスター・テリアのかかりやすい病気は?

マンチェスター・テリア

マンチェスター・テリアは比較的長生きな犬種ではありますが、以下の病気には注意が必要です。

■マンチェスター・テリアのかかりやすい病気
・水晶体脱臼
・骨折
・椎間板ヘルニア
・レッグペルテス病

また、過去に頭数が減ったことで近親交配を行った歴史から、「遺伝性の心筋症」「緑内障」「血友病」の懸念があります。

しかし、遺伝子検査や安定したブリーディングを行っているところであれば、この3つの病気については減ってきているようです。

マンチェスター・テリアを迎える方法!相場価格は56万〜

マンチェスター・テリア

マンチェスター・テリアは珍しい犬種のため、今のところは海外からの輸入が主な入手先となっています。

海外での販売価格を見てみると、だいたい500ドル〜1500ドル程度。※1,※2日本円に換算すると、約56,000円〜約170,000円くらいが相場となっています。

これに輸入代行の依頼料50万円〜をプラスすると、最低でも56万円かかることとなります。

今後の日本国内での需要によっては変化するかもしれませんが、国内ブリーダーや、ペットショップでの扱いはあまり期待できないと思っておきましょう。

マンチェスター・テリアと似ている犬種は?違いも解説

マンチェスター・テリアは、トイ・マンチェスター・テリアやミニチュアピンシャーとよく似ています。

それぞれの違いは何でしょうか?詳しく見ていきましょう!

トイ・マンチェスター・テリア

トイ・マンチェスター・テリア

マンチェスター・テリアとトイ・マンチェスター・テリアの違いは、体の大きさと耳の形です。

マンチェスター・テリアの体高が38cm〜41cmなのに対し、トイ・マンチェスター・テリアの体高は25cm〜30cm。10cm近く違いがあると分かりますね。

また、マンチェスター・テリアが垂れ耳なのに対し、トイ・マンチェスター・テリアは立ち耳がスタンダードです。

ミニチュア・ピンシャー

ミニチュアピンシャー

マンチェスター・テリアはとミニチュア・ピンシャーの違いは、体の大きさと耳の形、そして被毛の色です。

マンチェスター・テリアの体高が38cm〜41cmなのに対し、ミニチュア・ピンシャーの体高は25cm〜30cm。10cm近く違いがあると分かりますね。

また、マンチェスター・テリアが垂れ耳なのに対し、ミニチュア・ピンシャーは、一部の個体を除き立ち耳がスタンダード。

被毛の色も、マンチェスター・テリアが 漆黒に濃いマホガニーのタンのみなのに対し、ミニチュア・ピンシャーにはレッド、ブラック・アンド・タン、チョコレート・アンド・タンの3種類が認められています。

その他にも、頬の部分に丸く離れたタンがあったり、つま先が黒くなっている「ペンシルマーク」がなければ、マンチェスター・テリアではなくミニチュアピンシャーと判断ができますよ。

SNSで見つけたマンチェスター・テリアの可愛い♪写真を紹介!

こちらでは、SNSで見つけたマンチェスター・テリアの可愛い写真を紹介いたします。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hodowla Aluzja(@aluzjaterrierskennel)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Agnes_K(@agnesela_b)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MVSHorseeepic(@mvshorseepic)がシェアした投稿

 

まとめ

感受性豊かで飼い主に従順なマンチェスター・テリア。

さまざまな環境に順応できると言われており、住環境によって左右されないのは日本での飼育に向いていそうです。

今後国内での流通が増えることを願いつつ、よき伴侶としていつかお迎えできることを楽しみにしておきましょう♪

東京都内ペットショップおすすめ10選!飼育環境や保証は?業界の闇も徹底調査 ペットショップを選ぶ時のチェックポイントわんちゃんをお迎えする時、「ワンちゃんを選ぶ」ことに重点を置きがちですよね。でも、同じくらい...

※1:dogbreedslist「Manchester Terrier
※2:NextDayPets

参照元:ジャパンケネルクラブ・American Kennel Club・デズモンド・モリス『デズモンド・モリスの犬種事典』・藤田りか子『増補改訂 最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた犬種の姿形 430種』・奥田香代『いちばんよくわかる 犬種図鑑 日本と世界の350種』

ABOUT ME

https://inunavi.plan-b.co.jp/cms/wp-content/uploads/2020/03/いぬなびプロフィール(レタッチ版)-2-150x150.jpg
INUNAVI(いぬなび)
「日本をペット先進国に。」INUNAVIは、飼い主とわんちゃんが幸せに過ごせる世界を実現するために誕生。 執筆者はペットフード安全管理者、犬の管理栄養士、動物介護士、ペット看護師などの資格を保有。獣医師・ドッグトレーナーなど専門家監修のもと、犬好きのメンバーが毎日読みたくなるコンテンツを毎日更新中♩おすすめドッグフードランキングは1,000名規模の口コミ評価や成分の安全性を検証し、辛口に採点。リアルな情報にこだわっています。独自アンケート調査はこちら