【獣医師監修】アレルギー対策・皮膚病予防におすすめドッグフード10選【2022年最新ランキング】
ドッグフードランキング
2022.03.02

【獣医師監修】アレルギー対策・皮膚病予防におすすめドッグフード10選【2022年最新ランキング】

食物アレルギーやアトピーが原因で、皮膚の赤みやかゆみ、耳の汚れなどに悩むわんちゃんは多いですよね。

皮膚トラブル対策のひとつにドッグフードの変更がありますが、ロイヤルカナンの療法食やみらいのドッグフードなど、皮膚にいいと評判のドッグフードの数はなかなか多いです。

そこでINUNAVI編集部では、市販・通販で販売されている135種類のドッグフードを実際に購入し、犬の管理栄養士資格を持つスタッフが原材料・成分を徹底調査!

食物アレルギーや皮膚病ケアの予防・改善に役立つドッグフードランキング10選を決定しました。

また、

・皮膚病の原因
・アレルギーの種類
・犬の皮膚病やアレルギーに関するQ&A

などを獣医師監修のもと解説しています!

アレルギーや皮膚病のために食事以外にできることも紹介していますので、わんちゃんの皮膚を健康に保つためにぜひ参考にしてください。

【皮膚病アレルギー予防におすすめのドッグフードTOP10(一部抜粋)

1位:ウェルネス穀物不使用 全犬種用 1歳以上用白身魚(★4.83)
成分調査満点!皮膚病やアレルギーを腸から予防

2位:ナチュラルハーベスト シュープリーム(★4.72)
低アレルギーの肉を複数配合!コスパがよく継続しやすい

3位:プラペ ターキー&クランベリー(★4.65)
唯一の単一タンパク源!原材料がシンプルでアレルギー対策しやすい

4位:モグワン(★4.62)
オメガのバランスが理想に近い!健康的な皮膚被毛の維持に

5位:ロータス グレインフリー アダルト ダック(★4.53)
満足度は高いがコスパはイマイチ!品質や製法のこだわりに期待

ランキングTOP10を見る

この記事の監修者

https://inunavi.jp/cms/wp-content/uploads/2021/03/fuji_chihiro.jpg
獣医師 / 監修
藤井ちひろ
日本ペット栄養士 / ペットフード販売士 / ペット食育上級指導士
北海道帯広畜産大学畜産学部獣医学科卒業。首都圏の中堅動物病院、大学病院を経て「健康寿命を延ばしてめざせ20歳!」「治らない病気に最期まで向きあう」動物病院、ローズローズアニマルクリニック院長。ペットの食と栄養のお悩みに一生応えるための食育セミナーやシニアペットセミナーを定期的に開催中。(所属学会:ペット食育協会獣医麻酔外科学会獣医神経病学会など)

犬のアレルギーやアトピーは皮膚に良いドッグフードで予防対策を

お尻を上げるフレンチブルドッグ

犬のアレルギーやアトピー予防に役立つ皮膚に良いドッグフード」とは、皮膚病の原因に合ったレシピのフードです。

わんちゃんの皮膚病は大きく分けて以下の3つに分類することができるため、それぞれに適した栄養を摂ることが健康な皮膚の維持につながります。

上記のうち、食事を改善することによって予防できるのは食べ物によるアレルギーのみです。

それ以外が原因で起こる皮膚病を食事で予防することはできませんが、症状の改善に役立つ栄養素をドッグフードで補ってあげることは可能です。

それぞれどんなドッグフードがいいのか、原因ごとに解説していきます。

アレルギーが原因の場合

病気

食物アレルギーに対しては、愛犬が反応を起こすアレルゲン(アレルギーの原因になる可能性がある成分)を含まないフードを選ぶことで対策がとれます。

ただアレルギーは以下のように様々な種類があるため、食物が原因ではないことも。

動物病院では「皮膚に問題があるか」「アレルゲンは何か」 などを詳しく調べてもらえますよ。

■主なアレルギーの種類

・アトピー性皮膚炎(吸引性アレルギー)
…原因:ほこりや花粉、ダニ、タバコの煙などの吸引
…症状:強い痒み、フケや抜け毛、皮膚のただれなど。外耳炎や鼻炎を伴うこともある

・食物性アレルギー
…原因:タンパク質が原因。遺伝や食べる回数が多い食物で起こりやすいといわれる
…症状:赤みや痒み。下痢や嘔吐を伴うこともある

・接触性アレルギー
…原因:食器や首輪、シャンプー剤など
…症状:アレルゲンと接した場所に痒みや赤み、脱毛などが生じる

・ノミアレルギー
…原因:ノミに血を吸われた際に出るノミの唾液
…症状
:皮膚に痒み。赤い発疹や脱毛が見られることもある

アトピー性皮膚炎を起こしやすい犬種であるゴールデンレトリバーや柴犬、シーズー、ダルメシアン、ウエストハイランドホワイトテリアなどは、皮膚のバリア機能を維持してくれる栄養などを摂取することも大切です。

健康な皮膚のためのフードの詳しい選び方は「犬の皮膚病・アレルギー対策ドッグフードの選び方」で説明していますので参考にしてください。

寄生虫が原因の場合

アレルギーの犬

寄生虫が原因の皮膚病は、草むらを散歩したり、ノミやダニに感染した犬・猫との接触などで起こります。

食事で予防することはできないため、万一感染してしまった場合は病院で治療し、皮膚の健康に役立つ成分が配合されたフードで改善をサポートしましょう。

以下は寄生虫が原因の主な皮膚病です。

■寄生虫による皮膚病の主な種類

・疥癬症
…原因:ヒゼンダニに感染した犬や猫との接触
…症状:赤みや激しい痒み。皮膚の荒れやフケが出ることもある

・ニキビダニ症
…原因:多くのわんちゃんがもともと持っているニキビダニが免疫力の低下などで繁殖する
…症状:部分的な脱毛、赤いできもの

・マダニによる寄生
…原因:マダニが棲息しやすい草木の多い場所へ行く
…症状:耳の付け根や足先などに寄生し痒みを伴う

愛犬を寄生虫から守るには病院から処方された予防薬の使用が有効です。特にノミやダニが活発になる春~秋は忘れずに行いましょう。

また毎日のブラッシングや定期的なシャンプーで皮膚や被毛を清潔に保つことも大切ですよ。「Q2.フード以外で皮膚病予防するためのポイントは?」もチェックしてみてください。

カビや細菌が原因の場合

わんちゃんの皮膚にはもともと多くの細菌が存在していますが、様々な原因から菌が異常繁殖し皮膚病にかかってしまうことがあります。

この場合も食事で直接予防することはできませんが、皮膚病が起きにくい体づくりのために、免疫力アップが期待できるフードを選ぶといいでしょう。

カビや細菌による主な皮膚病は以下の通りです。

■カビや細菌による皮膚病の主な種類

・膿皮症
…原因:加齢や免疫力の低下で常在菌が異常に繁殖する
…症状:激しい痒み。赤い発疹が徐々に広がり脱毛や膿がでることもある

・皮膚真菌症
…原因:真菌(カビ)に感染した犬や猫との接触や空気中・地中のカビ
…症状:円形の脱毛、フケのようなカサブタ。痒みはあまりない

またフレンチブルドッグやパグといった顔にしわがある影響で汚れが溜まりやすい犬種は膿皮症にかかりやすいため、食事によるケアだけでなく、こまめに顔を綺麗にしてあげるといった対策も重要です。

犬の皮膚病・アレルギー対策ドッグフードの選び方


ここからは、アレルギーやカビなど様々な原因から起こる犬の皮膚病をできるだけ予防をしたいという飼い主さんに向けた、ドッグフードの選び方を紹介していきます。

選び方は、以下の2つの調査を行い決定しました。

調査方法

①専門機関の基準を参考にした原材料分析
…原材料を徹底分析するため、国際基準である「AAFCO」と「FEDIAF」の成分基準、表記基準を参考にしました。

②獣医師や専門家への聞き取り調査
…獣医学的知識または、犬に関する情報が正確かを確かめるため、獣医師の監修及びドッグトレーナー、動物病院看護師などの専門家にコメントをもらいました。

調査から導き出した選び方は以下の5つです。

それぞれについて詳しく説明しますね。皮膚の健康維持・アレルギー対策を目的とした選び方になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

①主原料は良質なタンパク質のもの

健康な皮膚を維持するためには、犬の成長や発達に欠かせない成分であるタンパク質が主原料のフードを選びましょう。

タンパク質には以下のようなメリットがあります。

■タンパク質がおすすめな理由

・皮膚の健康を維持しやすい
…タンパク質は皮膚被毛、臓器など体のあらゆる組織を構成しているため。

・消化吸収がしやすい
…タンパク質は犬にとって消化吸収がしやすいため消化不良を起こしにくい。栄養が皮膚や被毛に行き渡る。

・筋肉の発達が促進される
…筋肉量が増えると代謝が上がり、免疫力のアップにつながる。

タンパク質の原材料表記は「チキン」「肉類(ターキー)」など、使用している肉が明確に分かるものが安心です。

逆に「家禽類」や「肉類(ビーフ等)」などの不明確な表記は品質に不安が残り、また使用されている肉の種類が分からないのでアレルギー対策もしにくくなります。

低品質な肉類はアレルギーになるリスクを高めるため、家畜の生育方法などもホームページでチェックするとより安心です。

②オメガ3・オメガ6配合のもの

皮膚や被毛の健康を維持するうえで重要な成分であるオメガ3脂肪酸がとオメガ6脂肪酸の両方の表記があるものを選びましょう。

特にオメガ3脂肪酸は炎症を抑え、アトピーやアレルギーの症状の緩和などが期待できるため、フードに含まれる油から積極的に摂取することをおすすめします。

以下のような油はオメガ3脂肪酸を多く含むため、皮膚の健康維持におすすめです。

■皮膚におすすめの油の表記

・サーモンオイル
・亜麻仁油
・月見草オイル
・肝油 など

また、ドッグフードに含まれる酸化が進んだ質の悪い油は皮膚病や食物アレルギーを起こすケースもあるため、油の品質を見極めることも重要なポイントです。

原材料表記が「動物性油脂」「動物性脂肪」など不明瞭なものは、質の悪い油が含まれている可能性もあるため品質にこだわりたい方にはおすすめできません。

良質な油を使用しているドッグフードは、原材料に自信があるのでの油を使っているのかハッキリと分かる書き方をしている傾向にあります。

③腸内ケア成分配合のもの

消化・吸収・排泄という重要な働きをする腸のサポートは皮膚病予防にも役立つため、乳酸菌やオリゴ糖などの腸内ケア成分が配合されたフードを選びましょう。

腸内ケア成分を摂取することで以下のようなメリットがあります。

■腸内ケア成分のメリット

・食物アレルギーを予防する
食物アレルギーはタンパク質をうまく消化できないことが引き金となり発症することもあるため、予防手段として有効

・免疫力が上がる
…腸には体内で最もたくさんの免疫細胞が存在しているため、腸内環境を整えると免疫力が向上する

また腸内には多くの種類の菌が存在しているため、複数の腸内ケア成分が配合されているとさらに効果が期待できます。

※参考文献:ペット栄養学会誌 第21巻 第3 号(2018年10月)イヌ・ネコにおけるプロバイオティクスについて

④アレルギーが起きやすい食材が不使用のもの

アレルゲンわんちゃんによってアレルギー反応が出る食材は異なりますが、皮膚病予防を心がけるのであれば、以下のようなアレルギーが出やすいといわれる食材を把握しておきましょう。

■アレルゲンになりやすい食材

牛肉
とうもろこし
小麦
鶏肉
鶏卵
ラム肉
大豆
乳製品(ホエイ、カゼイン、脱脂粉乳など)

もちろん、上記の食材で絶対にアレルギー反応が起きるというわけではないので、これらの原材料が含まれているフードを食べても、全く平気というわんちゃんはたくさんいます。

ただ、体質によってはアレルギー反応を起こす子もいるため、フードを選ぶ際は念頭に置いておきましょう。

また長年食べて蓄積された食べ物(成分)でもアレルギー反応は起こりやすいので「色々なフードによく含まれている食材」はアレルギーの原因になりやすいといえます。

※参考論文:Critically appraised topic on adverse food reactions of companion animals (2): common food allergen sources in dogs and cats

④無意味な添加物不使用のもの

無意味な添加物

ドッグフードの中には犬の健康にとって必要が無い人工添加物を配合しているものがあります。

そういった無意味な人工添加物の過剰摂取は、わんちゃんの胃腸に負担をかけ、消化の妨げとなり皮膚病の悪化につながる可能性があります。

以下のような添加物が健康に無意味な人工添加物です。

■無意味な添加物の例

・甘味料(ソルビトールなど)
…原材料の品質がよければ甘味料を入れる必要はない

・着色料(二酸化チタンなど)
…色をはっきりと認識できない犬にとっては無意味

ただしドッグフードに配合されている添加物の多くは臨床結果で犬の健康上に問題ないとされているため、無理に避けたり極端に心配する必要はありません。

ドッグフード135種類を編集部で徹底調査!

ドッグフード検証

以上の選び方を踏まえた上で、INUNAVI編集部では135種類のドッグフードの成分調査やアンケート調査、コスパ調査を行い、皮膚病・アレルギー予防におすすめできるドッグフードを徹底調査しました。

検証内容の詳細は以下をチェックしてください。

検証内容

①成分調査:85点満点
…主原料がタンパク質【+10点】
…肉の表記がわかりやすく明確【+10点】
…アレルゲンになりやすい食材や添加物が2つ以上で【-5点】※持ち点10点
…オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸のどちらか1種類のみ配合【-10点】どちらも入っていない場合は【0点】※持ち点20点
…油の表記がわかりやすく明確【+10点】
…腸内ケア成分2種以上配合【+15点】1種のみ【+10】
…アフコの基準を満たしている【+10点】

②アンケート調査:10点満点
…1~5段階の平均満足度を算出【最大5点】
…継続年数1年以上なら【5点】

③コスパ調査:5点満点
…1日あたり400円以下【+5点】
…1日ああり500円以下【+3点】
…1日あたり600円以下【+1点】

それでは、成分をひとつずつ調査して決定したおすすめのドッグフードをランキング形式で紹介します。

皮膚病・アレルギー予防ドッグフードおすすめランキング比較表

愛犬に合うフードはどれか、特徴やコスパなどを横にスクロールして比較してみてくださいね。

画像1位ウェルネスウェルネス2位ナチュラルハーベストプライムフォーミュラ シュープリームナチュラルハーベスト3位プラぺプラペ4位モグワンモグワン5位ロータスロータス6位ウェルネスコアウェルネスコア7位アカナ レジオナル パシフィカドッグアカナ8位ソリッドゴールドソリッドゴールド9位フィッシュ4ドッグ サーモンフィッシュ4ドッグ10位ナチュラルバランス
特徴1,890円/800g3,190円/1.59kg4,180円/2.0kg4,356円/1.8kg3,080円/800g2,178円/800g6,380円/2kg2,926円/3kg3,388円/1.5kg3,300円/1.8kg
特徴獣医師評価・成分調査が満点低アレルギーの肉を複数配合唯一の単一タンパクオメガのバランスが理想に近い満足度は高いがコスパはイマイチ魚由来のタンパク質高配合オメガ3の配合量トップ米国農務省品質のラム肉を使用皮膚への負担軽減に期待可消化エネルギー率 92%
一日あたり408円384円329円419円740円481円521円202円409円316円
主原料白身魚ワイルドボアー、ターキー七面鳥チキン、サーモンダック白身魚新鮮丸ごと太平洋ニシンラムサーモン鶏肉
必須脂肪酸オメガ3:1.25%以上
オメガ6:2.5%以上
オメガ3:0.3%
オメガ6:2.1%
オメガ3:1.0% 以上
オメガ6:1.8% 以上
オメガ3:1.18%
オメガ6:1.63%
オメガ3:0.75%以上
オメガ6:2.5%以上
オメガ3:0.8%以上
オメガ6:2.0%以上
オメガ3:2.0% 以上
オメガ6:2.0% 以上
オメガ3:0.3%以上
オメガ6:2.5%以上
オメガ3:1.9%
オメガ6:2.9%
オメガ3:0.4%以上
オメガ6:2.5%以上
腸内ケア配合数4種3種2種1種3種4種1種4種1種
アレルゲンチキンチキンラムチキン
購入サイトAmazon
楽天
Amazon
楽天
公式サイト公式サイトAmazon
楽天
Amazon公式サイトAmazonAmazon
楽天
Amazon
楽天

※1日あたりの価格は5kgの去勢済成犬で計算しています。計算方法は「ドッグフードの正しい与え方」を参考にしています。

この後、各ドッグフードの詳細を検証結果を交えて紹介していきます。

皮膚病・アレルギー対策におすすめのドッグフードランキング10選

ここからは、皮膚病・アレルギー予防が期待できるドッグフードの特徴を詳しく紹介していきます。

フードのメリットやデメリットなどが分かるようになっているので、参考にしてください。

1位 ウェルネス穀物不使用 全犬種用 1歳以上用白身魚|1,890円/800g

総評価:4.83
成分分析:85点/85点
アンケート結果:8.7点/10点
コスパ調査:3点/5点
総合:96.7点

成分調査・獣医師評価で満点を獲得。腸の健康に力を入れたフード

ウェルネスは、腸の健康維持に適した栄養バランスのため、食物アレルギーや皮膚病を起こしにくい体質が目指せるフードです。

配合している乳酸菌は4種類と豊富であり、乳酸菌の総数(4.3×104CFU/g以上)も公表するなどメーカーの自信とこだわりが感じられます。

成分調査も満点であり、またINUNAVI編集部による「ドッグフードおすすめランキング30選」では獣医師評価も最高得点の5点を獲得!皮膚病と関係が深い油の品質は「良質」とお墨付きです。

皮膚病の改善や食物アレルギー対策として重要なポイントをすべておさえているので、愛犬に合うか試してみて損はないフードでしょう!

1日あたり408円
主原料白身魚
油の種類キャノーラ油
必須脂肪酸オメガ3:1.25%以上
オメガ6:2.5%以上
腸内ケアクトバチルス・プランタルム、エンテロコッカス・フェシウム、ラクトバチルス・カゼイ※、ラクトバチルス・アシドフィラス
アレルゲン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ウェルネスのパッケージ
ウェルネスドッグフードの口コミ評判・安全性を徹底検証|獣医師や飼い主の評価は?『毎日消費するドッグフードは、安全かつ気軽に購入したい!』そう考えたことをありませんか?そんなお悩みを解決してくれるであろうドッグフ...

2位 ナチュラルハーベストプライムフォーミュラ シュープリーム|3,190円/1.59kg

総評価:4.72
成分分析:80点/85点
アンケート結果:9.42点/10点
コスパ調査:5点/5点
総合:94.42点

低アレルギーの肉を複数配合。コスパがよく継続しやすいフード

シュープリームは、アレルギーを起こしにくい複数のタンパク質(ワイルドボアー、ターキーなどが主原料のため、食物アレルギー発症のリスクを軽減できるフードです。

また、熱に弱い乳酸菌をフード冷却後に配合するなどのこだわりも多いブランド。コスパが良く、アンケート調査によると平均継続年数や満足度もトップとはいかないまでもなかなかのものなので、愛犬に合えば皮膚トラブルの起きにくい体質へ導いてくれそうです。

ただし、主原料ではありませんがチキンミールが配合されているため、鶏肉アレルギーのわんちゃんにはおすすめできません。

1日あたり384円
主原料ワイルドボアー、ターキーなど
油の種類鶏脂肪、タラ肝油
必須脂肪酸オメガ3:0.3%
オメガ6:2.1%
腸内ケアプロバイオティクス、(アシドフィルス菌、カゼイ菌、フェシウム菌)
アレルゲンチキン

 

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ナチュラルハーベストのパッケージ
ナチュラルハーベストの口コミ評判・安全性を徹底検証|獣医師や飼い主の評価は?いぬなびのドッグフードおすすめランキングで2位に位置するナチュラルハーベスト。高タンパク・低カロリーでシリーズが豊富なドッグフードで...

3位 プラペ ターキー & クランベリー|4,180円/2.0kg

総評価:4.65
成分分析:85点/85点
アンケート結果:4点/10点
コスパ調査:5点/5点
総合:94点

今回唯一の単一タンパク。シンプルな原材料で安心のアレルギー対策

プラペは、今回ランクインしたフードの中で唯一、タンパク質をターキー1種類に絞って配合しているフードのため、すでに愛犬のアレルゲンが判明している場合やこれまでターキーを使用したご飯を食べたことがないわんちゃんに特におすすめです。

また、原材料に関しての情報が詳細に公開されているため肉や油の品質に信頼が持てオメガ3と6のバランスも悪くありません。

ただ、編集部スタッフが愛犬に与えてみたところ、開封後10日程度過ぎたあたりから香りが強くなるような変化を感じたため、もしかすると酸化が早いのかもしれません。

酸化したフードは皮膚トラブルの原因になることもあるため保管には注意が必要です。また、ターキー&クランベリーは体重管理・シニア犬用として販売されているので、少食や痩せ気味、子犬や成犬には向いていません。

1日あたり329円
主原料七面鳥
油の種類亜麻仁
必須脂肪酸オメガ3:1.0% 以上
オメガ6:1.8% 以上
腸内ケアフラクトオリゴ糖、 マンナンオリゴ糖
アレルゲン

 

公式サイトで詳細を見る

プラペ
プラペの口コミ評判・品質を徹底検証!獣医師や飼い主の評価は?ワンちゃんにはいつまでも元気でいてほしい!って思いませんか?でも、ワンちゃんだって生きてるから、風邪を引くこともあれば病気になることだっ...

4位 モグワン|4,356円/1.8kg

総評価:4.62
成分分析:80点/85点
アンケート結果:9.48点/10点
コスパ調査:3点/5点
総合:92.48点

モグワン

オメガのバランスが理想に近い。健康的な皮膚被毛を維持するフード

モグワンは、今回ランクインしたフードの中で、皮膚の健康に欠かせないオメガ3・オメガ6の数値が理想に近いバランスで配合されていました。

オメガ3はアレルギーやアトピーの改善に役立ちますが、体内に吸収されにくいので毎日の食事で積極的に摂取できるのは皮膚トラブルに悩むわんちゃんには嬉しいポイント。

なお、モグワンは、時にネット上で「怪しい」「ステマ」などと揶揄されることもありますが、INUNAVI独自調査によるアンケートやSNSの口コミも皮膚被毛に関する好意的な評価が多いことから、おすすめランキング4位にふさわしいフードといえます。

ただ、主原料にチキンが配合されているため、チキンアレルギーの子には不向きなのが残念です。

1日あたり419円
主原料チキン、サーモン
油の種類ココナッツオイル
必須脂肪酸オメガ3:1.18%
オメガ6:1.63%
腸内ケア乳酸菌
アレルゲンチキン

 

公式サイトで詳細を見る

モグワン
モグワンの悪い口コミ評判の真相は?獣医師や飼い主の評価から徹底調査!...

5位 ロータス グレインフリー アダルト ダック|3,080円/800g

総評価:4.53
成分分析:80点/85点
アンケート結果:9.75点/10点
コスパ調査:1点/5点
総合:90.75点

ロータス

満足度は高いがコスパはイマイチ。品質や製法にこだわったフード

ロータスは、一般的なドライフードで使用される高温調理法ではなく、オーブンを使ってじっくり焼き上げる製法を採用しているため、熱に弱いオメガ3などのアレルギーや皮膚にいい成分が吸収しやすい形で配合されています。

また、アンケート調査では、今回紹介するフードの中で満足度が最も高いという結果になったため、原材料の品質や成分よりも大切な「愛犬に合っているか」という点で期待が持てそう。

ただし、コスパは最も悪いという結果になったので、予算に余裕のある飼い主さん向けです。

1日あたり740円
主原料ダック
油の種類大豆オイル、オリーブオイル、サーモンオイル
必須脂肪酸オメガ3:0.75%以上
オメガ6:2.5%以上
腸内ケアアシドフィルス菌、ラクティス菌、カセイ菌
アレルゲン

 

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ロータスのパッケージ
ロータスの口コミ評判・安全性を徹底検証|獣医師や飼い主の評価は?この記事は約8分で読むことができます。 ドッグフードを食べない 涙やけが直らないこんなお悩みがあれば、ドッグフードが...

6位 ウェルネスコア(高タンパク質・穀物不使用) 成犬用(1~6歳)オーシャンフィッシュ|2,178円/800g

総評価:4.48
成分分析:85点/85点
アンケート結果:3.7点/10点
コスパ調査:1点/5点
総合:89.7点

人気の穀物不使用レシピ。1位のウェルネスを上回るこだわりフード

ウェルネスコアは、今回1位に輝いたウェルネス穀物不使用のシリーズ違いです。

同じように腸の健康に配慮したレシピのため、皮膚病に負けない免疫力の維持が目指せますが、1位には届かなかった理由のひとつが価格です。

より魚を多く配合し高タンパクに仕上げているためか、コスパは最下位。

とはいえ、タンパク質や脂質の数値が高いため食い付きは期待できるので、食べムラで悩んでいる子などはウェルネスコアのほうがおすすめです。

1日あたり481円
主原料白身魚
油の種類キャノーラ油
必須脂肪酸オメガ3:0.8%以上
オメガ6:2.0%以上
腸内ケアラクトバチルス・プランタルム、エンテロコッカス・フェシウム、ラクトバチルス・カゼイ、ラクトバチルス・アシドフィラス
アレルゲン

Amazonで詳細を見る

7位 アカナ レジオナル パシフィカドッグ  |6,380円/2kg

総評価:4.46
成分分析:80点/85点
アンケート結果:8.3点/10点
コスパ調査:1点/5点
総合:89.3点

アカナ パシフィカ

オメガ3含有量トップ。獣肉アレルギー対応の中・大型犬向きフード

アカナ パシフィカドッグは、動物性タンパク質にニシンやイワシなどの複数の魚を使用しているため、獣肉にアレルギーのあるわんちゃんやアレルギー発症対策をしたいわんちゃんに最適なフードです。

また、魚は皮膚の健康に欠かせない必須脂肪酸が豊富な食材でもあるため、アカナパシフィカドッグのオメガ3の量は2.0%と今回紹介しているフードではトップの含有量。

ただし、アカナは粒が約13mmと大きいため、超小型犬や小型犬の子の中には食べにくいと感じる子もいるかもしれません。

1日あたり521円
主原料新鮮丸ごと太平洋ニシン
油の種類タラ油
必須脂肪酸オメガ3:2.0% 以上
オメガ6:2.0% 以上
腸内ケア腸球菌フェシウム
アレルゲン

 

公式サイトで詳細を見る

アカナのパッケージ
アカナドッグフードの口コミ・安全性を評価!全種類の選び方や特徴も紹介「アカナ」ドッグフードの基本情報カテゴリー総合栄養食おすすめ度特徴グルテンフリー、グ...

8位 ソリッドゴールド フントフラッケン|2,926円/3kg

総評価:4.45
成分分析:80点/85点
アンケート結果:4点/10点
コスパ調査:5点/5点
総合:89点

ソリッドゴールド

米国農務省品質のラム肉を使用したグルテンフリーフード

フントフラッケンは、ホルモン剤などの薬物を使用していない高品質なラム肉をメインに使ったフードなので、わんちゃんの消化を妨げるリスクが少なく、アレルギー対策ができます。

ただし、炭水化物源は玄米などの穀物を使用しているため、残念ながら穀物アレルギー対策には不向きです。

それでも今回9位にランクインしたのは、コスパが良いこともあってか、平均継続年数が6年と長いことが影響しています。

どんなに良いフードでも継続できなければ意味がないので、コスパ重視の方は1日あたりの金額が最も安いフントフラッケンチェックしてみてくださいね。

1日あたり202円
主原料ラム
油の種類鶏脂肪、サーモンオイル
必須脂肪酸オメガ3:0.3%以上
オメガ6:2.5%以上
腸内ケアラクトバチルスプランタルム・バチルスサブティリス・ラクトバチルスアシドフィルス・エンテロコッカスフ ェシウム・ビフィドバクテリウムアニマリス
アレルゲンラム

Amazonで詳細を見る

ソリッドゴールドマイティミニのパッケージ
ソリッドゴールドの口コミ評判・安全性を徹底検証|獣医師や飼い主の評価は?毎日の食事は体の健康作りのために大切な要素です。人間同様、ワンちゃんの体も毎日のご飯が大きく関わってくるからこそ、安心してあげられるもの...

9位 フィッシュ4ドッグ ファイネスト サーモン|3,388円/1.5kg

総評価:4.35
成分分析:80点/85点
アンケート結果:4点/10点
コスパ調査:3点/5点
総合:87点

抗酸化作用のあるサーモンを使用。皮膚の負担軽減が期待できるフード

フィッシュ4ドッグは、抗酸化作用を持つサーモンが主原料のため、体の様々な部位に悪い影響を与える活性酸素の除去が期待でき、皮膚のダメージ軽減につながりやすいフードです。また、獣肉アレルギー対策もでききます。

今回の検証では、特に際立った特徴はありませんでしたが、コスパやアンケート調査を含め、皮膚病・アレルギー対策フードとして全体的に平均的な点数を出したバランスがいいフードです。

粒の大きさが選べたり、魚の種類も複数販売されているたのでお魚好きのわんちゃんは試してみてもいいかもしれません。

ただし、やや粒が固めなので、ふやかして与えることが多い方や、シニア犬などは工夫が必要です。

1日あたり409円
主原料サーモン、ポテト
油の種類サンフラワーオイル
必須脂肪酸オメガ3:1.9%
オメガ6:2.9%
腸内ケアビール酵母
アレルゲン

 

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

フィッシュ4ドッグのパッケージ
フィッシュ4ドッグの口コミ評判・安全性を徹底検証|獣医師や飼い主の評価は?「なんだかいつも痒がってる!」「涙やけが酷くなってきた」「お腹の調子が悪くて下してばかり…」というように、愛犬のアレルギーに...

10位 ナチュラルバランス ホールボディヘルス|3,300円/1.82kg

総評価3.68
成分分析:65点/85点
アンケート結果:3.79点/10点
コスパ調査:5点/5点
総合:73.79点

ナチュラルバランス可消化エネルギー率 92%。腸内ケア成分未配合でも期待度が高い

ナチュラルバランスは、フードの消化・吸収率が92%と消化のしやすさにこだわったレシピのため、腸の健康を保ち皮膚を安定した状態に導きやすいフードです。

乳酸菌などの腸内ケア成分が配合されていないことや、チキンや穀類などアレルゲンとなる可能性のある食材を使用していることから得点は下がりましたが、アンケート調査では被毛に関する良い口コミが多数あり、健康な皮膚の維持にも役立っているといえます。

なお、粒がやや大きめなので、お口の小さなわんちゃんには小粒タイプがおすすめです。

1日あたり316円
主原料鶏肉
油の種類鶏脂肪
必須脂肪酸オメガ3:0.4%以上
オメガ6:2.5%以上
腸内ケア
アレルゲンチキン

 

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ナチュラルバランスのパッケージ
ナチュラルバランスの口コミ評判・安全性を徹底検証|獣医師や飼い主の評価は?ナチュラルバランスは、原材料別や内容量別など、フードのラインナップが豊富なアメリカ産のドッグフードです。今回はナチュラルバランスの「...

犬の皮膚病・アレルギーに関するQ&A

犬 質問

ここからは、犬の皮膚病に関するよくある質問にお答えしていきます。

質問内容一覧

    鶏肉アレルギーは鶏脂肪も避けるべき?

    食物アレルギーはタンパク質がアレルゲンですが、品質によっては油脂類に反応してしまう可能性があるので、気になる方は避けるようにしましょう。

    基本的に、処理が適切に行われた鶏脂肪は鶏のタンパク質を取り除いた油の部分のみなので、鶏肉とは異なる食材であり、鶏肉アレルギーのわんちゃんが食べても問題ないとされています。

    まれにアレルギー対策向きの鹿肉などの珍しいタンパク質のフードに鶏脂肪が配合されていることがあるのはこのためです。

    ただし、使われている質によっては油脂類にアレルギー反応が出る可能性がゼロとは言えないので、気になる飼い主さんは、鶏由来ではない油を配合したフードを選ぶほうが安心ですよ。

    フード以外で皮膚病予防するためのポイントは?

    シャンプーやブラッシング、ノミやマダニの駆除、ストレスをためさせない、体内の免疫バランスの調整をする、の4つです!

    ノミやマダニ、ハウスダスト、チリダニがなどを予防するには、定期的に駆除薬を与えたり、皮膚の状態に合ったシャンプーでからだを洗ったりすることが大切です。

    また、ストレスで必要以上に犬がからだをかきむしってしまい、皮膚の痒みや痛みに繋がってしまうケースもあります。

    洋服を着せて適度にお散歩へ連れていってあげたり、広い場所で思いっきり走らせてあげたり、おもちゃなどで遊んであげて、ストレスの解消を行いましょう。

    そして、 個体差はありますが、腸内の善玉菌を増やすと免疫力をキープできるといわれているため、プレーンヨーグルトなどの乳製品を適量与えて腸内環境を維持しましょう。

    ただし乳製品によってアレルギー反応が出てしまう子もいるので、そのような場合は獣医師に相談のうえ、免疫力維持に繋がるサプリメントなどを与えることをおすすめします。

    予防として皮膚用の療法食をあげてもいいの?

    「症状が出ている状態」ではなく「予防」の段階なら、療法食ではなく総合栄養食を与えるようにしましょう。

    「皮膚病やアレルギー予防をしたいのだから、療法食にすべき?」と思っている人もいるかもしれません。

    しかし療養食は何らかの症状が出てしまった後、動物病院で指示をもらった場合にのみ食べさせるフードです。

    総合栄養食にもさまざまな種類があり、皮膚のケアやアレルギー対策に特化した商品も販売されていますよ。

    まとめ

    犬と飼い主犬も人間と同じように、特定の物質によってアレルギーを起こしたり、皮膚病を発症してしまうことがあります。

    皮膚のトラブルが起きてしまう原因は体質によって異なるため、今回紹介したドッグフードを食べれば絶対に皮膚病やアレルギーを回避できるというわけではありません。

    しかし、皮膚病や食物アレルギーにかかりにくくする食事や生活を心がけることはできるので、本記事の内容をぜひ参考にしていただけたら幸いです♪

    ABOUT ME

    https://inunavi.plan-b.co.jp/cms/wp-content/uploads/2020/03/いぬなびプロフィール(レタッチ版)-2-150x150.jpg
    編集部
    INUNAVI(いぬなび)
    日本ペット栄養士 / ペットフード販売士 / ペット食育上級指導士
    「日本をペット先進国に。」INUNAVIは、飼い主とわんちゃんが幸せに過ごせる世界を実現するために誕生。 執筆者はペットフード安全管理者、犬の管理栄養士、動物介護士、ペット看護師などの資格を保有。獣医師・ドッグトレーナーなど専門家監修のもと、犬好きのメンバーが毎日読みたくなるコンテンツを毎日更新中♩おすすめドッグフードランキングは1,000名規模の口コミ評価や成分の安全性を検証し、辛口に採点。リアルな情報にこだわっています。独自アンケート調査はこちら