公開 2023.09.27 更新 2023.09.28
ペットは人間と一緒のお墓に入れる?一緒に入れるお墓と注意点

ペットは人間と一緒のお墓に入れる?一緒に入れるお墓と注意点

ペットを家族と考える飼い主さんも増え、一緒のお墓に入りたいと思うこともあるでしょう。実際に私もペットと一緒のお墓に入りたいと思い、現在は手元供養をしています。

近年は飼い主さんとペットが一緒に入ることを前提とした霊園もできていますが、まだまだ数が少ないのが現状です。先祖代々のお墓(一般墓)や普通のお墓(共同墓や永代供養墓やなど)では一緒に入ることはできるのでしょうか?

今回は、ペットが人間と一緒に入れるお墓や注意点について、ペットと一緒に入れるお墓を確保した私が解説します。

ペットライター たかだ なつき

執筆者

ペットライター
たかだ なつき
JKC愛犬飼育管理士 / ペットフーディスト / 犬の管理栄養士 / ペット看護士 / ペットセラピスト / トリマー・ペットスタイリスト / 動物介護士 / ホリスティックケア・カウンセラー

18歳のチワックスと1歳のチワックス、ポメチワ、0歳のチワックスの4匹と暮らしています。これまで愛犬チワワと2匹のミニチュアダックスたちの闘病・介護生活の経験から、犬の健康や介護について学びを深めペットにまつわる様々な資格を取得し、老犬のトータルケアサロン開業に向けて準備中です。

【保有資格:ペットフーディスト / 犬の管理栄養士 / ペット看護士 / ペットセラピスト / トリマー・ペットスタイリスト / 動物介護士 / ホリスティックケア・カウンセラー / JKC愛犬飼育管理士

ペットは人間と一緒のお墓に入れる?法律上の問題はない

人間用のお墓

人間のお墓にペットの遺骨を納骨することは「墓地、埋葬等に関する法律」で禁じられておらず、ペットを人間と一緒に墓地や霊園に埋葬することは法律上の問題はありません。

しかし、仏教の宗派によっては人間以外の動物は「畜生」として人間よりも卑しくて下等な存在の扱いになったり、「南無阿弥陀仏」と唱えられない動物は成仏できないため人間と一緒に供養するべきではないといった考えから、一緒のお墓にペットを入れたいと希望しても墓地管理者に断られてしまうことがあります。

また、仏教に限らず宗教上の解釈の違いや、ほかの利用者の宗教的感情に不穏当と判断された場合もペットが人間と一緒のお墓に入ることはできません。

とは言え、宗派や宗旨の違いによって解釈は異なり、受け入れてくれるお寺や霊園もあるため、ペットと人間が一緒のお墓に入れるかは相談してみないことにはわからないと言えます。

■墓地と霊園の違いについて

  • 墓地
    …一般的に寺院の境内地にあるものを指す。檀家になる必要があることがほとんど
  • 霊園
    …寺院に属さない墓地。民営霊園は公益法人、宗教法人などが運営、公営霊園は都道府県・市町村などの自治体が運営している

ペットが人間と一緒のお墓に入るときの4つの注意点

犬と飼い主

ペットが人間と一緒に入ることを前提とした霊園のお墓であれば特に心配するようなことはありませんが、先祖代々のお墓や普通のお墓で人間と一緒のお墓にペットも入れてあげたいときには、注意しなければいけないこともあります。

①ペットは火葬してあることが前提

火葬室

ペットも人間と一緒のお墓に入れてあげる場合、遺骨を納めることになるため、火葬してあることが大前提です。

ペットの火葬は民間のペット葬儀業者で個別火葬を行えば遺骨を返骨してもらうことができます。

虹を見ている子供と犬
ペット火葬を無料でするメリットとデメリット|費用を抑えて火葬する方法は?

②管理規約や使用規定に従う

書類を確認している様子

墓地や霊園には管理規約や使用規定があるため、ペットの遺骨を納骨することを禁止していないか必ず確認してください。

管理規約や使用規定を破ってペットの遺骨を納骨してしまうと、発覚したときには規約違反としてその墓地や霊園からお墓を撤去するように求められる可能性があります。

管理規約や使用規定に記載されている場合では、ほかの墓地や霊園を探すようにしましょう。比較的、民間の霊園は宗教的な制約が緩く、ペットと一緒にお墓に入りたいという希望も叶いやすいので、断られてしまった場合は民間の霊園に相談してみることをおすすめします。

実際、私が確保してもらったお墓は古くからある民営霊園の一般墓ですが、相談したらスムーズに許可がもらえたそうです。(※お墓の名義人が相談)

また、管理規約や使用規定に禁止することが書かれていなくても、必ず管理者に事前に許可を取っておかないと、契約解除やトラブルになる可能性があるので注意が必要です。

③親族の承諾をもらう

家族で会議をしている様子

先祖代々のお墓にペットの遺骨も納骨したい場合では、お墓の名義人の許可はもちろん、後にそのお墓に入る親族の承諾ももらっておいたほうがトラブルなく一緒に入ることができるでしょう。

私がペットと一緒に入るお墓は、お墓の名義人(義父)がわざわざ用意してくれたもので、今のところほかの親族が入ることはないため承諾の必要はありませんが、次に名義人になる可能性のある親族にはトラブル防止のためにも予め一緒に入ることは告げています。

④お墓を継ぐ人がいなくなれば別々に合祀されることもある

犬 供養

お墓を継承する人がいなくなったときは、供養塔などに別々に合祀されてしまう可能性もあります。対応は寺院や霊園によって異なるため、どんな対応となっているかも確認しておくことをおすすめします。

また、近年は墓じまいする人も増えているため、その後のペットと自分の遺骨の供養方法は明確にしておいたほうがいいでしょう。

一緒のお墓に入る以外の供養方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

犬 供養
愛犬の供養はどうする?供養の方法や初七日、四十九日などの行事について

ペットが人間と一緒にはいれるお墓の種類

犬のお墓

ペットが人間と一緒に入れるお墓は、墓地や霊園によって規定が異なります。

一般のお墓に一緒に入ることが可能なところもあれば、納骨堂だけや樹木葬だけという場合もあるので、契約する前に規定を確認してください。

ペットと一緒に入れるお墓の種類

  • 一般墓(継承墓)
    …家族や一族など家単位で承継しでいく伝統的なお墓
  • 永代供養墓
    …寺院や霊園が期限つきで遺骨を預かり供養するお墓。期限が終わったあとの対応は別々に合祀など
  • 樹木葬
    …埋葬し墓石の代わりに周辺にある樹木や草花を墓標として供養するお墓。「個別型」と「合祀型」がある
  • 納骨堂
    …寺院や霊園内にある遺骨を納めるための収蔵スペースを備えた施設

また、「ペットと一緒に眠れる」と謳っていても、霊園内にペット用の合同供養塔があるだけで人間とは一緒に埋葬されない霊園もあるため、その点もしっかり確認しましょう。

犬のお墓
愛犬のお墓はどうしたらいい?飼い主さんと一緒に入れるお墓もある!お墓参りについても

まとめ

お手をする犬

死んだ後も大好きなペットとずっと一緒にいられるということは、精神的にも大きな支えとなるでしょう。

実際に、私もずっとペットと一緒に入れるお墓を探していて、最近になってお墓が確保できてホッとしただけでなく、ずっと一緒という安心感がペットロスや現在の高齢愛犬に感じる別れの不安を軽減してくれました。

日本ではまだまだ一般的にペットは「物」「畜生」「下等動物」といった考えのため、一緒のお墓に入ることを断られてしまうこともありますが、理解のある墓地や霊園もあるため諦めずに探してみてくださいね。

その際に、トラブルなく穏やかにペットと一緒に永遠の眠りにつけるよう、注意点をよく理解しておきましょう。

犬が死んだらすることまとめ|安置方法や葬儀の種類、保健所への届け出など
【51社比較】東京のペット葬儀会社おすすめ27選|亡くなってからすることや葬儀会社の選び方も
【51社比較】東京のペット葬儀会社おすすめ27選|亡くなってからすることや葬儀会社の選び方も
日本は犬に優しい国?殺処分をどう思う?犬の現状について考える!【犬の現・元飼い主さん1000人アンケート】 
日本は犬に優しい国?殺処分をどう思う?犬の現状について考える!【犬の現・元飼い主さん1000人アンケート】 
ペットライター たかだ なつき

執筆者

ペットライター
たかだ なつき
JKC愛犬飼育管理士 / ペットフーディスト / 犬の管理栄養士 / ペット看護士 / ペットセラピスト / トリマー・ペットスタイリスト / 動物介護士 / ホリスティックケア・カウンセラー

18歳のチワックスと1歳のチワックス、ポメチワ、0歳のチワックスの4匹と暮らしています。これまで愛犬チワワと2匹のミニチュアダックスたちの闘病・介護生活の経験から、犬の健康や介護について学びを深めペットにまつわる様々な資格を取得し、老犬のトータルケアサロン開業に向けて準備中です。

【保有資格:ペットフーディスト / 犬の管理栄養士 / ペット看護士 / ペットセラピスト / トリマー・ペットスタイリスト / 動物介護士 / ホリスティックケア・カウンセラー / JKC愛犬飼育管理士

関連記事

新着記事

人気記事

いぬなび公式
インスタグラム

毎日更新中