ドッグトレーナー直伝!キャバリアの正しい飼い方
ニュース
2020.10.30

ドッグトレーナー直伝!キャバリアの正しい飼い方

キャバリアの特徴

キャバリア

キャバリアは、小型犬ですが少し大きめで、

・体高:21~33cm前後
体重:約5~8kg

で、30センチを超えた場合は中型犬として扱われることもあります。

性格は「活発で遊び好き」「好奇心旺盛」「友好的で優しい」「物怖じしない」しないと外出やお出かけを一緒に楽しみやすい子が多いです。

キャバリアの正しい飼い方

キャバリア

比較的飼いやすいとされるキャバリア。ここでは、基本的な飼い方についてお話します。

飼育する環境

キャバリアは必ず空調管理された室内で飼いましょう。特に日本では、真夏は極暑になるためこまめな空調管理が必要になりますね。

運動管理

好奇心旺盛で活発なキャバリアですが、運動量は特別多いわけではありません。毎日の散歩が出来ていて機嫌が良いのであれば問題ありません。

できれば1日朝夕合わせて2時間ほど散歩に出られたらGOOD。もし体力が有り余っているのかな…と感じたらドッグランに行くのがおすすめ!

梅雨の時期や真夏で散歩に行くのが大変な時期にも活用できますよ♪友達を作るのが得意なので、すぐに友達を見つけられるかも。

食事管理

キャバリアは肥満になりやすい犬種です!原因はおやつの与えすぎや人間の食事の与えすぎです。

人間の食事は高カロリーで塩分が高いので与えすぎないように気をつけましょう。メインは必ず総合栄養食のドッグフードを与え、おやつは少量を心がけましょう。

必要なお手入れ

キャバリアのキレイな毛並みを保つためには日頃のケアがとても大切です。毎日行うケアと定期的に行うケアについてお話します!

毎日のケア

毎日行うケアはブラッシングです。

特に耳の裏の付け根部分や脇部分は毛玉ができやすいため注意しましょう。毛玉ができてしまった場合は、コームやスリッカーブラシを使うと取り除きやすいですよ♪

もし難しければ、無理に引っ張ってとろうとせずにトリマーさんに相談しましょう(^-^)

定期的なケア

キャバリアは定期的なカットは必要ありません。ただ、足回りと足裏の毛が伸びていると滑ってケガをしてしまう恐れがあるので、時々チェックしましょう。

あとは月1回のシャンプー、週1~2に1回の爪切りと耳掃除をしていればOKです。

垂れ耳のため汚れが溜まりやすく外耳炎になりやすいので、ブラッシングのときに軽く拭いてあげるといいですよ(^-^)♪

キャバリアのしつけのコツ

キャバリア

キャバリアのしつけのコツを知っておくことで「こんなときどう接すればいいのかな」ということがわかります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

褒めて伸ばす

キャバリアは厳しく叱りつけてビシバシとしつけるスタイルは向きません。
人間の赤ちゃんをしつけるときのように、良い行動をしたときに一緒になって喜んであげるといいですよ(*´∀`)♪

ワンちゃんのマナーを身につける

キャバリアは好奇心旺盛なので、他のワンちゃんがいるとすぐに付いていってしまいがち。しかし、ワンちゃんの中にはしつこくされることを嫌がったり、いきなり近づいてくるワンちゃんは苦手な子もいます。

いきなりズカズカと近づくことがないように、子犬の社会化期を大切に育ててあげてくださいね。

まとめ

キャバリア

今回は、キャバリアに焦点をあてて飼い方や病気などについてお話してきました。キャバリハは温厚な性格なので、ワンちゃん初心者にも飼いやすく小さいお子さんがいても飼いやすいワンちゃんです(^-^)

ただ、興奮しやすいところもあるため、飼い主さんがしっかりコントロールできるようにしておく必要があります。また、心臓病などかかりやすい病気もあるため、健康には気をつける必要がありますね。

飼い主さん一人で頑張りすぎずに、いろいろなプロの力を借りてしっかりワンちゃんとコミュニケーションをとって愛してあげてくださいね(*´∀`)

※この記事は「ドッグトレーナーが教える!キャバリアの飼い方、特徴、病気は?」を再編集したものです。

ABOUT ME

INUNAV(いぬなび)
編集部
INUNAVIは「日本をペット先進国に。」をビジョンに掲げ、飼い主とわんちゃんが幸せに過ごせる世界を実現するために誕生しました。 各ドッグフードの原材料や成分の分析、1,000名規模のユーザーの口コミなど、リアルな情報にこだわり、正しい情報を分かりやすく発信しています。獣医師・ドッグトレーナーなど専門家の協力のもと、犬好きのメンバーが毎日読みたくなるコンテンツを毎日更新中♩