公開 2019.02.05 更新 2024.03.20
[ PR ]
【獣医師監修】犬のアレルギーや皮膚病対策におすすめのドッグフードランキング29選

【獣医師監修】犬のアレルギーや皮膚病対策におすすめのドッグフードランキング29選

愛犬が体を痒がったり、皮膚にトラブルがあると、食物アレルギーではないかと心配になりますよね。

そこでペットフード安全管理者の私が、アレルギーがあるかもしれない犬におすすめの低アレルギーフードを探して、市販の食物アレルギー対応フードや皮膚病に配慮したフードなど44種類を徹底調査し、おすすめのアレルギー対策ドッグフードランキング28選を決定

愛犬のアレルギーに合うフードの選び方や、アレルギーにかかりやすい犬種、犬のアレルギーの種類や症状なども獣医師監修のもと紹介します。

愛犬の健康を守るために、犬の食物アレルギーや皮膚病時の食事管理の基本を知っておきましょう!

アレルギー・皮膚病対策ドッグフードランキング

おすすめドライフード編
1位:ウェルネスシンプルシリーズ骨抜き七面鳥&じゃがいも

おすすめ手作りフード編
1位:ココグルメ

おすすめフリーズドライフード編
1位:グーディッシュ

おすすめウェットフード編
1位:イートデリ

おすすめのドッグフードをすべて見る

獣医師 藤井ちひろ

監修者

獣医師
藤井ちひろ
獣医師国家資格 / 日本ペット栄養士 / ペットフード販売士 / ペット食育上級指導士

北海道帯広畜産大学畜産学部獣医学科卒業。首都圏の中堅動物病院、大学病院を経て「健康寿命を延ばしてめざせ20歳!」「治らない病気に最期まで向きあう」動物病院、ローズローズアニマルクリニック院長。 ペットの食と栄養のお悩みに一生応えるための食育セミナーやシニアペットセミナーを定期的に開催中。(所属学会:ペット食育協会獣医麻酔外科学会獣医神経病学会など)

※本記事はINUNAVIが独自に制作しています。メーカー等から商品の提供や広告を受けることもありますが、コンテンツの内容やランキングの決定には一切関与していません。※本記事で紹介した商品を購入するとECサイトやメーカー等のアフィリエイト広告によって売上の一部がINUINAVIに還元されます。

アレルギー対策ドッグフードとは?

アレルギーや皮膚病対策におすすめのドッグフード

アレルギー対策ドッグフードとは、犬がアレルギーを起こしやすいとされる食材を使わず、低アレルギーの食材を主原料としたドッグフードです。

食物アレルギーを発症するリスクが低く、皮膚の健康維持もしやすいレシピであることが多いので、すでにアレルギーがある犬だけではなく、アレルギーの発症予防対策をしたい犬にもおすすめできます。

■犬が食物アレルギーを起こしやすい食材の例※(1)

食材名 発症割合
牛肉 69%
乳製品 69%
小麦 69%
鶏肉 25%
鶏卵 25%
ラム肉 25%
大豆 25%
その他 20%

しかし覚えていてほしいのが、アレルギー対策ドッグフードで必ずしも愛犬のアレルギーを予防できるわけではないということ。

犬がアレルギーを起こしやすい食材は上記のようにデータとしてあるものの、実際にどの食材がアレルゲンとなるのかは犬によって異なります。※アレルギーの原因となる物質

また食べ物以外にも、ハウスダストやノミ・ダニなどがアレルゲンとなり、皮膚トラブルを引き起こしていることもあります。

食物アレルギーとその他のアレルギー(アトピー性皮膚炎)が併発するケースも多いため、ドッグフードでの対策と合わせて適切な治療や生活環境の改善を図ることが大切です。

以下の記事では、愛犬の皮膚症状を画像で確認できるので、気になる方は合わせてチェックしてください。

犬の皮膚病
犬の皮膚病の原因・症状を解説【画像付き】アレルギーやダニなど改善に役立つ6つの対策【獣医師監修】

犬の食物アレルギー対策ドッグフードの選び方!皮膚病の予防にも

アレルギー対策ドッグフードの選び方ここでは、犬の食物アレルギー対策ドッグフードの選び方を紹介します。健康維持に役立つ基本を抑えているので、皮膚病の予防としても与えられる選び方になっています。

以下のいずれかに当てはまる場合はぜひ参考にしてくださいね。

アレルゲンははっきりしないが、食物アレルギーの不安がある
療法食の前に一般食でフードを選んでみたいけど、どれがいいか分からない
食物アレルギーをできるだけ発症しづらくしたい
皮膚病に気をつけたい犬種を飼っている

それでは、それぞれについて詳しく説明します。

①主原料は良質で低アレルギーのタンパク質

アレルギーに配慮したフードの原材料表記主原料が良質なタンパク質であるフードは、犬が消化しやすく腸内環境を良好に保つことができるため、アレルギーや皮膚病を起こしにくい体づくりに役立ちます。

逆に低品質で消化がしづらいタンパク質は、食物アレルギーを発症するきっかけのひとつと考えられており、栄養価や味も期待できません。

特に、ドッグフードの主原料になることが多い肉や魚などの動物性タンパク質は、新鮮で品質の良いものを配合しているフードを選びましょう。

アレルゲンは動物性タンパク質だけではありませんが、まずは、飼い主さんが品質を判断しやすい肉や魚に注目してフードを絞るのがおすすめです。

またこのとき、低アレルギーと言われる珍しい肉や魚(鹿肉やサーモンなど)を選ぶと、より食物アレルギー発症のリスクを下げられる可能性があります。

■タンパク質の品質はここでチェック!

  • 原材料表記を見て何の肉か判断できるか
    (例:鶏肉◯、家禽類☓)
  • パッケージや公式サイトで肉の品質が具体的に分かるか
    (例:ホルモン剤不使用の肉◯、厳選素材☓)

■低アレルギータンパク源の例

鹿肉、魚(サーモンやタラなど)、馬肉、ダック肉、うさぎ肉、カンガルー肉、ヤギ肉など

 

②一般的なアレルゲンを避けやすいシンプルなレシピがおすすめ

アレルゲンとなりやすい食材を含むドッグフードの原材料表記前述した通り、一般的に犬が食物アレルギーを起こしやすいといわれている食材を避けると、アレルギーを発症するリスクを下げられる可能性があります。

「牛肉・乳製品・小麦・鶏肉・鶏卵・ラム肉大・豆」などの食材を使用していないものを選びましょう。

また、配合食材を確認するためには原材料表記を読む必要があるため、アレルギー対策としてフードを選ぶときは、可能な限り配合食材が少なく、原材料表記がシンプルなものがおすすめです。

愛犬にアレルギー反応が出たときにアレルゲンを特定しやすく、また主原料の肉や魚が1種類に限定されていると、ローテーションもしやすくなります。

ただ、配合食材が多いフードでも、各食材の配合量を下げてアレルゲンにならない程度に薄めるという考え方のフードがあるため、一概にシンプルなフードがアレルギー対策に優れているとは言えませんが、選びやすさの点ではおすすめです。

③オメガ3を含む良質な油を適量使用しているもの

オメガの数値記載例と油の表記明確例ドッグフードに含まれる油は、わんちゃんの皮膚の健康と関係が深い食材です。

低品質な油を使用しているフードは消化器に負担をかけ、皮膚被毛のトラブルにつながる他、愛犬にとって脂質が多すぎたり、脂質の種類に偏りがあると皮膚病の原因となることもあります。

ドッグフードの脂質が愛犬に合うかどうかは与えてみないとわかりませんが、品質の良い油を使用しているものを選ぶことが大切です。

また、アレルギーやアトピーの症状緩和に役立つオメガ3脂肪酸が入っているかどうかも合わせて確認しましょう。

オメガ3脂肪酸は、オメガ6脂肪酸と一緒に摂ることで効果を発揮するとされているので、パッケージにオメガ3と6の両方の数値があるものがおすすめです。

なお、この後紹介するランキングでは、検証項目のひとつとして「オメガ3の配合量」も調査しています。オメガ3を多く含むフードを与えたい方は、ぜひランキングを参考にして下さい。

■油の品質はここでチェック!

  • 原材料表記を見て何由来の油か判断できるか
    (例:鶏脂肪◯、動物性脂肪☓)
  • パッケージや公式サイトに油の品質が分かる内容があるとなお良い
    (例:新鮮なオイルのみ使用)

④腸内ケア成分配合で消化と免疫をサポート

腸内ケア成分の例アレルギー対策や皮膚病の予防には、腸の健康に役立つ成分が配合されたフードであることも大切です。

腸の健康に役立つ成分を摂取することで、消化・吸収・排泄というわんちゃんが健やかに生きていくために重要な働きをサポートすることができます。

特に、食物アレルギーはタンパク質をうまく消化できないことが引き金となり発症することがあるため、腸内ケア成分の摂取は予防に有効です。

また、腸には体内で最も多くの免疫細胞が存在しているため、腸内環境を整えると免疫力アップが期待できます。

免疫力の低下は皮膚病を始めとする様々な病気にかかりやすくなるので、毎日食べるドッグフードで腸の働きをサポートしましょう。

ちなみに、腸内には多くの種類の菌が存在しているため、複数の腸内ケア成分が配合されているとさらに効果が期待できます。※(2)

■腸内ケア成分はここでチェック!

  • 原材料表記に腸内ケア成分が配合されているか
    (例:オリゴ糖、乳酸菌、ラクトバチルス・カゼイ、エンテロコッカス・フェシウムなど)

④人工添加物不使用なら消化器への配慮もできる

添加物配合のドッグフードアレルギー対策ドッグフードを選ぶときは、添加物を極力使わずに品質を維持しているフードのほうがおすすめです。

特に、わんちゃんの健康には直接役立たない着色料や甘味料などの人工添加物を配合しているフードは避けるようにしましょう。

どちらもわんちゃんの健康に害がないと臨床試験で判断された量しか配合されていませんが、添加物を長期間に渡り過剰に摂取すると体の負担になる可能性があります。

なお、人工添加物は天然由来成分よりも高い効果を発揮するため、そういった添加物を使用しているフードは、愛犬にとって消化の良いレシピであることよりも、保存性の高さや価格の安さを重視している可能性があります。

管理がしやすく手の届きやすい価格のフードは魅力ではありますが、アレルギー対策を行うときは、より消化のしやすさに配慮されたものを選ぶべきです。

ただし、天然由来添加物を使用したフードは酸化が進みやすいため、開封後は必ず風通しの良い冷暗所で密封保存し、できるだけ早めに消費してください。

酸化したフードは体に悪く、アレルギー症状の悪化につながることもあるので注意が必要です。

■添加物はここでチェック!

  • 原材料表記に「着色料」「香料」「甘味料」などの表記がないか
  • 「酸化防止剤」や「保存料」は天然由来か
    (例:ミックストコフェロール◯、ソルビン酸カリウム☓)
  • パッケージや公式サイトに添加物の配合の有無の説明があるかペットフード安全管理者が食物アレルギーや皮膚病向きドッグフード43種類を徹底検証

犬の管理栄養士が食物アレルギーや皮膚病向きドッグフード44種類を徹底検証

INUNAVIアレルギー対策ドッグフード検証シート2023今回私は、食物アレルギーや皮膚病対策に本当におすすめできるフードを決定するため、以下のような基準で44種類のドッグフードを選出して徹底調査しました。

  • アレルギー対応ドッグフード(成分限定食)
  • 皮膚病やアレルギーに配慮していると謳っているフード
  • アレルギーになりにくい珍しい肉や魚を主原料にしたフード
  • 消化性にこだわった腸内環境を良好に保ちやすいフード
    など

検証フードは以下の通りです。

■検証フード一覧(あいうえお順)
1アカナ ヨークシャポーク
2アディクション ワイルドカンガルー&アップル
3アランズ
4犬猫生活犬用手作りごはん
5イートデリ
6ウェルネスシンプルシリーズ骨抜き七面鳥&じゃがいも
7エッセンシャルドッグフード
8エルモ ダック&ポテト
9N&D キヌア スキン&コート(皮膚被毛健康サポート)ダック 成犬用
10オソピュアサーモン&ガルバンゾー
11オリジン レジオナルレッド
12KAIMATA
13カナガンウェット
14キアオラバックトゥベーシックカンガルー

全部見る

15グーディッシュドッグフード
16K9ナチュラルフリーズドライドッグフード
17ココグルメ
18go!LIDサーモン
19サイエンス・ダイエット〈プロ〉 犬用 皮膚サポート機能 小粒 1~6歳
20スーパーゴールドフィッシュ&ポテト
21セベク
22ソルビダ室内飼育用ターキー
23ナウフレッシュテトラパックポークシチュー
24ナチュラルチョイス 全犬種用フィッシュ&ポテト
25ナチュラルハーベストメンテナンススモールターキー
26ナチュラルバランス スウィートポテト&ベニソン
27ハッピードッグ ミニ モンタナ
28ビィナチュラルルートゴート
29ピナクルサーモン&パンプキン
30ビューティープロ食物アレルゲンに配慮
31ヒトワン
32フォルツァ10 デイリーフォルツァ ローグレイン アダルトミニ フィッシュ
33プレイアーデン
34ブラックウッド5000
35プロマネージ 食物アレルギーに配慮 ツナ入り小粒
36ペトコトフーズ
37ペロリコドッグフード アレカット
38モグキューブ
39みらいのドッグフード皮膚
40メディコート アレルゲンカット 魚&お米 1歳から 成犬用
41リガロターキーレシピ
42ロータスフィッシュ
43ロイヤルカナンアミノペプチドフォーミュラ
44woof

検証項目と配点基準は以下の通りです。

アレルギーや皮膚病におすすめのドッグフード検証基準

安全性

安全性

配合されている食材の表記が明確であるもの、健康に不要な成分を使用していないもの、食材の品質が分かるものを高く評価します。

評価点数
…油の表記が明確【+5点】
…肉の表記が明確【+5点】
…健康に不要な添加物や人工の酸化防止剤を使用【-5点】
…詳細が不明な原材料がある【-2.5点】
…食材の具体的な品質がわかる表記がある【+5点】
栄養バランス

栄養バランス

飼い主さんがアレルギー対策しやすいフードを評価します。アレルゲンを特定しやすいものや低アレルギーのタンパク質を使用したもの、皮膚の健康維持に役立つ食材や成分が配合されたもの、消化を妨げる可能性のある食材を極力使用していないフードを高く評価します。

評価点数
…動物性タンパク質が1種類の動物【+3点】
…全て低アレルゲンの肉を配合【+1】アレルギーになりにくいタンパク質を配合でさらに【+0.5】※一般的にドライフードではあまり見ない肉を独自に判断
…オメガ3とオメガ6の表記がある【+2点】オメガ3の配合数に応じて加点
…オメガ3を豊富に含むと亜麻仁、ココナッツ、魚油を使用【+2】キャノールオイルを使用【+1.8】
…アレルゲンとなりやすい食材が0で【+4点】、1つで【+3点】、2つで【+2点】、3つ以上加点なし※参考(1)
…グレインフリー【+2.5点】、グルテンフリー【+2点】
…腸内サポート成分の個数 1つ【0.5点】2つ【1.5点】3つ以上【2点】
続けやすさ

続けやすさ

5kgの去勢済成犬の1日に必要なカロリーを算出し、各フードの1日の給餌量から1日あたりの値段を調査。コスパがいいものを高く評価します。

評価点数
…1日あたりの値段が100円安いごとに【+1点】
 例:100円以下10点、200円以下9点
選びやすさ

選びやすさ

配合食材が少なくアレルゲンチェックがしやすいものを高く評価します。また、ローテーションしやすいラインナップのものは選びやすいとして加点します。

評価点数
…配合食材数が5以下【+7点】、10以下【+6点】、15以下【+5点】 20以下【+4点】25以下【+3点】 30以下【+2点】 40以下【+1点】 40以上加点なし
…同シリーズでローテーションしやすい味(単一タンパク質)が検証フードの他に1種類【+0.5点】、2種類【+1点】3種類以上【+1.5点】

【検証で分かったこと】天然香料を配合したフードが意外と多い

天然フレーバー今回、アレルギー対応フードや皮膚病向けフード44種類を検証して分かったことは、脂質が高いフードが少なく、嗜好性を高めるためか、香料が配合されることが多いという点です。

あくまで今回の調査結果にすぎませんが、いわゆるナチュラルフードと呼ばれる品質にこだわったドッグフードでも「天然フレーバー」や「自然風味」として香料が配合されていました。

これらは、原材料に含まれる肉や魚の煮汁等を使った香料であることが多いですが、はっきりとしたところはメーカーに問い合わせをしなければ分かりません。

食物アレルギーはタンパク質に起こるものなので、天然由来の香料を深く心配する必要はありませんが、気になる方は避けましょう。

また、低アレルギーの食材である鹿肉や猪肉を使用したフードの人気が年々高まっていると感じました。

鹿肉や猪肉のフードは、海外メーカーからも販売されていますが、特に国産メーカーのものが人気の印象です。新鮮な国産ドッグフードでアレルギー対策をしたい方は要チェックです。

犬の食物アレルギー・皮膚病対策おすすめランキング【ドライフード15選】

それではまず、食物アレルギー・皮膚病予防対策におすすめのドッグフードランキング【ドライフード15選】を紹介します。

気になるフードが見つかった方は、ぜひ商品名をクリックしてフードの詳細をチェックしてくださいね。また、ドライフード以外のおすすめを見たい方は以下をクリックしてください。

手作りドッグフードおすすめ4選を見る
フリーズドライフードおすすめ5選を見る
ウェットフードおすすめ5選を見る

商品画像 商品名 最安値 1日あたり 栄養バランス 安全性 選びやすさ 総合おすすめ度 味の種類
ウェルネスシンプルシリーズ骨抜き七面鳥&じゃがいも ウェルペット社
ウェルネス
シンプルシリーズ
骨抜き七面鳥&
じゃがいも
価格:2,398円
容量:800g
245円
17点/17点

15点/15点

6.5点/10点
★4.55  
 ペロリコドッグフード アレカット 株式会社レティシアン
ペロリコドッグフード
アレカット
価格:5,038円
容量:2kg
249円
17点/17点

15点/15点

5点/10点
★4.55
プラぺ ターキー&クランベリー プラネットペット社
プラぺ
ターキー&
クランベリー
価格:4,345円
容量:2kg
お試し150g無料!
\最安値/
215円

17点/17点

15点/15点

4点/10点
★4.28 「サーモン&アスパラガス」
「鴨&オレンジ」
「ラム&リンゴ」
N&D キヌア スキン&コート(皮膚被毛健康サポート) ダック(ココナッツ入り)成犬用 ルッソ・マンギニ社
N&D キヌア
スキン&コート
ダック 成犬用
価格:2,704円
容量:800g
326円
17点/17点

15点/15点

6.5点/10点
★4.41 「ベニソン成犬用」
「ウズラ成犬用」
「ニシン成犬用」
FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-ミニ フィッシュ(小粒) FORZA10
デイリーフォルツァ
ローグレイン
アダルト
ミニ フィッシュ
価格:2,420円
容量:900g
244円
16点/17点

15点/15点

6点/10点
★4.40 「アダルトミニ ホース」
「アダルトミニ ポーク」
ナチュラルハーベスト メンテナンススモール【ターキー】 バンガード
インターナショナル
フーズ
ナチュラルハーベスト
メンテナンススモール
ターキー
価格:3,300円
容量:1.59kg
250円
16点/17点

15点/15点

6点/10点
★4.34 「メンテナンススモール フィッシュ」
「メンテナンススモール ラム」
GO! LID サーモン ペットキュリアン社
go!LIDサーモン
価格:4,730円
容量:1.59kg
273円
15点/17点

15点/15点

6点/10点
★4.25 「LIDダック」
「LIDラム」
オソピュアグレインフリー サーモン&ガルバンゾー アーテミス社
オソピュア
サーモン&ガルバンゾー
価格:2,530円
容量:1kg
263円
16点/17点

15点/15点

5.5点/10点
★4.25 「ダック&ガルバンゾー」
ナチュラルバランス ウルトラプレミアム スウィートポテト&ベニソンフォーミュラ ナチュラルバランス
ペットフード社
ナチュラルバランス
スウィートポテト
&ベニソン
価格:2,530円
容量:1kg
293円
13点/17点

13点/15点

7.5点/10点
★3.99 「ポテト&ダック」
「スウィートポテト&フィッシュ」
「スウィートポテト&バイソン」
「ベジタリアン」
アランズナチュラルドッグフード ラム レティシアン
アランズ
価格:5,038円
容量:2kg
257円
14点/17点

15点/15点

5.5点/10点
★3.97 なし
RIGALO ハイプロテインレシピ ターキー 子犬・成犬用 ライトハウス
リガロ
ターキーレシピ
価格:2,684円
容量:900g
319円
15点/17点

13点/15点

5点/10点
★3.91 「ホワイトフィッシュレシピ」
「ラムレシピ」
HAPPY DOG ミニ センシブル(小型犬) ミニ モンタナ ハッピードッグ
ハッピードッグ
ミニ モンタナ
価格:1,513円
容量:300g
565円
14点/17点

13点/15点

7.5点/10点
★3.81 「ミニニュージーランド」
「ミニピエモンテ」
「ミニアフリカ」「ミニフランス」
アディクション ワイルドカンガルー&アップル アディクション
アディクション
ワイルドカンガルー
&アップル
価格:1,669円
容量:600g
381円
14点/17点

13点/15点

5.5点/10点
★3.75 「ビ・バラ・ベニソン」1種類
複数タンパクの「サーモンブルー」や
「ル・ラム」
エッセンシャルドッグフード レティシアン
エッセンシャル
ドッグフード
価格:5,038円
容量:1.8kg
273円
15点/17点

15点/15点

1点/10点
★3.75 なし
アカナ ヨークシャポーク チャンピオン
ペットフード社
アカナ
ヨークシャーポーク
価格:8,580円
容量:2kg
413円
14点/17点

15点/15点

3.5点/10点
★3.74 「グラスフェッドラム」
「フリーランダック」
「ヨークシャーポーク」
「パシフィックピルチャード」
全て表示する

1位:ウェルネスシンプルシリーズ骨抜き七面鳥&じゃがいも|1,799円(税込) / 800g

アレルギー対策ドッグフード ウェルネスシンプルシリーズ骨抜き七面鳥&じゃがいも
アレルギー対策ドッグフード ウェルネスシンプルシリーズ骨抜き七面鳥&じゃがいも-小型犬 成犬用(1歳以上)
アレルギー対策ドッグフード ウェルネスシンプルシリーズ骨抜き七面鳥&じゃがいも-全犬種用 体重管理用(1歳以上)
アレルギー対策ドッグフード ウェルネスシンプルシリーズ骨抜き七面鳥&じゃがいも
アレルギー対策ドッグフード ウェルネスシンプルシリーズ骨抜き七面鳥&じゃがいも-小型犬 成犬用(1歳以上)
アレルギー対策ドッグフード ウェルネスシンプルシリーズ骨抜き七面鳥&じゃがいも-全犬種用 体重管理用(1歳以上)

食物アレルゲンに配慮されたレシピが高評価!皮膚を健康に保つ土台づくりに

ウェルネスシンプルシリーズは、検証の結果、アレルギー対策に重要なポイントを押さえつつ消化や免疫のサポートもできる最もおすすめのフードに輝きました!

多くの検証項目で高得点を獲得しましたが、決め手となったのは以下の3つの魅力です。

  • アレルギーが起きやすい食材は0
  • 配合食材数を10種に限定
  • 犬の腸に多く存在する種類の乳酸菌等を豊富に配合
    ※乳酸菌等含む添加物以外の食材数をカウント

このことから、アレルギーや皮膚病を起こしにくい体づくりに役立つドッグフードとして、多くのわんちゃんにおすすめできます。

ただ、粒が若干大きめなので、トイプードルやチワワなど口の小さな犬種の中には食べにくさを感じる子もいるかもしれません。愛犬が食べにくそうにしていたら、切ったり砕いたりして工夫してあげましょう。

安全性や食材の品質
安全性:不明確な表記なし。化学合成の酸化防止剤無添加。
品質:高い品質管理プログラムもと選定された安全性の高い肉を使用。
主原料や栄養バランス
主原料:骨抜き七面鳥(低アレルギー)
穀物:不使用
オメガ3 :1% (オメガ3の配合量は3/14位タイ)
オメガ6: 2.8%
油の種類:粗挽き亜麻仁、キャノーラ油
腸内サポート:ラクトバチルス・プランタルム他4種
ポイント:七面鳥は、牛やラムなどの家禽類以外にアレルギーのある子に特におすすめ。
続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)
1日あたり245円。9/30位と上位の部類に入る。
選びやすさ(他の味の有無)
「サーモン&じゃがいも」1種類。(サーモンには小型犬用と体重管理用がある)
備考:別シリーズ「ウェルネス穀物不使用白身魚」も家禽アレルギーや皮膚病予防対策としておすすめ。
全原材料

【ウェルネスシンプルシリーズ骨抜き七面鳥&じゃがいも】原材料:骨抜き七面鳥、七面鳥ミール、じゃがいも、えんどう、乾燥粗挽きじゃがいも、トマトポマス、粗挽き亜麻仁、キャノーラ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、七面鳥エキス、チコリ根抽出物、ラクトバチルス・プランタルム※、エンテロコッカス・フェシウム※、ラクトバチルス・カゼイ※、ラクトバチルス・アシドフィラス※、ミネラル類(リン酸一水素カルシウム、亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、ビタミン類(E、コリン、ナイアシン、ベータカロテン、A、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸、C)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)
※乳酸菌

 

Amazon
800g / 2,278円
楽天
1.8kg / 4,378円

2位:ペロリコドッグフード アレカット|5,038円(税込) / 2kg

ペロリコアレカットのパッケージ画像
ペロリコアレカットのパッケージ裏
ペロリコアレカットとワンコ
ペロリコアレカットの粒の感じ.
ペロリコアレカットを 食べているところ.
ペロリコアレカットを 完食
ペロリコアレカットのパッケージ画像
ペロリコアレカットのパッケージ裏
ペロリコアレカットとワンコ
ペロリコアレカットの粒の感じ.
ペロリコアレカットを 食べているところ.
ペロリコアレカットを 完食

オメガ3の含有量トップクラス!消化を良くする特殊技術を使ったアレルギー対策フード

アレカットは、主原料である良質なターキーを特殊技術により天然酵素で分解している、消化性に優れたドッグフードです。

比較的、アレルゲンとなりやすい穀物・豆類・乳・卵は一切使わず、アマニやココナッツオイルなど皮膚の健康に重要な油脂類にも配慮されています。

また今回の調査では、

  • オメガ3脂肪酸の含有量がトップクラスに高い
  • アレルギーを起こしやすい食材はゼロ
  • アレルギーに限らず全身の健康維持に役立つレシピ

だと分かりました。特に、オメガ3はサプリメントで別途摂取する人も多いくらいなので、毎日与えるご飯に高配合されていたら嬉しいですね。

ただし、オメガ3は酸化がしやすい脂肪酸のため、開封後はしっかりと密封保存しましょう。

安全性や食材の品質
安全性:不明確な表記なし。化学合成の酸化防止剤や香料、着色料無添加。
品質:ヒューマングレードの食品工場から仕入れた肉を使用
主原料や栄養バランス
主原料:HDP放し飼いターキー生肉33%(酵素分解・低アレルギー)
穀物:不使用
オメガ3 :1.9% (オメガ3の配合量は1/15位)
オメガ6: 2.2%
油の種類:亜麻仁、ココナッツオイル
腸内サポート:ビール酵母、乳酸菌
ポイント:活発な犬のサポートに役立つ緑イ貝も配合している。
続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)
1日あたり249円。10/30位と上位の部類に入る。
選びやすさ(他の味の有無)
「アレカット」1種類。
備考:体重管理用の「ペロリコドッグフード ライト」が販売されている。
全原材料

【ペロリコドッグフード アレカット】原材料:肉類47%(HDP放し飼いターキー生肉33%、HDP乾燥ターキー12%、ターキーグレイビー2%)、サツマイモ、ビール酵母、アマニ、タピオカ、油脂類(ターキーオイル、ココナッツオイル)、リンゴ繊維、緑イ貝、リンゴ、クランベリー、カボチャ、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D3、E)、乳酸菌

公式サイトで詳細を見る
2kg / 4,534円

3位:プラペ ターキー&クランベリー(シニア ( 7+) & 体重管理用)|4,345円(税込) / 2.0kg

 
アレルギー対策ドッグフード プラぺ ターキー&クランベリー
プラペ CP サーモン&アスパラガスの商品画像
プラペ CP 鴨&オレンジの商品画像
プラペ CP-ラム&リンゴの商品画像
プラぺ定期便おまけのおもちゃ
アレルギー対策ドッグフード プラぺ ターキー&クランベリー
プラペ CP サーモン&アスパラガスの商品画像
プラペ CP 鴨&オレンジの商品画像
プラペ CP-ラム&リンゴの商品画像
プラぺ定期便おまけのおもちゃ

コスパNO.1!試しやすいから「食べるか分からない」という方でも安心

プラペは、新鮮なターキーをフードの50%以上に配合しているため、アレルギー対策をしつつ筋肉量を維持したい子、毛並みを良くしたい子、食いつきの良いフードを探している方などにおすすめです。

検証で分かったのは、

  • 原材料表記がシンプルで見やすい
  • 1日あたり215円とコスパがダントツに良い
  • ローテーションできるラインナップが4種類と豊富で、継続しやすいお得なサービスもある
    ※主原料となるタンパク質の種類でカウント

と、愛犬に合うかどうか試しやすいポイントが多いということ。

内容量が2kgのみと超小型犬にはやや多いため保存管理をしっかり行う必要がありますが、柴犬やフレンチブルドッグなど大きめの小型犬〜中型犬以上のわんちゃんのアレルギー対策には特に使いやすいフードでしょう。

また、今回はシニア犬・体重管理用として販売されているものを紹介しましたが、ラインナップが豊富なので子犬や成犬用も選べます。

※定期便を注文すると毎月おもちゃがもらえます!

安全性や食材の品質

安全性:不明確な表記なし。人工添加物不使用。
品質:契約農家から仕入れた新鮮なヒューマングレードの食材を専門家が最新の機器でチェック。Aランク取得のイギリスの工場で製造。

主原料や栄養バランス

主原料:七面鳥(低アレルギー)
穀物:不使用
オメガ3 :1% (オメガ3の配合量は5/15位タイ)
オメガ6: 1.8%
油の種類:オメガ3脂肪酸サプリ
腸内サポート:プレバイオティクスフラクトオリゴ糖(FOS)他1種
ポイント:泌尿器サポートに役立つクランベリーや肥満予防に役立つL−カルニチンも配合している。

続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)

1日あたり215円。1/14位と最安値。
備考:無料サンプル(150g)、返金保証、初回20%オフの定期購入制度あり。

選びやすさ(他の味の有無)

「サーモン&アスパラガス」「鴨&オレンジ」「ラム&リンゴ」の3種類。※単一タンパク質のみ紹介
備考:粒の形が味によって異なるため、食感も気にする子はまず無料サンプルでお試しするのがおすすめ。

全原材料

【ターキー&クランベリー(シニア ( 7+) & 体重管理用)】原材料:七面鳥50%(新鮮に調理された七面鳥27%、乾燥七面鳥21%、七面鳥ストック3%)、サツマイモ、芋 、 エンドウマメ、ビートパルプ、リンシード、オメガ3脂肪酸サプリ、クランベリー、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類(A、D3、E)、野菜ストック(ブロッコリ、ほうれん草、にんじん)、L-カルニチン(500mg/kg)、グルコサミン (170mg/kg)、メチルサルフォニルメタン(MSM 170mg/kg)、コンドロイチン硫酸(125mg/kg)、プレ バイオティクスフラクトオリゴ糖(FOS)、プレバイオティクスマンナンオリゴ糖(MOS)、有機セレン


公式サイトで詳細を見る
【お試しサンプル無料】

4位:N&D キヌア スキン&コート(皮膚被毛健康サポート)ダック 成犬用|2,464円(税込) / 800g

アレルギー対策ドッグフード N&D キヌア スキン&コート(皮膚被毛健康サポート) ダック(ココナッツ入り)成犬用
アレルギー対策ドッグフード N&D キヌア スキン&コート(皮膚被毛健康サポート) ウズラ(ココナッツ入り)成犬用
アレルギー対策ドッグフード N&D キヌア スキン&コート(皮膚被毛健康サポート) ベニソン(ココナッツ入り)成犬用
アレルギー対策ドッグフード N&D キヌア スキン&コート(皮膚被毛健康サポート) ニシン(ココナッツ入り)成犬用
アレルギー対策ドッグフード N&D キヌア スキン&コート(皮膚被毛健康サポート) ダック(ココナッツ入り)成犬用
アレルギー対策ドッグフード N&D キヌア スキン&コート(皮膚被毛健康サポート) ウズラ(ココナッツ入り)成犬用
アレルギー対策ドッグフード N&D キヌア スキン&コート(皮膚被毛健康サポート) ベニソン(ココナッツ入り)成犬用
アレルギー対策ドッグフード N&D キヌア スキン&コート(皮膚被毛健康サポート) ニシン(ココナッツ入り)成犬用

かゆみやぶつぶつなど皮膚の症状が出やすい子も注目のイタリア産アレルギー対策ドッグフード

N&Dキヌア スキン&コートは、イタリアの国立大学動物栄養学部と共同研究のもと商品を開発し、第三者機関により臨床・科学的見解から有効性が示されているという期待度が高いフードです。

検証でも栄養バランスの項目で加点が目立ち、配合している原材料も特徴的だと感じました。

  • 皮膚炎への効果が期待されているココナッツを配合
  • アレルギーの抑制が期待されるウコンを配合
  • 皮膚のバリア機能にも働きかけるアロエベラを配合

これだけ皮膚の健康に役立つ食材を配合していながら、1日あたりの金額は326円と高すぎないところも良いですね。

ただ、キヌアはヒユ科という種類の疑穀物に分類されます。麦や米などの穀物とは異なりますが、気になる方は避けるようにしましょう。

安全性や食材の品質

安全性:人工の酸化防止剤無添加。不明確な表記なし。鮮度と栄養素維持のための製造法を開発。
品質:品質の良い原材料のみ選定。遺伝子組替え原料は一切不使用。

主原料や栄養バランス

主原料:ダック(低アレルギー)
穀物:不使用
アレルゲン:0
オメガ3 :0.4% (オメガ3の配合量は10/15位)
オメガ6: 2.2%
油の種類:ニシン油
腸内サポート:フラクトオリゴ糖他2種
ポイント:炭水化物源は低GI食材を使用し、脂質も高すぎないので体重管理も比較的しやすい。

続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)

1日あたり326円。10/14位と順位がやや低い。

選びやすさ(他の味の有無)

「ベニソン成犬用」「ウズラ成犬用」「ニシン成犬用」の3種類。
備考:別シリーズ「オーシャンシリーズ」もアレルギーや皮膚病予防対策としておすすめ。

全原材料

【N&D キヌア スキン&コート(皮膚被毛健康サポート)ダック 成犬用】原材料:ダック、乾燥ダック、エンドウ豆デンプン、ニシン油、キヌア、亜麻仁、乾燥ココナッツ、ウコン、イヌリン、フラクトオリゴ糖、酵母抽出物、オオバコ、乾燥ビール酵母、グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸、アロエベラゲル濃縮物、緑茶抽出物、ローズマリー抽出物、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸、コリン、ベータカロテン)、ミネラル類(ナトリウム、カリウム、クロライド、カルシウム、鉄、銅、亜鉛、マンガン、セレン)、酸化防止剤(植物油抽出トコフェロール)

 

GREEN DOG
800g / 2,704円

5位:フォルツァ10 デイリーフォルツァ ローグレイン アダルトミニ フィッシュ|2,090円(税込) / 900g

アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-ミニ フィッシュ(小粒)
アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-ミディアム フィッシュ(中粒)
アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-パピーフィッシュ
アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-ミニ ホース(小粒)
アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-ミディアム ホース(中粒)
アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-ミニ ポーク(小粒)
アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-ミディアム ポーク(中粒)
アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-ミニ フィッシュ(小粒)
アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-ミディアム フィッシュ(中粒)
アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-パピーフィッシュ
アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-ミニ ホース(小粒)
アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-ミディアム ホース(中粒)
アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-ミニ ポーク(小粒)
アレルギー対策ドッグフード FORZA10 デイリーフォルツァ ローグレイン-ミディアム ポーク(中粒)

徹底した安全管理で安心感大。獣医師開発のアレルギー対策ドッグフード

デイリーフォルツァは、食材の品質や製造について6つの第三者機関から認定を受けているため、安全性に特に強いこだわりが感じられアレルギー対策フードです。

食物アレルギーや皮膚炎などの悩みがあるときは、安定した品質の餌であることも大切なので、信頼できる物を選びたいという方にもおすすめ。

デイリーフォルツァは、

  • 自社工場のため他フードの粒混入がなく安心
  • 免疫アップに役立つ朝鮮人参やザクロなどの栄養を独自のマイクロカプセル製法で添加

など、飼い主さんが安心できて、わんちゃんにとって吸収の良いフードであることを心がけています。

ただ、主原料である魚の品種が不明です。魚は季節によって獲れる種類が異なる等の理由で品種名を明記しないことも多いので問題はありませんが、魚にもアレルギーがあるわんちゃんは避けるようにしましょう。

また今回、唯一ランクインした穀物配合フードでもあるので、穀物アレルギーのある子は注意が必要です。

安全性や食材の品質

安全性:人工の酸化防止剤無添加。不明確な表記あり(魚の品種は不明)
品質:衛生基準の高い肉や海洋汚染の少ない魚を使用。食材の残留化学物質を極力除去するため、無農薬やオーガニック食品も使用

主原料や栄養バランス

主原料:魚粉(低アレルギー)
穀物:使用
アレルゲン:0
オメガ3 :0.8% (オメガ3の配合量は7/15位)
オメガ6: 2.4%
油の種類:魚油
腸内サポート:ビール酵母他2種
ポイント:炭水化物源に米を配合しているため穀物アレルギーの子は避ける方が良い。

続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)

1日あたり244円。2/14位と上位に入る。

選びやすさ(他の味の有無)

「アダルトミニ ホース」「アダルトミニ ポーク」2種類。
備考:小粒と中粒があるので、愛犬の口の大きさに合わせて、トイプードルは小粒、柴犬は中粒のように選ぶこともできる。

全原材料

【デイリーフォルツァ ローグレイン アダルトミニ フィッシュ】原材料:魚粉、エンドウ豆タンパク、米、エンドウ豆デンプン、魚油、ビール酵母、ビートパルプ、ミネラル(炭酸カルシウム、第一リン酸カルシウム、硫酸亜鉛、銅グリシンキレート)、BioMOS(乾燥酵母)、FOS(フラクトオリゴ糖)、ビタミン(E、C、B12、PP(ナイアシン)、A、パントテン酸、B2、B6、B1、葉酸)、塩化コリン、DLメチオニン、マイタケ、ユッカシジゲラ、パパイア、パイナップルの茎、ザクロ、アロエベラ、海藻(アスタキサンチン)、朝鮮人参、天然トコフェロールとローズマリー抽出物(酸化防止剤として使用)

 

Amazon
20kg / 29,480円
楽天
900g / 2,420円

6位:ナチュラルハーベスト メンテナンス スモール ターキー|3,300円(税込) / 1.59kg

アレルギー対策ドッグフード ナチュラルハーベスト メンテナンススモール【ターキー】
アレルギー対策ドッグフード ナチュラルハーベスト メンテナンス スモール 【ラム】
アレルギー対策ドッグフード ナチュラルハーベスト メンテナンス スモール 【フィッシュ】 
アレルギー対策ドッグフード ナチュラルハーベスト メンテナンススモール【ターキー】
アレルギー対策ドッグフード ナチュラルハーベスト メンテナンス スモール 【ラム】
アレルギー対策ドッグフード ナチュラルハーベスト メンテナンス スモール 【フィッシュ】 

体重管理用としても活躍する低脂肪低カロリーレシピ!脂質の摂り過ぎが原因の皮膚病対策にも

ナチュラルハーベストは、粗脂肪8.0%以上、311kcal/100gと、今回のランキングで最も低脂肪低カロリーのフードです。高脂肪のドッグフードが合わない子やアレルギー対策と同時に肥満予防に気をつけたい子におすすめ。

検証結果では、

  • 乳酸菌類を4種類配合と1位のウェルネスと同数
  • チキンエキスは加水分解したものを使用

と、消化吸収のしやすさに配慮されたフードであると分かりました。

ただ、脂質源として鶏脂肪を配合しています。鶏脂肪はチキンアレルギーのわんちゃんが食べても基本的には問題がないことが多いですが、気になる方は避けるようにしましょう。

鶏脂肪についてはQ&Aで詳しく説明しています。

安全性や食材の品質

安全性:人工の酸化防止剤・着色料・香料無添加。不明確な表記なし。
品質:主に米国、日本、ニュージーランドなどの優れた原料を使用。全ての食材の原産国を原材料表記に記載。人間への使用を禁止されている原材料は一切不使用。遺伝子組み換え作物不使用。

主原料や栄養バランス

主原料:ターキー(低アレルギー)
穀物:不使用
アレルゲン:1(鶏脂肪、加水分解チキンエキス)※鶏として1でカウント
オメガ3 :0.6% (オメガ3の配合量は8/14位タイ)
オメガ6: 2.5%
油の種類:鶏脂肪、月見草油
腸内サポート:ビール酵母他4種
ポイント:グルコサミンやタウリン、抗酸化食材なども配合しているため、足腰の悩みや目・心臓、涙やけなどのサポートにも役立つ。

続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)

1日あたり250円。4/14位と上位に入る。
備考:サイズ1.59kgのみなので、大容量希望の場合はまとめ買いがお得。

選びやすさ(他の味の有無)

「メンテナンススモール フィッシュ」「メンテナンススモール ラム」の2種類。
備考:全ての味に鶏脂肪が配合されている。

全原材料

【ナチュラルハーベスト メンテナンススモール ターキー】原材料:ターキー、ターキーミール、ポテト、タピオカスターチ、えんどう豆、ビートファイバー、鶏脂肪(ビタミンE、クエン酸で酸化対策済)、加水分解チキンエキス、亜麻仁、ビール酵母、海塩、炭酸カルシウム、塩化コリン、ブルーベリー、クランベリー、月見草油(低温圧搾)、グルコサミン塩酸塩、タウリン、コンドロイチン硫酸塩、ビタミンE、硫酸鉄、キレート亜鉛、ナイアシン、キレートマンガン、キレート銅、硝酸チアミン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、塩酸ピリドキシン、セレン酸ナトリウム、リボフラビン、ビタミンD3、ビオチン、ビタミンB12、ヨウ化カルシウム、葉酸、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、サーモフィルス菌、フェシウム菌)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

 

Amazon
1.59kg / 3,300円
楽天
1.59kg / 3,300円

7位:go! LID サーモン|4,730円(税込) / 1.59kg

アレルギー対策ドッグフード GO! LID サーモン
アレルギー対策ドッグフード GO! LID ダック
アレルギー対策ドッグフード GO! LID ラム
アレルギー対策ドッグフード GO! LID サーモン
アレルギー対策ドッグフード GO! LID ダック
アレルギー対策ドッグフード GO! LID ラム

アレルギー対策しやすい成分限定フード!カロリーを多く必要とする運動量の多い中型犬以上に最適

go!は、カロリーが408kcal/100gと検証フードの中で最も高いため、活発で運動量の多い子や、食が細く少量でも栄養を補給できる食事を探している方におすすめです。

食物アレルギー対応として販売しているため、原材料を制限しているほか、

  • カナダ食品検査庁基準での高品質な生肉や鮮魚を厳選
  • グレインフリー、ポテトフリー
  • ローテーションの際に移行期間が少なく済むよう考えられたレシピラインアップ
    ※go! の同シリーズの場合。ただしデリケートな子は徐々に移行するようにしましょう。

なども魅力的です。しかし、乳酸菌類は配合されていないので、消化や免疫のサポート力が高いフードではないでしょう。

安全性や食材の品質

安全性:人工香料や着色料や酸化防止剤は無添加。不明確な表記なし。
品質:CFIA(カナダ食品検査庁)基準で人間用食材に合格したものを使用。抗生物質や成長ホルモン使用の肉は不使用。

主原料や栄養バランス

主原料:サーモン生肉(低アレルギー)
穀物:不使用
アレルゲン:0
オメガ3 :0.9% (オメガ3の配合量は6/14位タイ)
オメガ6: 1.5%
油の種類:キャノーラ油、ココナッツ油
腸内サポート:なし
ポイント:皮膚に良い効果が期待されるココナッツ油を使用している。

続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)

1日あたり273円。7/14位タイと中間順位に位置する。
備考:お試しサイズ(100g)は385円で購入可能。

選びやすさ(他の味の有無)

「LIDダック」「LIDラム」の2種。
備考:粒が約12mmと大きいので、食べにくいときは愛犬の口の大きさに合わせて、切る・砕くなどの対策が必要。

全原材料

【go! LID サーモン】原材料:サーモン生肉、サーモンミール、タピオカ、エンドウ豆、レンズ豆、ヒヨコ豆、エンドウ豆粉、キャノーラ油、ココナッツ油、ナチュラルフレーバー(フィッシュ由来)、乾燥チコリ根、乾燥ローズマリー、炭酸カルシウム、リン酸二カルシウム、塩化ナトリウム、塩化コリン、塩化カリウム、ビタミン類(ビタミンAサプリメント、ビタミンD3サプリメント、ビタミンEサプリメント、ナイアシン、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、d-パントテン酸カルシウム、硝酸チアミン、β-カロテン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12サプリメント)、ミネラル類(タンパク質キレート亜鉛、タンパク質キレート鉄、タンパク質キレート銅、酸化亜鉛、タンパク質キレートマンガン、硫酸銅、硫酸第一鉄、ヨウ素酸カルシウム、酸化マンガン、セレン酵母)、タウリン、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

 

Amazon
1.59g / 4,730円
楽天
1.59g / 4,730円

8位:オソピュア サーモン&ガルバンゾー|2,530円(税込) / 1kg

アレルギー対策ドッグフード オソピュアグレインフリー サーモン&ガルバンゾー
アレルギー対策ドッグフード オソピュアグレインフリー ダック&ガルバンゾー
アレルギー対策ドッグフード オソピュアグレインフリー サーモン&ガルバンゾー
アレルギー対策ドッグフード オソピュアグレインフリー ダック&ガルバンゾー

低GI食材を豊富に配合!体型維持や肥満予防におすすめのアレルギー対策ドッグフード

オソピュアは、新鮮なサーモンとガルバンゾー豆(ひよこ豆)やえんどう豆など豆類を豊富に配合しているフードです。

豆類は、食後の血糖値の上昇がゆっくりである低GI食品のひとつなので、腹持ちが良く、肥満予防を心がけたいわんちゃんには特におすすめの食材。

フード自体の粗繊維質も5.5%以下と高めなので、食いしん坊の子でも満足感を得やすいといえます。

検証では、

  • 犬の腸に多く存在する乳酸菌等を複数配合
  • 皮膚炎に役立つココナッツオイル配合

と、単一タンパク質である以外にもアレルギー対策に役立つポイントが複数見られました。

しかし、天然の香料としてチキンスープを配合しています。チキンアレルギーのわんちゃんは注意しましょう。

安全性や食材の品質

安全性:化学物質、人工の酸化防止剤、着色料、香料無添加。不明確な表記なし。
品質:USDA(米国農務省)の基準でヒューマングレードの食材を選定。複数のアメリカ政府機関が品質管理に参加。

主原料や栄養バランス

主原料:フレッシュサーモン(低アレルギー)
穀物:不使用
アレルゲン:0
オメガ3 :0.4% (オメガ3の配合量は10/14位タイ)
オメガ6: 2.4%
油の種類:ヒマワリオイル、ココナッツオイル
腸内サポート:ラクトバチルスアシドフィルス他2種
ポイント:脂質がやや高めなので、食いつきの良さも期待できる。

続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)

1日あたり263円。6/14位と上位の部類に入る。

選びやすさ(他の味の有無)

「ダック&ガルバンゾー」1種。単一タンパク質ではないが、穀物不使用のウェットフードも販売されている。

全原材料

【サーモン&ガルバンゾー】原材料:フレッシュサーモン・ドライサーモン・ガルバンゾー豆(ひよこ豆)・えんどう豆・ヒラマメ・えんどう豆粉・ヒマワリオイル・トマト搾り粕(リコピン)・フラックスシード・チキンスープ(天然風味料)・塩・塩化コリン・乾燥チコリ根・ユッカシジゲラエキス・パンプキン・ココナッツオイル・ラクトバチルスアシドフィルス・ビフィドバクテリウムアニマリス・ラクトバチルスロイテリ・ビタミンE・キレート鉄・キレート亜鉛・キレート銅・硫酸第一鉄・硫酸亜鉛・硫酸銅・ヨウ化カリウム・チアミン硝酸塩(ビタミンB1)・キレートマンガン・酸化マンガン・アスコルビン酸・ビタミンA・ビオチン・ナイアシン・パントテン酸カルシウム・硫酸マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・リボフラビン(ビタミンB2)・ビタミンD・葉酸

 

Amazon
1kg / 2,530円
楽天
1kg / 2,530円

9位:ナチュラルバランス スウィートポテト&ベニソン|2,530円(税込) / 1kg

アレルギー対策ドッグフード ナチュラルバランス ウルトラプレミアム スウィートポテト&ベニソンフォーミュラ
アレルギー対策ドッグフード ナチュラルバランス ウルトラプレミアム ポテト&ダックフォーミュラ
アレルギー対策ドッグフード ナチュラルバランス スウィートポテト&フィッシュ 小粒
アレルギー対策ドッグフード ナチュラルバランス スウィートポテト&バイソン
アレルギー対策ドッグフード ナチュラルバランス ウルトラプレミアム スウィートポテト&ベニソンフォーミュラ
アレルギー対策ドッグフード ナチュラルバランス ウルトラプレミアム ポテト&ダックフォーミュラ
アレルギー対策ドッグフード ナチュラルバランス スウィートポテト&フィッシュ 小粒
アレルギー対策ドッグフード ナチュラルバランス スウィートポテト&バイソン

食物アレルギーに特化した低タンパクフード。動物性原料全てにアレルギーのある子にも対応

ナチュラルバランスは、食物アレルギー対応として考案された成分限定食を特に多く販売しているため、愛犬のアレルゲンや好みに合わせて選びやすいフードです。

今回の検証では、

  • 配合食材数が6種類と最も少なくシンプル
  • ダック、サーモン、ベニソン、バイソン、ベジタリアン(肉・魚どちらにもアレルギーがある子用)から味を選べる
    ※天然香料等含む添加物以外の食材数をカウント

この2点が特に優れていました。しかし、天然由来とはいえ詳細不明な「自然風味」という香料を配合していることや、腸内サポート成分の配合がないことなどから、順位は8位どまりとなりました。

安全性や食材の品質

安全性:人工保存料や酸化防止剤、着色料、香料無添加。不明確な表記あり(自然風味)
品質:米国肉類検査サービスで管理された安全で上質な肉を使用。その他の食材は米国農務省で承認されたもののみを使用。遺伝子組み換え作物不使用。

主原料や栄養バランス

主原料:新鮮なスウィートポテト、新鮮な鹿肉(低アレルギー、珍しい肉)
穀物:不使用
アレルゲン:0
オメガ3 :0.5% (オメガ3の配合量は9/14位タイ)
オメガ6: 2%
油の種類:キャノーラオイル
腸内サポート:なし
ポイント:主原料が肉ではないが、可消化エネルギー率 は92%と高い。私の実体験では毛並みの良さを維持できた。

続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)

1日あたり293円。8/14位と中間順位に位置する。
備考:味によって価格が異なるため、コスパが気になるときは「ダック」や「フィッシュ」がおすすめ。

選びやすさ(他の味の有無)

「ポテト&ダック」「スウィートポテト&フィッシュ」「スウィートポテト&バイソン」「ベジタリアン」の4種。
備考:「ダック」「フィッシュ」には小粒タイプもある。

全原材料

【スウィートポテト&ベニソン】原材料:新鮮なスウィートポテト、新鮮な鹿肉、ポテトプロテイン、キャノーラオイル(天然混合トコフェロールで酸化防止)、ポテトファイバー、フラックスシード、自然風味、塩化コリン、天然混合トコフェロール、タウリン、ビタミンE,鉄蛋白、亜鉛蛋白、銅蛋白、硫酸鉄、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ化カリウム、一硝酸チアミン(ビタミンB1)、マンガン蛋白、酸化マンガン、アスコルビン酸、ビタミンA、ビオチン、D-カルシウムパントテン酸塩、硫酸マンガン、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ビタミンB12・リボフラビン(ビタミンB2)・ビタミンD3・葉酸(ビタミンB)

 

Amazon
1kg / 2,530円
楽天
1kg / 2,530円

10位:アランズ|5,038円(税込) / 2kg

アランズナチュラルドッグフード ラム

ラムにアレルギーがない子は注目!良質な油がわんちゃんの健やかな毎日をサポート

アランズは、大自然の中で育った良質なラム生肉を主原料としたグレインフリーのドッグフードです。

ラム肉はアレルゲンとなりやすい食材※(1)のひとつとされることもあるため、これまでラム肉を食べてこなかったわんちゃんやラムがアレルゲンではないと特定できている子に特におすすめです。

検証では、

  • オメガ3の配合量が1.31%とランキングではトップ2
  • 配合している油の種類にもこだわりが感じられる

など、皮膚病と関係の深い油への加点が特徴的でした。ただ、原材料表記に「野菜類」とアバウトな表記があることが気になります。

メーカーの海外サイトを確認したところ、野菜類の詳細は「シナモン、ユッカ、クランベリー、リンゴ、ニンジン、カモミール」であると分かりましたが、アレルゲンチェックのしやすさという点ではマイナスでしょう。

安全性や食材の品質

安全性:犬にとって不要な原材料や化学成分は使用しない。不明確な表記あり(野菜類)
品質:ヒューマングレードの食品工場から仕入れた肉を使用。乾燥原材料等は、ペットフード用に生産されたものを使用。

主原料や栄養バランス

主原料:ラム
穀物:不使用
アレルゲン:1(ラム)
オメガ3 :1.31% (オメガ3の配合量は3/14位)
オメガ6: 1.47%
油の種類:ラムオイル
腸内サポート:ビール酵母
ポイント:繊維質が高いので満腹感やスッキリのサポートが期待できる。

続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)

1日あたり257円。5/14位上位の部類に入る。
備考:定期購入で注文すると最大で20%オフで購入できる。

選びやすさ(他の味の有無)

なし。
備考:海外では他の味も販売されている。

全原材料

【アランズ】原材料:ラム40%(生ラム肉25%、乾燥ラム肉10%、ラムオイル4%、ラムグレイビー1%)、サツマイモ、レンズ豆、そら豆、ひよこ豆、野菜類、亜麻仁、エンドウ豆繊維、ビール酵母

【通常】5,038円 ▶︎【初回】2,519円
\現在、初回半額キャンペーン中!/公式サイトを見る

11位:リガロ ターキーレシピ|2,684円(税込) / 900g

アレルギー対策ドッグフード RIGALO ハイプロテインレシピ ターキー 子犬・成犬用
アレルギー対策ドッグフード リガロ ハイプロテイン ラム
アレルギー対策ドッグフード リガロ ハイプロテイン ホワイトフィッシュ
アレルギー対策ドッグフード RIGALO ハイプロテインレシピ ターキー 子犬・成犬用
アレルギー対策ドッグフード リガロ ハイプロテイン ラム
アレルギー対策ドッグフード リガロ ハイプロテイン ホワイトフィッシュ

タンパク質量・腸内サポート数はトップ!食いつきやお腹トラブルが気になる方に

リガロは、今回検証した中で最も高タンパク質なフードなので、アレルギー対策ドッグフードを食べないとお悩みの方に特におすすめです。

また検証では、

  • 腸内サポート成分が、7種類と配合数No.1
  • 良質な生肉を高配合

と、消化のしやすさも考えられたレシピなので、お腹のトラブルが多い子のサポートにも向いています。

ただ気になる点は、天然フレーバーという天然の香料の配合です。人工香料でないとはいえ、何由来のフレーバーか分からないため、気になる方は避けるようにしましょう。

安全性や食材の品質

安全性:人工添加物無添加。不明確な表記あり(天然フレーバー)
品質:新鮮で良質な肉(主にアメリカ産)を使用。中国産原料は不使用。

主原料や栄養バランス

主原料:ターキー生肉(低アレルギー)
穀物:不使用
アレルゲン:0
オメガ3 :0.2% (オメガ3の配合量は14/15位)
オメガ6: 1.6%
油の種類:ヒマワリ油、サーモンオイル
腸内サポート:イースト菌他6種
ポイント:目や心臓の健康に役立つタウリンを配合しているため、小型犬に特におすすめ。

続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)

1日あたり319円。9/14位と中間順位に位置する。※2022年9月に価格改定あり。記載の価格は改定後のもの。

選びやすさ

「ホワイトフィッシュレシピ」の1種類。「ラムレシピ」もあるが単一タンパク質ではない。
備考:「ターキー」「ラム」には、7歳以上からの老犬用も販売されているため、年齢が上がってから気になりだした皮膚トラブルにも対応しやすい。

全原材料

【ターキーレシピ】原材料:ターキー生肉、乾燥ターキー、赤レンズ豆、乾燥ヒヨコ豆、エンドウ豆プロテイン、乾燥エンドウ豆、ジャガイモプロテイン、ヒマワリ油*、乾燥ジャガイモ、天然フレーバー、乾燥トマト繊維、乾燥サツマイモ、乾燥ビール酵母、挽き割りフラックスシード、サーモンオイル*、タウリン、乾燥チコリ根(イヌリン、フラクトオリゴ糖源)、乳酸、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、ユッカフォーム抽出物、セレニウム酵母、ミネラル類(リン酸一水素カルシウム、食塩、亜鉛、鉄、銅、コバルト、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム、塩化カリウム)、ビタミン類(ビタミンE補助食品、ナイアシン補助食品、ビタミンB1硝酸塩、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、リボフラビン補助食品、ビタミンA補助食品、ビタミンD3補助食品、ビオチン、ビタミンB12補助食品、葉酸、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、塩化コリン)、プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、黒麹菌、糸状菌、枯草菌)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
*ミックストコフェロールで保存

 

Amazon
900g / 2,684円
楽天
900g / 2,684円

12位:ハッピードッグ ミニ モンタナ|1,513円(税込) / 300g

アレルギー対策ドッグフード HAPPY DOG ミニ センシブル(小型犬) ミニ モンタナ
アレルギー対策ドッグフード HAPPY DOG ミニ センシブル(小型犬) ミニ ニュージーランド
アレルギー対策ドッグフード HAPPY DOG ミニ センシブル(小型犬) ミニ ピエモンテ
アレルギー対策ドッグフード HAPPY DOG ミニ センシブル(小型犬) ミニ アフリカ
アレルギー対策ドッグフード ハッピードッグ ミニ フランス
アレルギー対策ドッグフード HAPPY DOG ミニ センシブル(小型犬) ミニ モンタナ
アレルギー対策ドッグフード HAPPY DOG ミニ センシブル(小型犬) ミニ ニュージーランド
アレルギー対策ドッグフード HAPPY DOG ミニ センシブル(小型犬) ミニ ピエモンテ
アレルギー対策ドッグフード HAPPY DOG ミニ センシブル(小型犬) ミニ アフリカ
アレルギー対策ドッグフード ハッピードッグ ミニ フランス

食べられないお肉が多い子におすすめ!やや珍しい馬肉を使ったアレルギー対策ドッグフード

ハッピードッグは、総合栄養食には比較的珍しい馬肉をタンパク源としたドッグフードのため、鶏・ラム・牛など肉類のアレルギーが多い子にもおすすめしやすいフードです。

また、敏感なわんちゃんのための配慮として、

  • 主原料は肉類ではなくポテト
  • 食材の配合数は10以下

というアレルギー対策のしやすい仕様です。ただ、原材料に「加水分解レバー」の記載がありますが、由来となる肉が不明確です。

加水分解しているためアレルゲンとなる可能性はほぼないですが、全ての食材を分かりやすく表記しているもののほうが安心できますね。

安全性や食材の品質

安全性:化学合成の酸化防止剤や保存料、香料、着色料は無添加。不明確な表記あり(加水分解レバー)
品質:厳しいドイツの食品基準をクリアしたヒューマングレードの食材。バイエルン州の契約農家を中心に調達。遺伝子組み換え作物不使用。

主原料や栄養バランス

主原料:ポテト、ホースプロテイン(低アレルギー、珍しい肉)
穀物:不使用
アレルゲン:0
オメガ3 :0.6% (オメガ3の配合量は7/14位タイ)
オメガ6: 5%
油の種類:ひまわり油
腸内サポート:イースト抽出物
ポイント:繊維質が2.5%と低めにつくられているため、お腹を壊しやすい子のサポートはしづらい。

続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)

1日あたり565円。14/14位と最高値。
備考:1日あたりの金額算出の際、各フードの最小容量で計算していることも影響しているが、1kgあたりの値段(3,207円(税込))を見ても安価なフードとは言えない。

選びやすさ(他の味の有無)

「ミニニュージーランド」「ミニピエモンテ」「ミニアフリカ」「ミニフランス」※単一タンパク質のみ紹介
備考:シリーズ別に商品数が多く、商品名も食材を連想しにくいことから選びやすいとは言えない。

全原材料

【ミニ モンタナ】原材料:ポテト*、ホースプロテイン(17.5%)*、ポテトプロテイン*、ひまわり油、ビートファイバー*、加水分解レバー、菜種油、アップルポマス*(1.3%)、塩化ナトリウム、イースト抽出物*、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、葉酸)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、その他栄養素(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)(*乾燥)


公式サイト
300g / 1,513円

13位:アディクション ワイルドカンガルー&アップル|1,980円(税込) / 600g

アレルギー対策ドッグフード アディクション ワイルドカンガルー&アップル
アレルギー対策ドッグフード アディクション ビ・バラ・ベニソン
アレルギー対策ドッグフード アディクション サーモンブルー 
アレルギー対策ドッグフード アディクション ル・ラム
アレルギー対策ドッグフード アディクション ワイルドカンガルー&アップル
アレルギー対策ドッグフード アディクション ビ・バラ・ベニソン
アレルギー対策ドッグフード アディクション サーモンブルー 
アレルギー対策ドッグフード アディクション ル・ラム

食材の品質や安全性にこだわりたいならこれ!やや高価だが耳の汚れがよくなったという声も

アディクションは、食品の安全性の高さが世界トップクラスのニュージーランド産。また珍しいタンパク質であるカンガルーの生肉を主原料としているため、アレルギー発症のリスクが特に低いといえるドッグフードです。

残念ながら、オメガの数値の公表がなかったため加点が少なく12位という結果になりましたが、

  • 炭水化物源もグリーンピースと比較的珍しい食材を使用
  • 私の実体験や知人の感想では、外耳炎の状態に良い変化があった

と、与えたことがある人からの評価は高いフードです。しかし天然香料が配合されているので、気にならない方におすすめです。

安全性や食材の品質

安全性:人工保存料・香料・着色料等や副産物は使用しない。不明確な表記あり(天然フレーバー)
品質:ニュージーランド産の新鮮で最高品質の物のみを使用。

主原料や栄養バランス

主原料:カンガルー生肉(低アレルギー、珍しい肉)
穀物:不使用
アレルゲン:0
オメガ3 :記載なし
オメガ6: 記載なし
油の種類:ココナッツオイル
腸内サポート:醸造用酵母
ポイント:繊維質が高めなのでお腹のトラブルが多い子にも向いている。

続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)

1日あたり381円。11/14位コスパの良さは14商品中11位と順位がやや低い。
備考:味によって価格が異なるので、コスパが気になる場合は単一タンパク質ではないが「サーモン」や「ラム」がおすすめ。

選びやすさ(他の味の有無)

「ビ・バラ・ベニソン」。1種類。複数タンパクの「サーモンブルー」や「ル・ラム」も比較的アレルギー対策がしやすいレシピ。

全原材料

【ワイルドカンガルー&アップル】原材料:カンガルー生肉、ドライカンガルー肉、グリーンピース、タピオカ、ココナッツオイル、フラックスシード、アップル、醸造用酵母、エンドウ豆タンパク、天然フレーバー、イエローピース、ビネガー、シーソルト、塩化カリウム、硫酸マグネシウム、塩化コリン、タウリン、DL-メチオニン、炭酸カルシウム、亜鉛アミノ酸複合体、鉄アミノ酸複合体、ビタミンE、ナイアシン、銅アミノ酸複合体、d-パトテン酸カルシウム、マンガンアミノ酸複合体、亜セレン酸ナトリウム、リボフラビン、硝酸チアミン、ビタミンB12、ビタミンA、塩酸ピリドキシン、硫酸コバルト、ヨウ素酸カルシウム、葉酸、ビタミンD3、ローズマリーエキス、緑茶エキス、スペアミントエキス、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

 

Amazon
1.8kg / 5,390円
楽天
600g / 1,669円

14位:エッセンシャルドッグフード|5,038円(税込) / 1.8kg

アレルギー対策ドッグフード エッセンシャルドッグフード

獣肉アレルギーの子や良質な油を求める方に特におすすめのお魚ドッグフード

エッセンシャルドッグフードは、今回の検証でオメガ3の配合量が4%とずば抜けて多く、積極的にオメガ3を与えたいという方には最適なアレルギー対策ドッグフードです。

オメガ3は多ければ多いほうがアレルギー症状の緩和に役立つというわけではありませんが、愛犬に合えば健康的で艷やかな容姿が目指せるでしょう。

その他の特徴として、

  • 配合食材は多いがタンパク質を魚に限定
  • 栄養添加物も極力使用していない

という点も評価できます。良い油を多く含むぶん開封後の酸化には特に気をつけなければならないので、飼い主さんは保存管理に注意しましょう。

安全性や食材の品質

安全性:犬にとって不要な原材料や化学成分は不使用。
品質:ヒューマングレードの食品工場から仕入れた肉を使用。乾燥原材料等は、ペットフード用に生産されたものを使用。

主原料や栄養バランス

主原料:生サーモン・トラウト(低アレルギー、複数タンパク)
穀物:不使用
アレルゲン:1(卵)
オメガ3 :4% (オメガ3の配合量は1/14位)
オメガ6: 1%
油の種類:サーモンオイル
腸内サポート:マンナンオリゴ糖他1種
ポイント:ふしぶしに良い成分を複数配合しているので、トイプードルやマルチーズ、パピヨンといった活発で華奢な犬種にもおすすめ。

続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)

1日あたり273円。7/14位中間順位に位置する。

選びやすさ(他の味の有無)

他の味はなし。
備考:栄養添加物が比較的少ないため原材料表記は見やすく、アレルゲンチェックはしやすい。

全原材料

【エッセンシャルドッグフード】原材料:生サーモン・トラウト、サツマイモ、乾燥ニシン、エンドウ豆、乾燥サーモン、卵、生ニシン・白身魚、サーモンオイル、亜麻仁、アルファルファ、サーモンスープ、ジャガイモ、エンドウ豆繊維、ビタミン類(A、D3、E)、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、グルコサミン、コンドロイチン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、クランベリー、アサイー、ブルーベリー、マルベリー、リンゴ、トマト、オレンジ、梨、ニンジン、ホウレンソウ、カリフラワー、海藻、マリーゴールド、朝鮮ニンジン、緑茶、ショウガ

 

公式サイト
1.8kg / 5,038円

15位:アカナ ヨークシャーポーク|8,580円(税込) / 2kg

アレルギー対策ドッグフード アカナ ヨークシャポーク
アレルギー対策ドッグフード アカナ グラスフェッドラム
アレルギー対策ドッグフード アカナ フリーランダック
アレルギー対策ドッグフード パシフィックピルチャードアカナ 
アレルギー対策ドッグフード アカナ ヨークシャポーク
アレルギー対策ドッグフード アカナ グラスフェッドラム
アレルギー対策ドッグフード アカナ フリーランダック
アレルギー対策ドッグフード パシフィックピルチャードアカナ 

 

高脂肪で食いつき期待度高め!人気のアカナで子犬〜老犬までアレルギー対策

アカナ ヨークシャーポークは、肉類高配合で人気のアカナらしいレシピ設計はそのままに、タンパク質を豚肉のみに絞っているため、「アレルギー対策はしたいけど、栄養豊富な内臓類も与えたい」「食いつきが良いフードが欲しい」という方に特におすすめです。

また、以下のような特徴から子犬のアレルギー対策にも向いています。

  • 今回最も高脂肪のフード
  • 軟骨の配合やカルシウムの数値が適度

ただ、粒が大きいのでそのままだと食べにくい場合は、口の大きさに合わせて小さくしてあげましょう。

安全性や食材の品質

安全性:健康に不要な添加物なし。不明確な表記なし。人工の酸化防止剤不使用。
品質:地元カナダで新鮮な食材を調達し、自社工場で製造。原材料の産地や生産者の情報も開示。

アカナの主原料や栄養バランス

主原料:新鮮ヨークシャー種豚肉(低アレルギー)
穀物:不使用
アレルゲン:0
オメガ3 :0.9% (オメガ3の配合量は6/14位タイ)
オメガ6: 2.6%
油の種類:豚脂肪
腸内サポート:エンテロコッカス・フェシウム菌
ポイント:クランベリーやブルーベリーなどの抗酸化食材を配合しているため、皮膚トラブルや涙やけなど様々な健康維持に役立つ。

続けやすさ(1日あたりの金額から見るコスパ)

1日あたり413円。12/14位と順位が低い。

選びやすさ(他の味の有無)

シングルシリーズ「グラスフェッドラム」「フリーランダック」「ヨークシャーポーク」「パシフィックピルチャード」の5種類。
備考:全て取り扱いのある店舗は市販・通販含め少ない。

全原材料

【ヨークシャーポーク】原材料:新鮮ヨークシャー種豚肉16%、豚肉ミール16%、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、新鮮豚レバー6%、豚脂肪6%、新鮮豚腎臓4%、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ4%、丸ごとヒヨコ豆、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとイエローピース、乾燥豚軟骨2%、レンズ豆繊維、海藻1.2%(環境に考慮した方法で採取され、不純物なしのDHAとEPA源)、新鮮丸ごとカボチャ、乾燥ブラウンケルプ、フリーズドライ豚レバー0.1%、塩、新鮮丸ごとクランベリー、新鮮丸ごとブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ、添加栄養素(1kg中):天然濃厚トコフェロール:ビタミンD3:500IU、:ビタミンE:100IU、アミノ酸水和物亜鉛キレート:100mg、アミノ酸水和物銅キレート:10mg、添加腸球菌:エンテロコッカス・フェシウム菌NCIMB10415:600×10^6 CFU

公式サイト
2kg / 8,580円

愛犬に合いそうなフードは見つかりましたか?

今回は、低アレルギーのタンパク質を配合したフードを多く紹介しましたが、「愛犬のアレルゲンが穀類のみなので、定番のチキン味や複数の肉が入ったフードも見たい」という方には、以下の記事もおすすめです。

グレインフリー ドッグフードおすすめランキング
【獣医師監修】グレインフリードッグフードおすすめ人気11選|穀物アレルギーでも安心できるフードは?

また、「アレルギーもあるしご飯の食いつきも良くない」とお悩みの飼い主さんには、この後登場する手作りやフリーズドライのフードをぜひチェックしてください。

犬の食物アレルギー・皮膚病対策おすすめランキング【手作りドッグフード4選】

愛犬が喜ぶ!食いつきがいいドッグフードおすすめ人気16選|缶,手作り,レトルト41商品検証!

手作りドッグフードは、人間の食事のように食材が目に見えて分かるものが多く、素材そのものの味わいで嗜好性も高い食事です。

ドライフードではアレルゲンを避けきれない犬や、食いつきが悪い犬、安心できるご飯を与えたい飼い主さんのアレルギー対策におすすめです。

■INUNAVIおすすめの手作りドッグフード
※スクロールしてご覧ください。

画像
名前 ココグルメ ペトコトフーズ HITOWAN 犬用手作りごはん
税込参考価格 価格:5,990円
容量:1600g
初回お試し価格:980円

価格:6,156円
容量:1800g
定期初回:30%オフ

価格:1,960円
容量:360g
価格:8,008円
容量:150g×10
初回お試し:1,346円/150g
主原料
ラインナップ
チキン、ポーク、
フィッシュ、ジビエ
ビーフ、チキン、
ポーク、フィッシュ
鶏肉、鹿肉、
鯖、鱈、馬
チキン、ポーク、
フィッシュ
穀物 不使用 一部の味で使用 不使用 不使用
特徴 グレインフリーでやや脂質が
高め。特にグルメな子や少食
の子におすすめ。
グルテンフリーなので
穀物アレルギーの無い犬に。
嗜好性抜群のビーフも採用。
低アレルギーの食材を多く使用。
シニア用や低脂質タイプも。
食材が特に細かく老犬や
口内トラブルのある犬でも
比較的食べやすい。
詳細を見る 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

上記の手作りフードはどれも、国産食材をメインに使用している栄養バランスに優れたドッグフードです。

手作りフードに興味はあるけれど、「忙しい」「栄養バランスが気になる」という方でも安心して与えられます。

なお、飼い主さんご自身でフードを手作りする場合は、必ず獣医師や専門家によるレシピを参考にし、適切な加熱・加工・保存を行いましょう。

アレルギーや皮膚病の対策には、愛犬のアレルゲンを避けるだけではなく、健康に必要な栄養素を摂取して免疫力を維持することも重要なので、栄養バランスが摂れているかどうか定期的に血液検査を行うことをおすすめします。

犬の食物アレルギー・皮膚病対策おすすめランキング【フリーズドライフード5選】

フリーズドライドッグフードは、高温で加熱調理をせず、素材の栄養素や風味を残したまま急速に乾燥させたフードです。

水を加えると出来立ての状態のフードを与えられるので嗜好性が高く、また消化性の高さはドライフードに勝るというデータがある参考(3)ため、アレルギーや皮膚病対策向きのフードとして注目されています。

多くの犬におすすめできますが、お腹が弱い犬や、少食な犬、価格よりも健康効果や品質を重視したい飼い主さんのアレルギー対策特におすすめです。

■INUNAVIおすすめのフリーズドライドッグフード
※スクロールしてご覧ください。

画像
モグキューブのパッケージ公式サイト
名前 グーディッシュ モグキューブ K9ナチュラル woof KAIMATA
税込参考価格 通常価格:14,300円
定期価格:12,870円
容量:個包装30袋入り(390g)
初回お試し4袋入:2,420円
価格:5,852円
容量:425g
定期最大20%オフ
価格:6,107円
容量:500g
価格:6,380円
容量:320g
価格:12,936円
容量:400g
主原料
ラインナップ
肉類(鶏、鹿、馬)
魚(ホキ、シロサケ)
ラム ラム、ビーフ、チキン、
ホキ&ビーフ、
ラム&キングサーモン
チキン、ラム、ゴート、
ベニソン、ビーフ、
ブラッシュテイル
ベニソン、ラビット、
サーモン、ラム、ビーフ、
フィッシュ、チキン
穀物 不使用 不使用 不使用 不使用 不使用
特徴 ファンケルが作った国産フリー
ズドライ。健康へのアプローチ
が裏付けされたフード。
小型犬におすすめ
関節サポート成分も複数配合。
活発な犬や中・大型犬にも。
味・容量の種類が豊富なの
で少量から試したい方に最適。
ずば抜けて高カロリー
のため少食犬や運動犬の
栄養補給にも。
低アレルギー食材が
特に豊富。
詳細を見る 公式サイト 公式サイト Amazon Amazon 楽天

犬の食物アレルギー・皮膚病対策おすすめランキング【ウェットフード5選】

ウェットフードの前で伏せる犬ウェットフードは、水分含有量が高く、パテのような食感のものから、ムース・ジュレなど様々なタイプが選べる嗜好性の高いフードです。

手作りフードやフリーズドライと比較して販売されている商品が多いため、価格帯も家計に合うものを選びやすいという特徴もあります。

食べ飽きしやすい犬、口内トラブルを抱えた犬、積極的に水分を摂らせたい方に特におすすめのアレルギー対策フードです。

■INUNAVIおすすめのウェットフード
※スクロールしてご覧ください。

画像 イートデリ メイングルメ2アジ
ナウフレッシュ テトラパックAmazon
名前 イートデリ カナガンウェット ナウフレッシュ
テトラパック
プレイアーデン
税込参考価格 通常価格:638円
容量:160g
初回限定:980円
容量:レトルト5種類
+ドライ(限定セット)
価格:3,520円
容量:400g×3
定期購入最大20%オフ
価格:1,430円
容量:354g
価格:748円
容量:200g
主原料
ラインナップ
魚肉(アジ、タラ) チキン ターキー、ポーク チキン、牛、七面鳥、豚
穀物 使用 不使用 不使用 一部の味で使用
特徴 日本近海で水揚げされた魚に、
栄養豊富な雑穀を配合した和食
風レトルト。獣肉アレルギーに
おすすめ。
嗜好性の高いチキン生肉を
配合したグレインフリー。
家禽類以外のアレルギー対策に。
食材がころっと入った
とろとろのシチュータイプ。
スタッフ犬食いつき評価◎
安全性の高いオーガニック。
全て単一タンパク源で選び
やすい。小型犬におすすめ
の内容量。
詳細を見る 公式サイト 公式サイト Amazon Amazon

また、今回ドライフードランキングで紹介している「アーテミスオソピュア」「ナチュラルバランス」なども、低アレルギーのウェットフードを販売しています。

犬の食物アレルギーの症状や特徴|他の皮膚病との違いは?

アレルギーの犬犬の食物アレルギーの主な症状は、皮膚の痒みです。痒みは体の両側に現れることが多いとされています。

食後数時間以内に症状が強く出る傾向あありますが、2~3日かけて症状が出る場合もあります。

また、皮膚のかゆみの他に、赤み・脱毛・外耳炎・嘔吐・下痢・便の回数が1日4回以上に増える、などが見られることも。

アトピー性皮膚炎を併発していることもあるため、食物アレルギーを疑うような症状があるときは、まず一度動物病院へ行きましょう。

食物アレルギーの対策をしても、
「なかなか皮膚の痒みが治まらない」
「ずっと下痢気味」
といったお悩みが、実は“皮膚の感染症や栄養バランスが見合っていない”ことで引き起こされていた、という子にたまに出会います。

せっかくいろいろ調べてがんばっていたのに、とてももったいないですね。

また本当に重度のアレルギーの場合、そのフードのためだけの製造工場をもつメーカーを選んだり、手作りする際には専用の調理器具を用意するなど、徹底的な対策が必要になります。

愛犬が快適に過ごせるよう、ぜひかかりつけの獣医師に相談してみてください。

食物アレルギーの詳しい症状や検査、動物病院での診断・治療などを詳しく知りたい方は、以下の記事がおすすめです。

犬のアレルギー(食物・アトピー・ノミ)原因・対策を徹底解説【皮膚科医取材】

食物アレルギーや皮膚病にかかりやすい犬種は?

パグとフレンチフルドッグ 食物アレルギーや皮膚病にかかりやすい犬種

食物アレルギーや皮膚病は、多くのわんちゃんがかかることのある病気です。しかし発症原因には遺伝も関係するため、以下のような犬種は特に注意しましょう。

■食物アレルギーに気をつけたい犬種
ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ジャーマン・シェパード・ドッグ、ラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバーなど

■アトピー性皮膚炎に気をつけたい犬種
ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ゴールデン・レトリバー、柴犬、フレンチ・ブルドッグ、パグ、ボストン・テリア、ミニチュア・シュナウザー、ヨークシャー・テリア、ラブラドール・レトリバーなど

また上記の他に、ノミに刺されたことで起こるノミアレルギー性皮膚炎があり、これは全てのわんちゃんが気をつけたい皮膚病です。

ノミやダニが活発な時期や、自然の多い場所へ外出する際は、お手入れやケアをしっかり行い愛犬を守りましょう。

愛犬の食べ物のアレルゲンを特定する方法は?

タンパク質愛犬のアレルゲンを特定するには、動物病院で獣医師の指導のもと除去食試験や食物負荷試験などを行う必要があります。

■除去食試験
…症状がある時に主に与えていた食事と内容が大きく異なる食事を一定期間与えて、症状の変化を確認する検査。試験終了時に痒みが軽減した場合は、食物負荷試験に進み食物アレルギーの診断を行う。
費用:フードにより異なる 期間:約2ヶ月間

■食物負荷試験
… 以前食べていたフードや食材を与えて、症状が再び現れるかを確認する検査。食物アレルギーの診断の他、今後与えていく食材の選定にも使える。
費用:食材により異なる 期間:1食材/フードにつき1〜2週間

また、上記の補助的な検査として、抗原特異的血清IgE値測定、リンパ球反応検査、パッチテストなどの血液検査を行うこともあります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

犬のアレルギー(食物・アトピー・ノミ)原因・対策を徹底解説【皮膚科医取材】

犬の皮膚病・食物アレルギーに関するQ&A

犬 質問ここからは、犬の皮膚病や食物アレルギーに関するよくある質問にお答えしていきます。

質問内容一覧

    アレルギー対策ドッグフードの与え方は?

    ドッグフード

    今与えているフードに1日1割程度混ぜながら、徐々にアレルギー対策フードに切り替え、適正な給餌量を与えましょう。

    ただし、アレルギー症状が酷い場合は、一度に切り替えるほうが良いこともあるため、かかりつけの獣医師に相談してください。

    また、愛犬に合うアレルギー対策フードをいくつか用意し、1〜3ヶ月ごとにローテーションして与えるのもおすすめです。

    ちなみに、人のアレルギーのデータでは、口から取り入れた食べ物に対する抗体(アレルゲンを排除するために体内で産生される物質)が作られるのは、摂取してから2週間程度と言われています。

    そのため2週間以内でローテーションをするという方法もありますが、切り替えの際にできるだけ愛犬に負担のかからない期間を選びましょう。

    フード以外で食物アレルギーや皮膚病予防するためのポイントは?

    シャンプーやブラッシング、ノミやマダニの駆除、ストレスをためさせない、体内の免疫バランスの調整をする、の4つです。

    前述した通り、ノミやマダニ・ハウスダスト・チリダニなどを予防するには、定期的に駆除薬を与えたり、皮膚の状態に合ったシャンプーで体を洗ったりすることが大切です。

    また、ストレスで必要以上に犬が体をかきむしってしまい、痛みや出血に繋がってしまうケースもあるため、ストレスをためない生活を心がけましょう。

    お気に入りの場所へ散歩へ連れ出してあげたり、ドッグランで思いっきり走らせる、おもちゃで遊ぶなどはストレス解消に役立ちます。

    その他、免疫力の維持増進に役立つ腸内ケアサプリメントを適量与えてみるのもおすすめです

    ただし、プレーンヨーグルトのような乳製品はアレルギー反応が出てしまう子もいるので注意しましょう。

    予防として皮膚用の療法食をあげてもいいの?

    「症状が出ている状態」ではなく「予防」の段階なら、療法食ではなく総合栄養食を与えるようにしましょう。

    「皮膚病やアレルギー予防をしたいのだから、療法食にすべき?」と思っている人もいるかもしれません。

    しかし療養食は何らかの症状が出てしまった後、動物病院で指示をもらった場合にのみ食べさせるフードです。

    総合栄養食にもさまざまな種類があり、皮膚のサポートやアレルギー対策に特化した商品も販売されていますので、「おすすめランキング」を参考に愛犬に合うものを探してみてくださいね。

    鶏肉アレルギーは鶏脂肪も避けるべき?

    食物アレルギーはタンパク質がアレルゲンですが、品質によっては油脂類に反応してしまう可能性があるので、気になる方は避けるようにしましょう。

    基本的に、処理が適切に行われた鶏脂肪は鶏のタンパク質を取り除いた油の部分のみなので、鶏肉とは異なる食材であり、鶏肉アレルギーの犬が食べても問題ないとされています。

    まれにアレルギー対策向きの鹿肉や魚のフードに鶏脂肪が配合されていることがあるのはこのためです。

    私の愛犬も鶏肉アレルギーの疑いがあったため、鶏肉は避けていましたが鶏脂肪は避けきれず、与えていたことがあります。

    その際、鶏脂肪にアレルギー反応が出ることはありませんでしたが、フードによっては油脂類の品質が悪く、アレルギー反応が出る可能性はあります。

    気になる飼い主さんは、鶏由来ではない油を配合したフードを選んだり、高品質な食材のみを使用したフードであるか確認してから選ぶようにすると良いでしょう。

    鶏肉アレルギーの犬にダックやターキーが配合されたフードを与えてもいいの?

    飼主の手から餌をもらおうとしている2頭の犬

    与えても問題ないこともありますが、交差反応といって、種類の近い食物は同じようにアレルギー反応を起こすことがあるため、気になる方は避けておく方が安心です。

    鶏肉アレルギーの場合は、「ターキーや鶏卵、うずら」などが同じ種類にあたり、ダックは別種です。※参考:交差反応アレルゲン類一覧

    そのため、ダックが主原料のフードは鶏肉アレルギーの犬でも試すことはできます。

    しかし繰り返しになりますが、アレルギーを起こす食材には個体差があるため、どのフードを与えるときも少量ずつ移行し、愛犬の様子や便・皮膚の状態などをしっかり確認するようにしましょう。

    まとめ

    チワワとドッグフード犬も人間と同じように、特定の物質によってアレルギーを起こしたり、細菌感染や免疫力の低下から皮膚病を発症してしまうことがあります。

    皮膚のトラブルが起きてしまう原因は体質によって異なるため、今回紹介したドッグフードを食べれば絶対に皮膚病やアレルギーを回避できるというわけではありません。

    しかし、皮膚病や食物アレルギーにかかりにくくする食事や生活を心がけることはできるので、本記事の内容を参考にしていただけたら幸いです。

    もう一度おすすめのドッグフードを見る

    ※参考一覧
    (1)栄養学的側面からみた犬アトピー性皮膚炎の病態と診断と治療、(2):ペット栄養学会誌 第21巻 第3 号(2018年10月)イヌ・ネコにおけるプロバイオティクスについて (3)ファンケルがフリーズドライ製法のドッグフードに高いタンパク質消化率を確認

     

    ※記事で紹介されている商品を購入すると、売上の一部がINUNAVIに還元されることがあります。メーカー等の依頼による広告にはPRを表記します。
    ※掲載されている情報は、INUNAVIが独自にリサーチした時点の情報を掲載しています。掲載価格に変動がある場合や、登録ミス等の理由により情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。

    ペットライター 高橋 由紀那

    執筆者

    ペットライター
    高橋 由紀那
    犬の管理栄養士 / ペットフード安全管理者

    ペットフードメーカーに6年勤務後、現在はINUNAVIライターとしてドッグフードを中心とした記事を数多く執筆。相棒はキャバリアのジタン(10歳)。犬が好き&犬が好きな人が好きです。好きな人たちの生活がより豊かになるような、経験を生かした正しい情報、一歩踏み込んだ内容の記事をお届けします。保有資格:ペットフード安全管理者犬の管理栄養士ペット災害危機管理士3級

    関連記事

    新着記事

    人気記事

    いぬなび公式
    インスタグラム

    毎日更新中