公開 2023.03.03 更新 2024.05.14
[ PR ]
犬のクリルオイルおすすめ7選!効果や副作用、腎臓への影響は?

犬のクリルオイルおすすめ7選!効果や副作用、腎臓への影響は?

現在はわんちゃん用のクリルオイルがたくさん販売されていますが、正直、たくさんありすぎてどれを選んでいいかわからない!という飼い主さんは多いのではないでしょうか。

抗炎症作用や認知症予防に効果があると言われているクリルオイルですが、副作用はあるのか?腎臓病や膵炎のわんちゃんに与えていいのか?など、事前に知りたいこともたくさんありますよね。

そこで今回は、ペットフーディストの資格を持ち実際に愛犬にクリルオイルを飲ませている私が、クリルオイルを徹底解説し、おすすめ商品をピックアップしてみました。

クリルオイルの選び方はもちろん、メリットや副作用、腎臓病や膵炎のわんちゃんの影響など、気になる疑問にもお答えします。

これから愛犬にクリルオイルを与えようと思っている飼い主さんはもちろん、現在クリルオイルを与えている飼い主さんもぜひ参考にしてください。

ペットライター たかだ なつき

執筆者

ペットライター
たかだ なつき
JKC愛犬飼育管理士 / ペットフーディスト / 犬の管理栄養士 / ペット看護士 / ペットセラピスト / トリマー・ペットスタイリスト / 動物介護士 / ホリスティックケア・カウンセラー

18歳のチワックスと1歳のチワックス、ポメチワ、0歳のチワックスの4匹と暮らしています。これまで愛犬チワワと2匹のミニチュアダックスたちの闘病・介護生活の経験から、犬の健康や介護について学びを深めペットにまつわる様々な資格を取得し、老犬のトータルケアサロン開業に向けて準備中です。

【保有資格:ペットフーディスト / 犬の管理栄養士 / ペット看護士 / ペットセラピスト / トリマー・ペットスタイリスト / 動物介護士 / ホリスティックケア・カウンセラー / JKC愛犬飼育管理士

※本記事はINUNAVIが独自に制作しています。メーカー等から商品の提供や広告を受けることもありますが、コンテンツの内容やランキングの決定には一切関与していません。※本記事で紹介した商品を購入するとECサイトやメーカー等のアフィリエイト広告によって売上の一部がINUINAVIに還元されます。

クリルオイルとは?汚染物質が少なく栄養価の優れたオイル

クリルオイルサプリの画像

クリルオイルがわんちゃんの健康にいいと見聞きして知っていても、もそもクリアオイルがどういいのかはよくわからないという飼い主さんもいるのではないでしょうか。

まず最初に、クリルオイルについて知っておきましょう。

ここでは、クリルオイルのメリットを詳しく解説します。

オメガ3脂肪酸のDHAとEPAを豊富に含む

クリルオイルの原料のオキアミの画像

クリルオイルは南極オキアミから抽出されるオイルで、わんちゃんが体内で作り出すことができないオメガ3脂肪酸のDHA・EPAを豊富に含んでいます。

必須脂肪酸でもあるDHA・EPAといったオメガ3脂肪酸は、わんちゃんの体を健康に保つためにさまざまな働きをしてくれる大切な栄養素です。後にご紹介する「わんちゃんがクリルオイルを摂取して期待できる効果」も合わせてチェックしてください。

また、オメガ3脂肪酸は体内で作り出すことができないことから、食事やサプリメントで補う必要がありますが、わんちゃんの普段の食事だけでは十分な量を摂取することが難しいため、クリルオイル等で補ってあげることをおすすめします。

水に溶けやすく体内への吸収率が高い

 

通常の魚油は水と油が分離してしまいますが、クリルオイルは細胞膜の構成成分でもあるリン脂質型のオイルなので、水に溶けやすく体内の吸収率が高いという特徴があります。

魚油とクリルオイルの違い

  • 魚油=トリグリセライド型のDHA・EPA
    …トリグリセライドとは:食品中の脂質や体脂肪の大部分を占める脂質(中性脂肪)
  • クリルオイル=リン脂質型のDHA・EPA
    …リン脂質とは:あらゆる細胞の膜を構成する成分。物質の移動を厳しくコントロールする脳血液関門も通過できる

人間で行われた調査では、トリグリセライド型のDHA・EPAは中性脂肪として蓄積され、クリルオイルのDHA・EPAはリン脂質分子として各器官へ優先的に運ばれたという結果に。(※1)

わんちゃんでの調査ではありませんが、クリルオイルは効率的にDHA・EPAを摂取できるのはもちろん、脳にも作用しやすいオイルと言えるでしょう。

アスタキサンチンを豊富に含む

アスタキサンチンを豊富に含む食品の画像▲画像はアスタキサンチンを含む食材

クリルオイルは赤色をしたオイルですが、この赤色の正体がアスタキサンチンで、クリルオイルにはアスタキサンチンも豊富に含まれています。

クリルオイルの色の元となるのは主に、

  • 南極オキアミ
    …赤い姿をした小エビのような形のプランクトンの1種。カロテノイドの1種であるアスタキサンチンを自身に含有
  • ヘマトコッカス藻
    …球状の緑藻類。ストレスを感じると体内でアスタキサンチンを作り出して赤くなり自身を守る
    ※クリルオイルには南極オキアミだけのものあれば、ヘマトコッカス藻を追加したものもある

です。

アスタキサンチンの抗酸化作用はビタミンEの1000倍、ビタミンCの6000倍とも報告されており(※)、高い抗酸化力を持っています。

そのため、本来は酸化しやすいDHAやEPAの酸化を抑えるのはもちろん、体内の過剰な活性酸素の発生を抑制して老化の予防や免疫機能の低下を抑えるなど、さまざまな働きが期待できます

汚染物質がほとんど含まれず安全性が高い

クリルオイルは環境や海洋汚染による影響がほとんどなく、安全性が高いことでも知られています。

オメガ3脂肪酸系のオイルには、クリルオイルのほかに魚油やシールオイル(タテゴトアザラシ)、肝油(サメやマンボウなど)などがありますが、食物連鎖によって大きな魚になればなるほどどうしても不純物が濃縮し蓄積されてしまいます。

また、南極オキアミが生息するのは海洋汚染が限りなく少ない南極の澄んだ水の海域のみであることから、クリルオイルは汚染物質がほとんど含まれていないのです。(※ヘマトコッカス藻が使用されている場合でも、人工培養なので安全性は問題ない)

 

 

クリルオイルの選び方

サプリの種類画像

現在、クリルオイルは安全性や優れた栄養価から注目度が高まり、さまざまな種類が販売されていますが、愛犬にクリルオイルを選ぶときのポイントをご紹介します。

①南極オキアミの含有量が多いものを選ぶ

クリルオイルの原材料表記

クリルオイルのコストを下げるためにフィッシュオイル(魚油)を混ぜているものもありますが、吸収率を高めるためにも、なるべく南極オキアミの含有量が多いものを選びましょう

フィッシュオイルなどが混ざっていると、その分リン脂質の割合が減少してしまいます。

原材料表記の冒頭に「クリルオイル」や「オキアミ抽出物」と書かれているものが含有量が多いため、しっかり表記を確認してください。

②DHA・EPAの含有量をチェックする

クリルオイルの成分表表示

まずは、クリルオイルに含まれるDHA・EPAの量を確認しましょう。

クリルオイルは通常のDHA・EPAサプリと比べても値段が高めな傾向にあり、含有量が記載されているものがほとんどです。

できれば、DHA・EPA含有量の多いものを選ぶことをおすすめします

③酸化防止に配慮されたものを選ぶ

PTP包装シートに入ったクリオイル

DHA・EPAは酸化しやすいオイルです。クリルオイルにアスタキサンチンが含まれているとはいえ、ビタミンEやセサミン、セレンなどで酸化防止をしていると一層安心と言えます。

また、容器もボトルや袋が光を通さないものや、空気に触れないように密閉されているものがおすすめです。

DHA・EPAが酸化してしまうと、本来の働きができなくなるだけでなく体内で悪影響を及ぼし、動脈硬化や認知症などを発症させる原因の1つとも考えられているため、古くなったものは与えないようにしましょう。

③関節や脳など目的に合わせて選ぶ

犬の関節を調べている画像

クリルオイルの中には、DHA・EPAなどだけでなく、関節のサポート成分や脳のサポート成分をプラスしているものもあります

もちろん、DHA・EPAだけでも十分にわんちゃんの全身の健康をサポートしてくれますが、愛犬が悩みを抱えている場合はサポート成分にも注目して選ぶといいでしょう。

たとえば、関節にトラブルのあるわんちゃんが動物病院で処方されることも多い『アンチノールプラス』では、モエギイガイから抽出した脂肪酸を使用し、関節軟骨の保護や炎症の抑制、痛みの緩和などで関節をサポートしてくれるなどの働きもあります。

関節にトラブルがあるわんちゃんや、認知症のわんちゃんのサプリの選び方については以下の記事で詳しく解説しているので、チェックしてみてくださいね。

【徹底比較】犬の関節サプリメントおすすめ71選!成分や口コミを分析【獣医師監修】
【徹底比較】犬の関節の健康を保つ配合サプリメントおすすめ71選!成分や口コミを分析【獣医師監修】
柴犬
老犬におすすめの認知機能サポートサプリメント11選【2024年最新】

④カプセルの大きさを考慮する

粒の大きさが違うクリルオイルサプリの画像

クリルオイルは、ソフトカプセルになっています。わんちゃんが飲むことを考えて小粒タイプのものが多いですが、愛犬が飲みやすい大きさかを確認しましょう。

ソフトカプセルを切って中身だけをフードなどにかけて与えることもできますが、クリルオイルの匂いを嫌がるわんちゃんも多いので、できればカプセルのまま与えたいところです。

また、わんちゃん用のクリルオイルではなく人間用のクリルオイルを与えることも可能ですが、粒が大きく飲みにくい可能性があるため注意が必要です。

犬用クリルオイルおすすめ7選

いぬなび編集部が厳選した、わんちゃんにおすすめのクリルオイルをご紹介します。

商品名をクリックすると詳しい解説に飛ぶことができますよ!

商品画像 商品名 最安値 1日あたりの価格 粒の大きさ 主成分 他成分の有無
うちのカラダサポートプレミアムのパッケージ 株式会社和漢
うちのカラダサポート プレミアム
初回限定約64%オフ! 1,980円
公式サイト
参考価格:6,230円
容量:30粒
415円 約25mm クリルオイル GABA 、ナットウキナーゼ 
テアニン、 ローヤルゼリー 、
プロポリス、MCTオイル、
冬虫夏草 、田七人参
イチョウ葉 など
株式会社和漢
うちの脳活サポート
500円クーポンあり!
価格:2,480円
容量:30粒
83円 12mm クリルオイル 納豆キナーゼやギャバなど
ナチュラルハーベスト クリルオイル パッケージ画像
ナチュラルハーベスト
クリルオイル
価格:6,490円
容量:180粒
36円 12mm クリルオイル なし
ナチュラルハーベスト プチクリルオイル パッケージ
ナチュラルハーベスト
プチクリルオイル
価格:2,860円
容量:150粒
58円 8.5mm クリルオイル なし
ナチュラルハーベスト クリルフェリカス パッケージ
ナチュラルハーベスト
クリルフェカリス
価格:7,480円
容量:180粒
42円 12mm クリルオイル 乳酸菌
コルディ プラス クリルオイル パッケージ画像
モノリス
コルディプラス クリルオイル
価格:6,160円
容量:180粒
34円 12mm クリルオイル なし
アンチノールプラス パッケージ
ベッツペッツ
アンチノールプラス
価格:6,732円
容量:60粒
112円 11mm EAB-277 モエギイガイ抽出物
 

PR 【株式会社和漢】うちのカラダサポート プレミアム

うちのカラダサポートプレミアムのパッケージ
うちのカラダサポートプレミアムの裏パッケージ
うちのカラダサポートプレミアムの中身
うちのカラダサポートプレミアムのパッケージ
うちのカラダサポートプレミアムの裏パッケージ
うちのカラダサポートプレミアムの中身

うちのカラダサポートプレミアムは、クリルオイルを主成分に多くの有効成分を配合することで、活発な愛犬のふしぶしや健康的な皮膚環境、認知機能やスタミナの維持など、からだ全体の健康維持が目指せるサプリメントです。

愛犬にお試ししたINUNAVI編集メンバーも「使用感に関わらず健康のために継続して与えたい」と高く評価し、口コミ調査でも1粒で多くの成分が摂取できることを魅力と感じている方が多数いました。

活発に飛び跳ねる犬から夜鳴きや徘徊の悩みがある犬、疲れやすさが気になる犬まで、愛犬の健康維持を心がけたいすべての飼い主さんにおすすめできます。

カプセル1粒が24mmと大きいため、小型犬はカプセルの中身を出して与えるのがおすすめです。

参考価格(税込) 6,230円(30粒)
目安量 / 日 5kg未満 :1日1粒
5kg~10kg未満 :1日2粒
10kg~15kg未満 :1日3粒
15kg~20kg未満 :1日4粒
20kg~25kg未満 :1日5粒
25kg以上 :1日6粒
1日あたりの価格 415円※体重5kgで2粒の場合
粒の大きさ 24mm
原材料 DHA含有精製魚油 クリルオイル(オキアミ抽出分)モエギイガイエキス末 オリーブオイル 亜鉛含有酵母 アミノ酪酸 ビタミンE含有植物油 有機田七人参 MSN さけ軟骨抽出物 ゼラチン グリセリン グリセリン脂肪酸 エステル ビタミンC ナイアシン グルコサミン 焼成カルシウム ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンD (一部にえび・かに・さけ・ゼラチンを含む)
1粒あたりの
成分配合量
・クリルオイル:100mg
・モエギイガイエキス末:90mg

※口コミに関しては以下の記事で調査した際の情報を基にしています。

うちの脳活サポート レビュー (2)
「うちの脳活サポート」を犬の管理栄養士が徹底検証!口コミ評判や効果を紹介

\ 初回限定約64%OFF! /
公式サイトで詳細を見る
30粒 / 1,980円

PR【株式会社和漢】うちの脳活サポート

うちの脳活サポート レビュー
うちの脳活サポート (1)レビュー
うちの脳活サポートレビュー (5)
うちの脳活サポート レビュー(4)
うちの脳活サポート レビュー(6)
うちの脳活サポート レビュー
うちの脳活サポート (1)レビュー
うちの脳活サポートレビュー (5)
うちの脳活サポート レビュー(4)
うちの脳活サポート レビュー(6)

あたまの健康維持サポート成分9種類配合!

うちの脳活サポートは、老犬の穏やかな毎日のために脳の健康維持に注力したサプリメントです。

『うちのカラダサポートプレミアム』と同じようにクリルオイルが主原料ですが、記憶や免疫力の維持のための成分を厳選しています。

クリルオイルを与える目的が愛犬の「認知機能の維持」という場合や、カラダサポートプレミアムでは粒の大きさやコスト面が気になるという方におすすめです。

ヒューマングレードの原材料を使用するのはもちろん、わんちゃんに不要な添加物は使用していないため、品質にこだわりたい方にもおすすめできます。

参考価格(税込) 2,480円(30粒)
目安量 / 日 体重5kg未満:1粒
体重5~10kg未満:2粒
体重10~15kg未満:3粒
以降、体重5kgごとに1粒ずつ追加
1日あたりの価格 83円
粒の大きさ 12mm
原材料 クリルオイル(オキアミ抽出物)食用油脂 大麦乳酸発酵液ギャバ 納豆菌培養エキス末 冬虫夏草菌糸体末 イチョウ葉エキス末 田七人参 ローヤルゼリー末 プロポリスエキス末 亜鉛含有酵母 ビタミンE含有植物油 ゼラチン グリセリン ミツロン グリセリン脂肪酸エステル Lーテアニン ビタミンB12
1粒あたりの
成分配合量
クリルオイル(オキアミ抽出物):260mg
ギャバ:12mg
ナットウキナーゼ:10mg
冬虫夏草菌エキス:1mg
イチョウ葉エキス:1mg
有機田七人参粉末:1mg
ローヤルゼリー末:1mg
プロポリスエキス末:1mg
L-テアニン:1mg
全て表示する

\【楽天限定】クーポンやポイントバックあり/

楽天【初回500円クーポンあり】
30粒 / 1,980円
Amazonで詳細を見る
30粒 / 2,238円

うちの脳活サポート レビュー (2)
「うちの脳活サポート」を犬の管理栄養士が徹底検証!口コミ評判や効果を紹介

【ナチュラルハーベスト】クリルオイル

シンプルイズベスト!高品質でコスパが良く続けやすい

ヒューマングレードの原材料を使用した安全性が高く高品質なドッグフードを作るナチュラルハーベストのクリルオイルです。

ナチュラルハーベストのクリルオイルは、特殊な製法によって不純物を取り除き、純度を高めていることから無臭になっているため、魚油の匂いが苦手なわんちゃんでも与えやすいでしょう。実際、私も愛犬に与えていますが、魚油の匂いよりもカプセルのゼラチンの匂いがするのか、おやつのようにそのまま食べてくれることも多いので与えるのが楽です。

口の小さなわんちゃんや飲み込む力が低下しているわんちゃんでは、カプセルに穴を開けて中身だけごはんに混ぜて与えたり、カプセルごとお湯に溶かして飲んでもらうこともできますよ!

もちろん、ヒューマングレードにこだわり、わんちゃんの健康に不要な添加物は一切使用していないため、安全性を気にする飼い主さんも安心して愛犬に与えることができるでしょう。

参考価格(税込) 6,490円(180粒)
給与量 / 日 体重5kgあたり1~2粒
1日あたりの価格 36円※1粒の場合
粒の大きさ 12mm
原材料 クリルオイル、ゼラチン(豚由来)、植物性グリセリン
1粒あたりの
成分配合量
・EPA:31mg
・DHA:14mg
・アスタキサンチン:20ppm
・総リン脂質:104mg
・オメガ3脂肪酸:57mg
・オメガ6脂肪酸:8mg
・リン:4.8mg
全て表示する

Amazonで詳細を見る
180粒 / 6,490円
楽天で詳細を見る
180粒 / 6,490円

また、ナチュラルハーベストのクリルオイルには粒サイズ違いや乳酸菌入りなどシリーズがあるため、愛犬に合わせて選びやすいでしょう。

【ナチュラルハーベスト】プチクリルオイル

粒のサイズが8.5mmと小さい分、カプセルの中身が少なくなるためたくさん飲む必要がありますが、カプセルのままでなければ飲んでくれない超小型犬や口の小さなわんちゃんには、プチサイズのクリルオイルもありますよ!

参考価格(税込) 2,860円(150粒)
給与量 / 日 体重1~2kg:1~2粒
体重3kg:2~4粒
体重5kg:3~6粒
体重8kg:4~8粒
1日あたりの価格 58円※体重5kgで3粒の場合
粒の大きさ 8.5mm
原材料 クリルオイル、ゼラチン(豚由来)、植物性グリセリン
1粒あたりの
成分配合量
・EPA:12mg
・DHA 5.5mg
・アスタキサンチン:20ppm
・総リン脂質:40mg
・オメガ3脂肪酸:22mg
・オメガ6脂肪酸:3mg
・リン:1.9mg
全て表示する

Amazonで詳細を見る
150粒 / 3,110円
楽天で詳細を見る
150粒 / 2,860円

【ナチュラルハーベスト】クリルフェカリス

クリルオイルと乳酸菌の両方を1度に摂取できるのが、クリルフェカリスです。フェカリス菌は近年注目を集めている乳酸菌ですが、クリルオイルと一緒に摂取することで腸内環境の改善という相乗効果が期待できます。

参考価格(税込) 7,480円(180粒)
給与量 / 日 体重5kgあたり1~2粒
1日あたりの価格 42円※1粒の場合
粒の大きさ 12mm
原材料 クリルオイル、乳酸菌(フェカリス菌)、米ぬかロウ ※ソフトカプセル:ゼラチン(豚由来)、植物性グリセリン
1粒あたりの
成分配合量
・フェカリス菌:1,000億個
・EPA:25mg
・DHA:12mg
・アスタキサンチン:17ppm
・総リン脂質:84mg
・オメガ3脂肪酸:46mg
・オメガ6脂肪酸:6mg
・リン:3.9mg
全て表示する

Amazonで詳細を見る
180粒 / 7,480円
楽天で詳細を見る
180粒 / 7,480円

【モノリス】コルディ プラス クリルオイル

飼い主さんも飲むことができる安心の品質!

動物病院でも取り扱われることのある犬猫ペット用サプリメントを製造販売しているコルディのクリルオイルは、もともと人間用だったものをペット用として販売しているため、愛犬だけでなく飼い主さんも一緒に飲むことができます。

カプセルに入った状態でも若干、魚油に近い匂いはしますが、口コミなどを見ても問題なく食べてくれるわんちゃんがほとんどのようなので、匂いがしても食いつきは問題ないでしょう。

粒が少し大きいと感じた場合は、カプセルに穴を開けて中身だけごはんに混ぜて与えたり、カプセルごとお湯に溶かして飲んでもらってもOK!90℃までのお湯であれば大丈夫ということで、実際、調理温度によるDHA・EPAの損失は認められません(※2)が、わんちゃんが火傷しないようにひと肌程度に覚めてから与えてくださいね。

参考価格(税込) 6,160円(180粒)
給与量 / 日 体重5kgあたり1~2粒
1日あたりの価格 34円※1粒の場合
粒の大きさ 12mm
原材料 オキアミ抽出物(クリルオイル)/ソフトカプセル(ゼラチン、グリセリン)
1粒あたりの
成分配合量
・EPA:30mg以上
・DHA:14mg以上
・アスタキサンチン:32ppm以上
・総リン脂質:100mg以上
・オメガ3脂肪酸:55mg以上
・オメガ6脂肪酸7.5mg以上
全て表示する

楽天で詳細を見る
180粒 / 6,160円

【ベッツペッツ】アンチノールプラス

 

動物病院でも販売される信頼性の高さも魅力!

アンチノールプラスは、多くの獣医師や飼い主さんから支持も厚い「アンチノール」のリニューアルタイプで、これまでの91種類の脂肪酸の集合体「PCSO-524」にクリルオイルが追加され「EAB-277」と進化しました。

クリルオイルが従来の主成分のモエギイガイ抽出物「PCSO-524」の吸収をサポートしてくれるため、身体全体に働きかけてくれます。

もちろん、わんちゃんの健康に不要な添加物を使用せず、品質にこだわり自然由来成分100%なので、安心して愛犬に与えることができますよ!

何と言っても、多くの動物病院で推奨されることもある安定した品質で、信頼性の高さも魅力的なのではないでしょうか。

参考価格(税込) 6,732円(60粒)
給与量 / 日 体重10kg以下1粒
1日あたりの価格 112円
粒の大きさ 11mm
原材料 オリーブオイルEAB-277(海洋性脂質:モエギイガイ抽出脂肪酸PCSO-524+クリルオイル)酸化防止剤(d-α-トコフェロール(ビタミンE))カプセル(牛由来ゼラチン、グリセリン、水、ソルビトール)
1粒あたりの
成分配合量
非公開
全て表示する

公式サイトで詳細を見る
60粒 / 6,732円

【株式会社和漢】うちの脳活サポート

あたまの健康維持サポート成分9種類配合!

クリルオイルだけでなく、頭の健康維持をサポートする成分が9種類配合された獣医師監修のサプリメントです。

ヒューマングレードの原材料を使用するのはもちろん、わんちゃんに不要な添加物は使用していないため、安心して愛犬に与えることができます。

もちろん、基本はDHA・EPAなので、頭の健康だけでなく全身の健康維持に働きかけてくれるのもポイント

オメガ3脂肪酸系のソフトカプセルタイプのサプリメントは魚油の匂いが苦手なわんちゃんも多いですが、嗜好性にもこだわって作られているのでおやつ感覚であげることができるのは助かりますね。

参考価格(税込) 2,480円(30粒)
給与量 / 日 体重5kg未満:1粒
体重5~10kg未満:2粒
体重10~15kg未満:3粒
以降、体重5kgごとに1粒ずつ追加
1日あたりの価格 83円
粒の大きさ 12mm
原材料 クリルオイル(オキアミ抽出物)食用油脂 大麦乳酸発酵液ギャバ 納豆菌培養エキス末 冬虫夏草菌糸体末 イチョウ葉エキス末 田七人参 ローヤルゼリー末 プロポリスエキス末 亜鉛含有酵母 ビタミンE含有植物油 ゼラチン グリセリン ミツロン グリセリン脂肪酸エステル Lーテアニン ビタミンB12
1粒あたりの
成分配合量
クリルオイル(オキアミ抽出物):260mg
ギャバ:12mg
ナットウキナーゼ:10mg
冬虫夏草菌エキス:1mg
イチョウ葉エキス:1mg
有機田七人参粉末:1mg
ローヤルゼリー末:1mg
プロポリスエキス末:1mg
L-テアニン:1mg
全て表示する

\【楽天限定】クーポンやポイントバックあり/

楽天【初回500円クーポンあり】
30粒 / 1,980円
Amazonで詳細を見る
30粒 / 2,238円

うちの脳活サポート レビュー (2)
「うちの脳活サポート」を犬の管理栄養士が徹底検証!口コミ評判や効果を紹介

わんちゃんがクリルオイルを摂取して期待できる効果

元気に走る犬の画像

冒頭でも、必須脂肪酸であるDHA・EPAはわんちゃんの体を健康に保つためにさまざまな働きをしてくれる大切な栄養素と言いましたが、実際にどんな働きをしてどんな効果が期待できるのでしょうか。

ここでは、クリルオイルに含まれるDHA・EPAの主な働きや期待できる効果をご紹介します。

DHA・EPAの主な働きは健康を維持するサポート

枯れ葉で遊ぶ犬の画像

DHA・EPAの主な働きは、わんちゃんの健康を維持するサポートです。

■DHA・EPAの主な働き
・体内の脂肪の蓄積を防ぐ
・血液を流れやすくする
・コレステロール値や血圧の上昇を抑える
・血小板凝集抑制作用

・炎症を抑える物資に変化する
・脳、神経系、網膜の機能を保つ
・体を酸化から守る
・皮膚や被毛の健康維持

DHA・EPAは魚類に多く含まれていますが、肉類や乳製品にも微量に含まれています。また、DHA・EPAを栄養添加しているドッグフードも多いことから完全に欠乏することはありませんが、不足しがちな栄養素です。

クリルオイルは体内の吸収率が高いことから、効率的に栄養素を補うことができるでしょう。

更に、DHA・EPAは期待できる効果もたくさんあります。

■DHA・EPAの期待できる効果
抗炎症作用 / 抗酸化作用 / 脂漏症の改善 / 骨関節炎や関節症の予防や改善(※3) / アトピー性皮膚炎の予防や改善(※4) / 心臓疾患や腎不全、膵炎の予防や改善、進行の抑制(※5、6、7) / がんの予防や改善、進行の抑制、延命(※8、9) / 脳神経疾患やてんかんの予防や改善など

心臓病や腎臓病のわんちゃんのサポートにも

心音の検査を受ける犬の画像

DHA・EPAは、心臓病や腎臓病の進行を抑制する可能性が高いことはいくつかの論文でも発表されており(※5、6)心臓病や腎臓病のわんちゃんのサポートに役立つと考えられています

■心臓や腎臓に効果が認められたと報告があったもの
・腎臓の炎症軽減(腎臓病の進行要因の1つ)
・腎臓の保護
・不正脈のリスク軽減
・心臓病や腎臓病の進行抑制

実際、私の愛犬も週に4日の点滴が必要な重度の腎臓病でしたが、クリルオイルと腎臓病用乳酸菌サプリを飲ませるようになると、数値の改善はもちろん、食欲や体調の改善が見られました。

また、もう1匹も心臓病で4年前から薬の服薬をしていますが、毎月の定期検診では状態は4年前と変わらず維持できており、薬の量や種類が増えることはありません。

クリルオイルはあくまでも栄養素の補給のため、クリルオイルが愛犬たちの病気の進行抑制や改善に効果を発揮したと言い切れませんが、栄養素が補われ体内の機能が働きやすくなっているということは言えるのではないでしょうか。

クリルオイルは副作用がある?適量を守っていれば問題ない

サプリの匂いを嗅いでいる犬の画像

さまざまなメリットや効果が期待できるクリルオイルですが、気になるのはその副作用ではないでしょうか。

ここでは、クリルオイルの主成分であるDHA・EPAの副作用について見ていきましょう。

DHA・EPAの副作用

クリルオイルサプリの画像

結論から言ってしまえば、適量であれば副作用を心配することはありません。ただし、過剰に摂取したり、酸化したDHA・EPAを摂取すると、以下のような副作用が見られることがあります。

■DHA・EPAの副作用

  • 大量に摂取すると嘔吐や下痢を引き起こす可能性
    …消化不良を起こすため
  • 大量に摂取するとバクテリアルトランスロケーションの原因になる可能性
    …消化吸収しきれなかったDHA・EPAが腸内細菌の栄養素となる腸内細菌叢の変化が起こる可能性があるため
  • DHA・EPAの酸化による体調不良や消化不良
    …効能の低下による影響が出るため

飼い主さんが適量を守っていれば、わんちゃんが自分で大量に摂取することはありませんが、酸化は目に見えないことから、古くなったものは与えないなど十分に注意してあげましょう。

また、クリルオイル等のサプリメントだけでなく、ドッグフードにもDHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸が含まれているため、ドッグフードの酸化にも気を配ってあげることが大切です。

【獣医師監修】ドッグフードの酸化って何?酸化について注意点を解説

オメガ3脂肪酸で膵炎になるという報告は今のところない

病院で問診を受けている犬

クリルオイルを含むオメガ3脂肪酸のサプリメントは脂質が高いことを気にする飼い主さんもいますが、現在、人を含めわんちゃんや猫ちゃんでもオメガ3脂肪酸による膵炎の報告はありません。

オメガ3脂肪酸には抗炎症作用があるため、膵炎のリスクは高くないと考えられています

実際、動物病院では膵炎を患っているわんちゃんの状態に合わせてオメガ3脂肪酸のサプリメントを処方する、もしくは摂取することをすすめることもあるように、膵炎の進行抑制や改善にも期待が高まっているのです。(※7)

とは言え、現在膵炎を患っているわんちゃんでは、かかりつけの獣医師に相談してから与えるようにしてください。

クリルオイルによくあるQ&A

Q&A

ここでは、わんちゃんにクリルオイルを与える際によくある疑問をご紹介します。

よくあるQ&A

    わんちゃんに人間用のクリルオイルを与えても大丈夫?

    クリルオイルの画像

    A.わんちゃんが人間用のクリルオイルを飲んでも大丈夫です。

    ただし、人間用はカプセルの粒が大きいこともあるため、飲みやすいサイズを選んであげることが大切です。中のオイルの匂いを気にしないわんちゃんであれば、大きい粒のカプセルに穴を開けて中身だけフードにかけてあげても問題はありません。

    とは言え、大きいカプセルをそのまま与えると喉に詰まらせたり、喉に貼りついて炎症を起こしてしまう可能性があるため、必ずお湯に溶かしたり、穴を開けて中身だけをあげるようにしてください。

    また、含有量が多すぎるものは過剰摂取になる可能性があり、NRC(全米研究評議会)の公表するわんちゃんのDHA・EPAの安全上限量は『370mg×体重kgの3/4乗』なので、最大でも体重1kgあたり200mgを超えないように注意しましょう。(※10)

    アンチノールとクリルオイルの違いは?

    考えている犬の画像

    A.これまでのアンチノールとクリルオイルであれば、DHA・EPAの型の違いや主成分の違いです。

    DHA・EPAに注目するのであればクリルオイル、さまざまな脂肪酸を摂取したいのであればアンチノールと言えます。

    また、2022年12月にアンチノールは改良され、クリルオイルが配合となって「PCSO-524」から「EAB-277」に進化しました。それぞれの違いをまとめてみたので参考にしてください。

     主成分DHA・EPA型
    アンチノールモエギイガイから独自の製法で抽出したDHAやEPAを
    含む91種類に及ぶ脂肪酸の集合体「PCSO-524」
    トリグリセライド型
    クリルオイル南極オキアミから抽出したDHA・EPAリン脂質型
    アンチノールプラス「PCSO-524」にクリルオイルを追加した「EAB-277」トリグリセライド型
    リン脂質型

    腎臓病や膵炎のわんちゃんにクリルオイルの脂質は大丈夫?

    診察を受けている犬

    A.クリルオイルは脂質が高いですが、腎臓病や膵炎のわんちゃんはオメガ3脂肪酸の摂取が推奨されており、栄養学的にも動物医療的にも良質な脂は重要と考えられているため、適量であれば心配する必要はないでしょう。

    ただし、持病があるわんちゃんは必ずかかりつけの獣医師に相談や確認してから与えるようにしてください。

    クリルオイルはいつから飲ませるのがいい?

    子犬の画像

    A.クリルオイルの主成分であるDHA・EPAはわんちゃんの乳仔や幼仔にも重要な栄養素なので、子犬に与えても問題はありません。

    ただし、子犬は消化器官が未発達で消化不良を起こしやすいため、身体の大きさにもよって異なりますが与える量は1粒の1/3程度にするなど、少量にしておくことをおすすめします。

    まとめ

    走る犬の画像

    クリルオイルは環境や海洋汚染が限りなく少なく、DHA・EPAの吸収率も高い優れたオイルです。

    もちろん、一言でクリルオイルといってもさまざまな種類があり、わんちゃんの体質に合う合わないはありますが、わんちゃんの必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸の栄養素を補うために、クリルオイルを与えてみてはいかがでしょうか。

    最後に、クリルオイルの選び方のおさらいです。

    ■クリルオイルの選び方
    ①南極オキアミの純度が高いものを選ぶ
    ②DHA・EPAの含有量をチェックする
    ③酸化防止に配慮されたものを選ぶ
    ④関節や脳など目的に合わせて選ぶ
    ⑤カプセルの大きさを考慮する

    どれを選べばいいかわからないという飼い主さんは、まずはおすすめのクリルオイルの中から選んでみてくださいね。

    犬用クリルオイルおすすめ6選をもう一度見る

    参考文献一覧

    <参考文献>

    (※)参考:Carotenoid Science, Vol.11, 2007, 16-20「Quenching Activities of Common Hydrophilic and Lipophilic Antioxidantsagainst Singlet Oxygen Using Chemiluminescence Detection System 」
    (※1)参考:National Library of Medicine「Differential plasma postprandial lipidomic responses to krill oil and fish oil supplementations in women: A randomized crossover study」
    (※2)参考:National Library of Medicine「Mechanisms of Docosahexaenoic and Eicosapentaenoic Acid Loss from Pacific Saury and Comparison of Their Retention Rates after Various Cooking Methods」
    (※3)参考:The Journal of Veterinary Medical Science「A multicenter study of the effect of dietary supplementation with fish oil omega-3 fatty acids on carprofen dosage in dogs with osteoarthritis」

    (※4)参考:Wiley OnlineLibrary「Double-blinded Crossover Study with Marine Oil Supplementation Containing High-dose icosapentaenoic Acid for the Treatment of Canine Pruritic Skin Disease」
    (※5)参考:The Journal of Veterinary Medical Science「Nutritional alterations and the effect of fish oil supplementation in dogs with heart failure」
    (※6)参考:The Journal of Veterinary Medical Science「Beneficial effects of chronic administration of dietary ω-3 polyunsaturated fatty acids in dogs with renal insufficiency」
    (※7)参考:白石動物病院「犬の慢性膵炎について」
    (※8)参考:National Library of Medicine「Effect of fish oil, arginine, and doxorubicin chemotherapy on remission and survival time for dogs with lymphoma: a double-blind, randomized placebo-controlled study」

    (※9)参考:National Library of Medicine「Platelet function in dogs treated for lymphoma and hemangiosarcoma and supplemented with dietary n-3 fatty acids」
    (※10)参考:アークレイマーケティング株式会社 動物の医療と健康を考える情報サイト「慢性腎臓病でも推奨されるω3脂肪酸に副作用や許容量はあるのか?」

    ※記事で紹介されている商品を購入すると、売上の一部がINUNAVIに還元されることがあります。メーカー等の依頼による広告にはPRを表記します。
    ※掲載されている情報は、INUNAVIが独自にリサーチした時点の情報を掲載しています。掲載価格に変動がある場合や、登録ミス等の理由により情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。

    ペットライター たかだ なつき

    執筆者

    ペットライター
    たかだ なつき
    JKC愛犬飼育管理士 / ペットフーディスト / 犬の管理栄養士 / ペット看護士 / ペットセラピスト / トリマー・ペットスタイリスト / 動物介護士 / ホリスティックケア・カウンセラー

    18歳のチワックスと1歳のチワックス、ポメチワ、0歳のチワックスの4匹と暮らしています。これまで愛犬チワワと2匹のミニチュアダックスたちの闘病・介護生活の経験から、犬の健康や介護について学びを深めペットにまつわる様々な資格を取得し、老犬のトータルケアサロン開業に向けて準備中です。

    【保有資格:ペットフーディスト / 犬の管理栄養士 / ペット看護士 / ペットセラピスト / トリマー・ペットスタイリスト / 動物介護士 / ホリスティックケア・カウンセラー / JKC愛犬飼育管理士

    関連記事

    新着記事

    人気記事

    いぬなび公式
    インスタグラム

    毎日更新中