カナガン(ウェット)の評判|本当に口コミの良いドッグフードランキング
ドッグフード一覧
2021.03.15

カナガン(ウェット)の評判|本当に口コミの良いドッグフードランキング

☆カナガン・ウェット☆
  • イギリスで80%のリピート率
  • 噛む力が弱いシニア犬にも人気
  • レティシアンシリーズ売上No.1
価格
3,200円(1,200g)
特徴
イギリス原産
グレインフリー
ウェットタイプ
香料・着色料不使用
不安なポイント
価格が高め
ライフステージ 幼犬・成犬・老犬
総合ランク A
総合点数 98点
 
定期購入で最大20%OFF

カナガン・ウェット公式サイト

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」の原材料・安全性を調べてみました

カナガンウェット

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」の原材料

まずは、カナガンドッグフード「ウェットタイプ」の安全性を確かめるために、原材料や成分をチェックしてみましょう。

原材料一覧

骨抜きチキン生肉(65%)、サツマイモ、プレバイオティクス(チコリー、バナナ)、ニンジン、エンドウ豆、ブロッコリー、ビタミン類(ビタミンD)、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン、無水ヨウ素酸カルシウム)、緑イ貝、サーモンオイル、リンゴ、ホウレンソウ、海藻、パセリ、ユッカ、ローズヒップ、イラクサ、マリーゴールド、アカニレ、アニス、セイヨウハッカ、ローズマリー
 

成分一覧

粗タンパク質10.5%、脂質6.1%、粗繊維0.5%、粗灰分2.3%、水分75.0%、エネルギー(100gあたり)/約105.82kcal

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」の原材料の品質について

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」には、好ましくない原材料が一切含まれていませんでした。
どの素材も良質なものばかりです。
その中でも特に着目したい素材を3つピックアップしたので見ていきましょう。

骨抜きチキン生肉

チキンには、ワンちゃんの健康維持に欠かせないタンパク質が多く含まれています。
アミノ酸もバランスよく含まれているので、栄養価もバッチリです。
また、消化がしやすくお腹に負担をかけにくいという特徴もあります。
 

サツマイモ

サツマイモは、カロリーが低く、血糖値の上昇が緩やかな低GI値食品です。ビタミンCやカリウム、食物繊維などを豊富に含んでいるので、ワンちゃんの健康サポートに役立ちます。
 

緑イ貝

あまり聞きなれない食材ですが、緑イ貝には関節に良い効果をもたらす多くの栄養素が含まれています。グルコサミンやコンドロイチン、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸を効率よく摂取することができます。

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」のグレインフリーと添加物について

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」は、グレインフリーのドッグフードです。
そのため、アレルギーの危険性が高い穀物は一切含まれていません。

また、添加物も使用されていないので、安心してワンちゃんに与えることができるでしょう。

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」のコスパについて

犬とパソコン

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」の価格は、1.2kg(400g×3缶)で2,800円です。
4kgの小型犬を参考に、コスパを計算してみました。

  • 1日あたり312円
  • 1ヶ月あたり9,360円

一般家庭がペットフードにかける1ヶ月の平均金額は、4,500円です。
そのため、カナガンドッグフード「ウェットタイプ」はかなり高価なドッグフードと言えるでしょう。

コスパが気になるという方は、ドライフードのトッピングとして利用してみてください。
ウェットタイプはタンパク質量が控えめなので、カナガンのドライフードと合わせることで理想の栄養バランスに調整することができます。

カナガンの詳細を見る

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」でフンの臭いや体臭が改善される?

フンの臭いや体臭の原因がドッグフードの場合、質の良いドッグフードに切り替えることで改善することができます。
カナガンドッグフード「ウェットタイプ」には、原材料の項目でもご説明したように、粗悪な素材は一切含まれていません。
サツマイモの食物繊維で腸内環境も整えてくれるので、フンの臭いや体臭の改善効果を期待することができます。

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」で毛並みが良くなる?

ポメラニアン

毛並みも普段食べるドッグフードによって、大きく左右されます。
質の悪いドッグフードばかり与えていたり、栄養バランスが偏っていると、どうしても皮膚や被毛に影響が出てきてしまいます。
カナガンドッグフード「ウェットタイプ」は、そういった皮膚・被毛の健康維持に役立つサーモンオイルや野菜が豊富に含まれているので、摂取することで毛並みの質を高める効果が期待できます。

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」はアレルギー持ちの犬に与えても大丈夫?

グレインフリーのドッグフードなので、穀物に対するアレルギーを持っているワンちゃんにピッタリのドッグフードです。
しかし、ワンちゃんによっては思わぬ素材でアレルギーを発症することもあるので、与える際は必ず様子をチェックしましょう。
吐いたり痒みが見られるようであれば、他のフードを検討してみてください。

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」はこんな犬にオススメ!

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」を調査した結果、以下のワンちゃんにおすすめできることがわかりました。

  • ドライフードを食べないワンちゃん
  • 歯が弱く固いものが食べられないワンちゃん
  • 美味しいもの好きのグルメなワンちゃん

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」は、子犬から老犬まで、全てのライフステージに対応しているドッグフードです。

また、中型犬や大型犬、犬種も問わないところが特徴です。
そのため、ドライフードが苦手なワンちゃんだけでなく、歳をとって噛む力が弱くなったワンちゃんや、グルメなワンちゃんにも与えることができます。

カナガン公式サイト

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」の口コミを調べてみた!

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」の実際の評判を確かめるために、口コミを探してみました。

悪い口コミ、良い口コミ両方チェックしていきましょう!

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」の悪い評判・口コミ

まずは悪い口コミです。

満足度 ★★☆☆☆
ドライフードだけだと味気ないのではと思い、お肉がたくさん入ったカナガンの缶詰を買ってみました。栄養バランスも良いとのことでしたが、うちの子は勧んで食べてくれません。しばらく待っても食べないので、その場合は一旦下げて、次の食事のタイミングでまた与えたりしています。そしたら、渋々ながらも食べてくれるんですがね…。あまり好みの味ではないようです。
ドライフードの方は普通に食べてくれるので、購入した分を使い切ったら、またいつもどおりの食事に戻そうと思います。(ヨークシャ・テリア/オス/3歳)

満足度★★☆☆☆
いつもドライフードを与えていましたが、友人の勧めで缶詰タイプを買ってみました。同じカナガンではありますが、レオンには合わなかったようです。
すぐにお腹を壊してしまったので、残った分は友人に譲りました。レオンは美味しそうに食べていたので、少し残念です。またドライフード生活に戻します。(ミックス/メス/5歳)

普通の乾いたドッグフードが苦手なようで、あまり食べてくれません。手作りゴハンをあげていましたが、やはり手間も時間もかかるので、ウェットタイプのドッグフードを上げてみることにしました。
確かに楽ですし、時短にも繋がるので最初はよかったのですが、値段が高いのが気になります。ゴハンをよく食べてくれるようにはなったので、よしとするかな?
でも、続けるのは難しそうなので、やっぱり手作りゴハンの回数を増やそうと思います。(マルチーズ/オス/2歳)

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」の良い評判・口コミ

次に、良い口コミをご紹介します。

このドッグフード、かなり食いつきがいいので気に入っています!うちの子は幸せそうに食べてくれますよ(*´ー`*)
歳をとってちょっと歯が弱くなったので、柔らかくて食べやすいみたいです☆
お肉の他に、お野菜とかがゴロゴロ入っているので、それも好きみたいですね!こんなに美味しく食べられるドッグフードが見つかってよかったです(*´∀`*)
(トイプードル/オス/8歳)

私はドッグフードのトッピングとして、こちらのウェットフードを使い始めました。2匹ともガツガツ食べてくれるので、毎日ゴハンをあげるのが楽しみです^^
あまりあげすぎると太ってしまいそうなので、様子を見ながら量を調節してみます。2匹とも以前より食欲が出てるので、きっと美味しいんでしょうね♪
(チワワ/メス/4歳)

栄養価が高く、管理を徹底しているようなので、安心して与えることができます。今までは市販のドッグフードを与えていましたが、これからはカナガン一筋で。愛犬の健康を考えるきっかけにもなったので、カナガンに出会えて本当によかったです。長生きできるよう、ドッグフードだけでなく、生活面も見直してみます。
(ペキニーズ/オス/7歳)

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」のメリット・デメリット

デメリット
  • ワンちゃんによって合う合わないがある
  • お腹を壊す場合がある
  • 値段が高い
メリット
  • 食いつきがいい
  • トッピングに使える
  • 安心して与えられる

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」の評判・口コミまとめ

犬とパソコン

ワンちゃんには個体差があるため、どのようなドッグフードでも合う合わないがあります。そのため、食いつきがよいと評判のカナガンドッグフードでも、食べないワンちゃんがいるのです。

また、ウェットタイプのドッグフードを食べることで、お腹を壊してしまうワンちゃんもいます。初めて食べるものに胃が驚いたり、水分量が多くてお腹を壊したりすることがあるのです。
これは、ドッグフードの切り替え時に少し工夫をすることで、ある程度は防ぐことができます。少量ずつ与えたり、ドライタイプと混ぜて与えたりして、徐々に慣れさせることが大切です。

そして、ウェットタイプは値段が高いという意見もありますが、実はお得に購入する方法もあるんですよ。その方法は、後ほど価格のコンテンツでご説明します。

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」の価格!最安値は公式・Amazon・楽天市場?

貯金箱

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」をお得に手に入れるには、どこで購入したらいいのでしょうか?
公式サイト、Amazon、楽天市場で比較してみました。
購入をお考えの方は、ぜひご参考ください。

  公式サイト Amazon 楽天市場
  カナガンウェット Amazonロゴ 楽天ロゴ
初回価格
定期価格 ・2,800円(400g×3缶)
・8,160円(400g×9缶)
・17,920円(400g×21缶)
通常価格 3,200円
(400g×3缶)
4,950円
(400g×3缶)
送料 10,000円以上送料無料
(10,000円未満全国一律640円)
2,000円以上無料

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」を購入するなら、公式サイトが一番お得ということがわかりました。
Amazonと比べると単品価格も安いのですが、定期コースを利用すれば最大20%OFFで手に入れることができます。

カナガン公式サイト

定期コースの仕組み

継続して購入する予定があるのであれば、定期コースの利用をおすすめします。
割引率は、以下のとおりです。

  • 1回の注文が7,000円未満…10%OFF
  • 1回の注文が7,000円~20,000円…15%OFF
  • 1回の注文が20,000円以上…20%OFF

カナガンやモグワンのドライフードと組み合わせて購入してもOKです。

定期コースの解約・休止・変更について

カナガンの定期コースは、いつでも好きなときに解約・休止・変更ができます。
方法は、以下のとおりです。

  • 公式サイトのマイページから解約
  • レティシアンに直接電話して解約

次回お届け予定日の7日前まで受け付けているので、事前連絡を心がけましょう。

カナガン公式サイト

カナガンドッグフードの全種類の特徴・原材料一覧

今回紹介したウェットタイプの他にもカナガンでは、ドライタイプや、おやつタイプ、そして新発売したばかりのデンタルケアができるタイプのドッグフードもあります。

それぞれの種類ごとで異なる原材料・特徴を簡単にまとめてみました。成分などから選んで、ワンちゃんの毎日の食事に適度に取り入れてみましょう。

カナガン

カナガン新パッケージ

価格 3,060円(2kg)
特徴 グレインフリー
イギリス原産
無添加
全犬種対応
不安なポイント 価格が高め
ライフステージ 子犬・成犬・老犬

 

↓期間限定50%OFFキャンペーン中!

口コミを見る 公式サイト 

カナガンデンタル

価格 4,960円(2kg)
今なら初回20%OFF!
特徴 グレインフリー
無添加
歯のケアサプリとコラボ
不安なポイント 甲状腺機能亢進症の治療の妨げになりうる
妊娠中・授乳中は控える必要あり
ライフステージ 子犬・成犬・老犬

口コミを見る 公式サイト 

【カナガンドッグ ビスケットサーモン】

そしてこちらがおやつタイプの「カナガンドッグビスケットサーモン」です。

カナガン公式サイト

カナガンドッグビスケットの一覧 特徴と危険材料・添加物一覧
全年齢用ビスケット/サーモン

【特徴】低脂質
【材料】乾燥サーモン40%以上、ひよこ豆25%、サツマイモ21%、野菜油、亜麻、ハーブミックス、ユッカエキス、乳化剤(ピロリン酸四カリウム)5000mg/kg、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、コンドロイチン
【添加物】なし

おやつは食事のバランスを考えて目安量を守って与えるようにしましょう。
 

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」のよくある質問

Q.ドライフードと混ぜても食べない場合、そのまま缶詰だけ与えてもいいの?

 
A.カナガンドッグフード「ウェットタイプ」は、主食としても使用することができます。適切な給与量を守り、ワンちゃんの年齢や運動量などに合わせて与えてください。切り替え直後は、体型や体調の変化に十分注意しましょう。
 

Q.子犬やシニア犬にも与えることはできる?

 
A.カナガンドッグフード「ウェットタイプ」は、全ての犬種・全ての年齢に対応しています。そのため、成犬だけでなく、子犬やシニア犬にもおすすめのドッグフードです。特にシニア犬は、噛む力が衰えてくるので、ウェットタイプは最適といえます。体への負担を減らしながら、栄養を
しっかりと摂取できるでしょう。
 

Q.どのくらいの量を与えたらいいの?

 
A.カナガンドッグフード「ウェットタイプ」は、他のドッグフード同様、ワンちゃんに与える量が決まっています。ウェットタイプのみを与える際は、以下の給与量を参考にしてください。1缶あたりの量は、400gです。

体重 1日の給与量
1~5kg 1/4~1/2缶
5~12kg 1/2~2缶
12~25kg 1缶~2+1/4缶
25~45kg 2+1/4缶~4缶
45~70kg 3+1/2缶~5缶

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」の基本情報

ドッグフードの種類 ドライフード
対応犬種 全犬種対応
内容量 400g×3缶、400g×9缶、400g×21缶
初回価格
定期価格 ・1セット⇒2,800円(400g×3缶) 10%OFF
・3セット⇒8,160円(400g×9缶) 15%OFF
・7セット⇒17,920円(400g×21缶) 20%OFF
通常価格 3,200円(400g×3缶)
原産国 ドイツ
保存方法 直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しいところに保管してください。開封後は、開封口を必ず閉じて、なるべく早く使い切ってください。また、虫が入らないように、しっかり密封してください。
販売会社 株式会社レティシアン
公式サイト https://www.canagandogfood.co.jp/

カナガンドッグフード「ウェットタイプ」 まとめ

カナガンウェット

いかがでしたか?

  • ドライフードのトッピングにおすすめ
  • ワンちゃんに好ましくない原材料が含まれていない
  • 犬種、ライフステージを問わず与えられる

といった特徴のあるカナガンドッグフード「ウェットタイプ」は、ワンちゃんにとって好ましい素材がふんだんに使用されているので、食いつきはバッチリです!

危険な添加物も一切使用されていないので、缶詰ならではの『質が悪いという心配』もありません♪
ただ、価格が高いという点があるので、気になる方はドライフードのトッピングとして利用してみてください。

『愛犬がドライフードを食べてくれない』『もう少し美味しいドッグフードはないの?』とお悩みの方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
あなたの大切なワンちゃんが、美味しく食べられるドッグフードが見つかることを祈っています。

カナガンの購入はこちら

ABOUT ME

INUNAVI(いぬなび)
編集部
INUNAVIは「日本をペット先進国に。」をビジョンに掲げ、飼い主とわんちゃんが幸せに過ごせる世界を実現するために誕生しました。 各ドッグフードの原材料や成分の分析、1,000名規模のユーザーの口コミなど、リアルな情報にこだわり、正しい情報を分かりやすく発信しています。獣医師・ドッグトレーナーなど専門家の協力のもと、犬好きのメンバーが毎日読みたくなるコンテンツを毎日更新中♩
  • なつめさん

    (トイプードル / 7歳)

    手術後の療養食として最適なフードでした♪モリモリたくさん食べてくれる♪

    評価
    5.0

    元々、カナガンを食べさせていたのですが愛犬が肝臓の手術をしてから、固いフードを嫌がるようになったので、カナガンのウェットタイプを購入してみました。 すると、やはり食欲が無かった訳では無かったようで、ウェットタイプにするとぺろっと完食してくれました!お陰で、傷口の治りも早く、獣医師にも褒められるほどの回復ぶりでした。 やはりカナガンはドライフードもウェットタイプも余計なものが一切入っておらず、本当に信頼できるフードだと再確認しました。また、薬を飲ませるときにもバレずに飲ませられるので、療養中のフードとして最適です。 今は、だいぶ回復してきたので、ドライフードに戻し上に少しだけウェットタイプをのせてあげていますが、ドライフードもウェットタイプどちらもよく食べてくれるので、元気な時はドライフード、病気や食欲が無い時にはウェットタイプがオススメです。

  • あんさん

    (コーギー / 6歳)

    カナガンウェットでうんちの固さが改善しました!美味しいので機嫌も直してくれます(笑)

    評価
    5.0

    愛犬は機嫌が悪くなるとご飯をボイコットして私の気を引いてきます。そんな時には、ごめん、ごめんと言いながらカナガンのウェットタイプをお皿に盛るとボイコットしきれずに食べるのが可愛くてたまりません(笑) また、普段はドライフードのみを与えているのですが、愛犬はめんどくさがりな性格であまり水分を摂りに行かないので、ウンチがカチカチになりやすくひどい時にはお尻から血が出てしまいます。 しかし、うんちが固くなってきたな〜と感じたら、カナガンのウェットを単体で与えるか、ドライフードと半々でミックスするだけでうんちが柔らかくなるので重宝しています。 3缶で2,800円と値段は少し高いですが、毎日あげるのではなく、使い方をきちんと工夫すれば色んな悩みを解決できるし、機嫌を直してくれるので安いくらいですよ。ワガママなワンコもカナガンウェットには全服従です(笑)

  • 匿名希望さん

    (キャバリア / 14歳)

    愛犬は気に入っているがフードのニオイがきつい!!毎回部屋が臭くなってしまいます…。

    評価
    3.0

    14歳になるキャバリアを飼っているのですが、昨年から歯が悪くなってしまいったのでドライドッグフードからウェットタイプのフードに切り替えました。 ドライドッグフードもカナガンを長年食べていたのでウェットタイプのフードもカナガンにしましたが…カナガンのウェットフードは臭いがとてもキツく、毎回お部屋が臭くなってしまいます。更に、キャバリアは耳が垂れているので、毎回耳にウェットフードがついてしまいます。 美味しそうに食べているのは嬉しいのですが、毎回、ご飯を食べ終わった後に耳らへんを拭いたり、部屋が臭くなってしまうのが本当に気になります。 とりあえず、うちのコは気に入っているので続けますが、お部屋の臭いを気にされる方や耳の長い犬種さんにはあまりおすすめできません。もう少し臭いはなんとかならないものなのでしょうか…?

  • マキさん

    (チワワ / 1歳)

    ドライフードが嫌いなうちの子もカナガンのウェットは喜びます

    評価
    5.0

    愛犬にはドライフードを与えていたのですが、あまり食べないので困っていました。 ウェットタイプにしてから犬がドッグフードをよく食べるようになった知人がいたので、話を詳しく聞いてみました。 知人が使っているのはカナガンのドッグフードで、カナガンにはウェットタイプのドッグフードがあります。 話を聞いたことで、カナガンのドッグフードのメリットについて十分に把握することができました。 栄養が豊富で原材料も安心できるので、早速注文して使ってみることにしました。 食べるかどうか不安でしたが、最初に与えたときにペロリと食べてしまったので驚きました。 缶をあけるとよい香りが漂うので、嬉しそうに走ってきます。 美味しそうに食べる愛犬を見ていたら、ドッグフード選びの重要性を痛感しました。 カナガンは栄養バランスを考えてドッグフードを作っているので、愛犬がすごく元気になり嬉しいです。

  • hanaさん

    (トイプードル / 9歳)

    愛犬の健康を考えるとカナガンは良いですが値段がやはり高いです

    評価
    4.0

    ドライタイプをあまり好んで食べないので、こちらのウエットタイプにしてみたところ、かなり美味しいようで食いつきがいいです。こちらはウエットタイプなのに無添加で、かさましに使う穀物類や、においを良くする香料などが使われていないというのも気に入っています。 これらのことから体にとても良さそうな感じがします。 実際にあげてみると、お腹の調子もよく、よく食べ、健康です。 このカナガンのウェットタイプでの一番の不満点は値段が高いことです。 これだけの品質を保つためにはしようがないのかもしれません。 ですが、一度こちらをあげてしまうと、もともとドライタイプが好きではなかったこともありますが、ドライフードを全然食べてくれません。 健康状態を考えると、このままずっとあげ続けるのがいいとは思うのですが、お高いのが気になります。

  • ラムさん

    (トイプードル / 11歳)

    高いので経済的には大変ですが、愛犬の健康にカナガンは続けたい

    評価
    4.0

    愛犬はよく下痢をしてしまうので困っていました。ドライタイプのドッグフードはあまり食べてくれないので、ウェットタイプを買ってみる事にしました。与えてみると、嬉しそうに食べてくれたので安心しました。 やはり柔らかいので食べやすそうにしていますし、消化吸収も良くあまり下痢をしなくなってきたので助かっています。 値段が高いので経済的には大変ですが、やはりウェットタイプにかえてよかったと思いました。 栄養面でもチキンの他に、サツマイモや海藻など様々な物が入っているのが良いです。 毎日食べさせるものなので、添加物が入っていないのも安心です。 ただ食べ終わった後の缶の処理が面倒です。簡単に捨てられる容器にかえて貰えると助かります。 カナガンのウェットタイプを食べさせてから、気になっていた口臭まで改善しました。これからも食べさせていきたいです。

  • 鈴木さん

    (ヨークシャテリア / 6歳)

    偏食気味ですがカナガンのウェットタイプは大好きです

    評価
    4.0

    うちの子は人間の食べ物などが一度も与えたことがないにも関わらず好き嫌いが非常に多く、種類によっては餌を残すことがあります。 カナガンのウェットタイプを与えてみてびっくりしました!こんなに食欲旺盛なのかと。 尻尾を降りながらすぐに食べ終わってしまいました。 お腹が弱くて下痢気味なことが多いのですがそれもめっきりなくなりました。 ただ餌自体の匂いは強めなので食後の口臭は少し気になってしまいますが喜んで食べてもらえるのならそれに越したことはないですよね。本当に嬉しい気分になりました。 少しうちの子は肌が弱く毛が薄めなのですがこの餌に変えて少しツヤなどが出たようで毛の薄さが目立たなくなりました。 やはり毛並みがいいとこちら側も触っていたくなるので飼い主、犬ともにウィンウィンな関係性になったような気がします。読んでもらったらわかると思いますがうちの子は本当にデリケートなのですがそんな子にこそオススメですよ。

  • みいさん

    (ポメラニアン / 9歳)

    わんちゃんの食いつきがよいです。

    評価
    4.0

    ドライドックフードよりもウェットドックフードの方が香りが良く、味もしっかりついててわんちゃんの食いつきは良かったです。わんちゃんの食べるスピードも早いです。普段あまりご飯の量も多くはないんですが、おかわりと言わんばかりにご飯をねだってきます。 年のせいか歯が弱いのであまり噛まなくても食べれるのできっと食べやすいんですが、たまにそのまま噛まないでご飯を丸飲み込んでしまいます。そのせいでゲホゲホ咳き込んで止まらなくなってしまいます。もう9歳なので些細な事でも喉を詰まらせてしまいますので、ご飯を食べてる時はなかなか目が離せないです。 後はウェットフードはドライフードに比べてお腹をくだしやすいです。体調が良い時はいいんですが、体調の悪い時はウェットフードとドライフードを混ぜてあげるとお腹をくだしにくいので良いと思います。

  • コインさんさん

    (パグ / 8歳)

    ドライフードよりも食いつきが断然良い、口臭にも効果がありました

    評価
    5.0

    カナガンのウェットタイプをウチのパグに食べさせた事があるんですけど、ドライフードよりも食いつきが断然良いですね。 ドライフードだとガっついて食べるのは最初だけ。 でもカナガンのウェットタイプだと、最初から最後までガツガツっと勢い良く食べてくれます。 またウェットタイプを用意した時の反応も違います。 まだ準備してる最中だというのに、私の足に飛びついてくるんです。 ドライフードだとこんな事されたことはないので、ニオイでコレは美味しいヤツや!と覚えてて飛びついてくるんだなと感心しました。 まあウェットタイプは全体的にドライフードより食いつきが良いのですが、カナガンのウェットタイプだと他より口臭が気にならなくなりました。 カナガンには口臭の原因となる増粘剤が入っていないので、その影響なんだなって判る程でした。 食いつきは良いし口臭改善効果もあり満足度は高いのですが、ただ価格面がキツイです。 毎食あげるには経済的な問題があるので、ご褒美的な感じであげるようにしてます。

  • まあまあさん

    (ミニチュアダックスフンド / 10歳)

    なんでこんなに臭いんでしょうか?愛犬には与えられません

    評価
    2.0

    犬の散歩で色々と犬同士のトラブルがあり、 お詫びということで カナガンドッグフード チキン ウェットタイプをいただきました。 いつもはドライタイプしか食べさせないのですが、せっかくいただいたので試しで食べさせようとしたのですが、 まず臭い!臭すぎるという印象です。 無添加でネットでは結構お値段も良いようですが、わんちゃんは飛びかかって食べようとはしたのですが、 さすがにあの臭いが気になり、食べさせることを断念しました。 老犬なので、ただでさえ怪我で病院通いをしており、お腹まで壊してしまってはかわいそうということになりました。 あの臭いは腐っているのかな?という臭いです。 他にもいただいたウエットタイプのフードがあったのですが、あれ程は臭いがしなかったのでこのフードの特徴?なのでしょうか? 毎日 フードは食べさせるものなので対策が必要なのではないでしょうか?

  • はるちゃんさん

    (コーギー / 12歳)

    愛犬は老犬ですがカナガンは半年ほど続けています

    評価
    5.0

    以前は別のドッグフードをあげていたのですが、年を取ったせいか、最近運動量が減り、太ってきていました。 また、これも年齢のせいかもしれませんが、硬いドッグフードを食べにくそうにしていたので、ドッグフードをぬるま湯でふやかしてから食べさせていました。 こういった状況を改善したいと思い、カナガンのウェットタイプをあげるようになりました。 食べさせてみての感想ですが、食べさせ初めて半年ほどになるのですが、体重が若い頃ぐらいの水準に戻ってきました。 カナガンは穀物が入っていないのでカロリーを抑えることができているのかもしれません。 また、以前のドッグフードよりも食べやすそうにしています。 やはり硬いドッグフードはふやかす用には作られていないので、元々柔らかいこのウェットタイプのものの方が味が美味しく感じるのかもしれません。