犬との雪遊びで注意すること4選!危険から守る準備は出来ていますか?
ニュース
2021.02.03

犬との雪遊びで注意すること4選!危険から守る準備は出来ていますか?

冬もいよいよ本番。雪が積もり、雪遊びをしようと思うけど何か注意することはあるのかな? 

わんちゃんにとっても楽しい時間だからこそ、安全面に配慮してあげたいです。 

今回は、わんちゃんが楽しい雪遊びをする為に飼い主さんが注意すべき点と対策法をまとめました! これから雪遊びを考えている方はぜひ参考にしてくださいね! 

①雪で見えない危険物に注意!

雪の中にいる柴犬一面真っ白な景色に目を奪われて見落としがちですが、雪の下には氷の欠片や草木、ガラスなど肉球を怪我する恐れのある物が隠れている時があります。

こちらの対策には犬用の靴下やシューズを履かせてあげる事をオススメします。

しかしわんちゃんによっては何かを履くのを嫌がる子もいますので、事前にお家の中で慣れさせるなどの準備をしておくと良いですね!

②犬のしもやけに注意!

雪の中にいる犬わんちゃんも人間と同じ様にしもやけになります。特に注意してあげたいのが手足と耳です!

手足のしもやけは前述した靴下やシューズを履かせる事で同じように対策出来ます。耳の対策には犬用のスヌードなど耳を覆える用品もあるので、装着してあげる事で外気に直接触れる事を防げます。

特に耳が薄く、大きい犬種(ダックスやビーグルなど)はしもやけになりやすいので普段のお散歩の時も注意してあげると安心ですね。

③体にくっつく雪玉に注意!

雪の中にいる犬

雪遊びをしているといつの間にか愛犬の体が雪の塊だらけに!なんて事ありますよね。

歩きにくそうにしてる姿がちょっとおかしくて可愛いのですが、防水や撥水性能のある防寒着やレインコートを着用させて対策してあげましょう!

歩きにくそうという事は体に負担も掛かっていますし、被毛についた雪玉は体温低下やしもやけの原因にもなります。固まった雪玉はそう簡単には取れませんし、無理に取ろうとするとわんちゃんに痛い思いもさせてしまいます。

対策をしていても股の間など覆い切れていない所には雪玉が出来ますので、雪遊びをしつつこまめに取り除いたり、体を拭いてあげてください!

④お家に帰ったら濡れた体と肉球のケア

柴犬の肉球帰宅後も雪玉がついていたらぬるま湯やドライヤーで溶かし少しずつ取り除きましょう。

濡れた被毛はタオルでしっかり拭いて、ドライヤーで乾かしてあげます。ブラッシングも忘れずに!

肉球もぬるま湯で洗ってあげて乾かします。最近では舐めても大丈夫な肉球用ケアクリームも販売されていますので塗ってあげると保湿も出来ます。

この時に怪我をしていないかも確認しておくと良いですね!

楽しい時間も終わり、温かいお家に帰ってほっと一息♪つきたい所ですが、アフターケアも大切です

まとめ〜雪が苦手なわんちゃんもいる!〜

雪の中にいる犬愛犬と雪遊びをする時に注意すべき事をご紹介しましたが、全てのわんちゃんが雪を好きなわけではありません。

寒さが苦手な犬種もいますし、寒さに強くても雪が嫌いな子だっています。

一緒に遊びたい気持ちはわかりますが、まず第一に愛犬の様子をよく見てあげてください。

また雪遊びが好きな子もついつい遊びすぎちゃう事があるので、体力面も飼い主さんがよく観察して無理しすぎないようセーブしてあげましょう。

1年の内で限られた時間しか出来ない雪遊び、事前準備をしっかりして愛犬との楽しい時間を過ごしてください♪

ABOUT ME

INUNAVI(いぬなび)
編集部
INUNAVIは「日本をペット先進国に。」をビジョンに掲げ、飼い主とわんちゃんが幸せに過ごせる世界を実現するために誕生しました。 各ドッグフードの原材料や成分の分析、1,000名規模のユーザーの口コミなど、リアルな情報にこだわり、正しい情報を分かりやすく発信しています。獣医師・ドッグトレーナーなど専門家の協力のもと、犬好きのメンバーが毎日読みたくなるコンテンツを毎日更新中♩